fbpx

BLOG

スタッフブログ

オーダーメイドで人気の結婚指輪とは?お二人らしい特別なデザインをご提案

「オーダーメイドで人気があるのはどんな結婚指輪なんだろう?」と気になっていませんか。

結婚指輪は多くの方が毎日身に着けるものなので、後悔のないようにしたいですよね。

 

そのため、どのようなデザインが支持されているのか気になる方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、結婚指輪で人気のデザインからオーダーメイドで印象の変わる装飾を紹介します。

 

自分に合うデザインを見つけて、長く愛せる結婚指輪をオーダーメイドしましょう。

 

目次

 

 

1.オーダーメイドで人気の結婚指輪とは?

オリジナルで作れるオーダーメイドだと、どのような結婚指輪が人気なのか気になる方も多いと思います。

ゼクシィトレンド調査2020によると、最も人気のあるデザインは「シンプルで清楚」な結婚指輪です。

 

このアンケート結果は既製品を購入した人たちも対象ですが、多くのカップルがデザイン面で重視したことがわかります。

重視した内容 割合(複数回答可)
シンプルで清楚 68.0%
重ねづけできる 31.6%
流行り廃りがない 31.4%
ダイヤが付いている 28.9%
自分だけのデザイン 10.7%

 

結婚指輪をフルオーダーメイドで購入した割合は8.5%と1割を切っているのですが、「自分だけのデザイン」を重視した人は1割を超えているのも見逃せません。

 

シンプルでありながら自分だけのデザインにするなら、フルオーダーがうってつけです。

renriのオーダーメイドでも、オーソドックスでありながらオリジナリティのある結婚指輪をご要望される方が多くいらっしゃいます。

 

一見相反するような「シンプルなのに自分だけのデザイン」は、お客さまのご要望を反映できるオーダーメイドで人気です。

 

2.renriで人気のあるオーダーメイドの結婚指輪デザイン

「シンプルなのに自分だけのデザインってどんな結婚指輪なのだろう?」と疑問に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

実際にrenriで制作された以下の5つのデザインを確認しましょう。

 

1.シンプルで清楚

2.重ねづけできる

3.流行り廃りのない

4.ダイヤモンド付き

5.自分だけのデザイン

 

ひとつずつ見ていけば、シンプルでも自分らしさを盛り込んだ結婚指輪のイメージを掴めると思います。

 

◆シンプルで清楚|極限まで削ぎ落したからこそ際立つ美しさ

プラチナの平打ちリングに、ダイヤモンドを一粒セッティングしたデザインです。

平打ちとは、リングを切断した時の断面が四角い形のこと。

角ができるのでシャープな印象になりますが、指と接する内側にも角があると違和感を覚える方もいらっしゃいます。

 

renriでは、指と接する内側の金属の角を丸めることにより、角張ったデザインでもするっと指に馴染む着け心地の良さを実現しました。

お客さま一人ひとりの指元に合わせてミリ単位で調整できる特別感は、オーダーメイドの醍醐味といえます。

 

この定番の形ともいえる結婚指輪ですが、シンプルゆえにごまかしのきかない難しいデザインです。

美しさだけでなく、お客さまの手元だけにフィットするように計算して作り上げる結婚指輪は、職人の腕が光ります。

シンプルだけではない、身に着ける方だけがわかる特別感のある結婚指輪です。

 

◆重ねづけできる|細身でさりげない存在感

細身でシンプルな結婚指輪は、重ねづけしやすいデザインです。

写真は幅1.8mmと結婚指輪にしてはかなり細身ながらも、重厚感のあるデザインに仕上がっています。

 

本来なら細くても2mmまでのお作りですが、厚みの確保といった対策をすれば2mm以下も対応可能です。

厚みがある分、華奢でありながら重みのある高級感を感じられるデザインになりました。

 

何十年も身に着けることを考慮すると2mmが望ましいですが、しっかり厚みを持たせたことで耐久性の高い丈夫な結婚指輪になります。

半周だけハンマーテクスチャーで光の乱反射を楽しめるような加工をしていますが、細身なのでどんなファッションリングと合わせてもスッと馴染むことでしょう。

 

◆流行り廃りのない|ニュアンスの違う地金を組み合わせて

流行り廃りのないデザインにこだわりを盛り込むなら、同系色の地金を組み合わせましょう。

一見、シルバーカラーの結婚指輪に見えますが、異なる地金を組み合わせたコンビデザインです。

 

表面は、凛とした輝きのプラチナを。

段差のあるフチには、温かみのある白さのホワイトゴールドを組み合わせています。

 

似たような白い輝きの地金を組み合わせることにより、落ち着いた印象ながらもそれぞれの地金の特徴が際立った結婚指輪になりました。

カラーの違う地金の組み合わせも人気ですが、流行り廃りのない結婚指輪にするなら同系色でまとめるのもおすすめです。

 

◆ダイヤモンド付き|派手でなくても記憶に残る

一般的な丸い形のラウンドブリリアントカットのダイヤモンドでなく、バゲットカットといわれる直方体のダイヤモンドをセッティングしたデザインです。

個性のあるダイヤモンドをチョイスすることで、一味違う結婚指輪に仕上がります。

 

ダイヤモンド自体が直線で構成されており理知的な印象を持つため、リングもシャープに仕上がるように「直線」を意識しました。

 

さらに、バケットカットのダイヤモンドが際立つよう左右から挟み込むようなセッティングで、よりスタイリッシュになっています。

ダイヤモンドをセッティングしない結婚指輪には、同じ箇所にゴールドを差し込んで統一感を。

 

ひとつとして同じ厚みや大きさのないバケットカットのダイヤモンドを留めるには、高度な技術を必要とします。

しかし、ラウンドブリリアントカット以外のダイヤモンドを留めれば、シンプルながらも記憶に残る結婚指輪になるでしょう。

 

◆自分だけのデザイン|思い出を結婚指輪に閉じ込めて

お二人の出会いの場となった、美しい冬の山脈をデザインした結婚指輪です。

雪の積もる山々や流れる水、繊細な霜を手彫りで丁寧に表現しています。

 

お打ち合わせ時に思い出の地の写真を拝見しながら、デザインを組み立てました。

微細な手彫り模様ですので存在感はあるものの、激しく自己主張することはないので永く身に着けられます。

 

「出会いの場所となった山々」や「プロポーズされた海辺」といった思入れのある景色を結婚指輪に落とし込めば、自分だけのデザインになるのでおすすめです。

景色だけでなく、思い出のアイテムを結婚指輪のデザインにすることもできますので、お気軽にご相談ください。

 

3.オーダーメイドの結婚指輪で人気の装飾

オーダーメイドの結婚指輪で人気の装飾をチェックしましょう。

人気の装飾は、以下の3つです。

 

1.地金の質感を変える

2.異なる装飾を取り入れるハーフ&ハーフ

3.ダイヤモンドのセッティング

 

◆地金の質感を変える

地金の質感を変えるだけで、印象がガラッと変わります。

人気のある質感加工は以下の3つです。

 

装飾名 特徴
ハンマーテクスチャー ・金槌で叩いて模様付け
・同じ模様になることはない・地金の質感の違いを感じたい方におすすめ
サンドブラスト ・砂のようなものを吹き付ける
・まろやかな輝きになる
・可憐な輝きを求めている方におすすめ
つや消し ・マット加工のこと
・輝きを抑えられる
・大人っぽい印象にしたい方におすすめ

 

ハンマーテクスチャーは、鎚目の種類によって荒々しい質感から和紙のような質感のものまでバラエティー豊かです。

地金の質感を変えるだけで、これまでの印象とは違った一面を持つ結婚指輪に仕上がります。

 

◆異なる装飾を取り入れるハーフ&ハーフ

二面性のある結婚指輪にするなら、半周ごと装飾を変えるハーフ&ハーフがおすすめです。

たとえば、マットなつや消しの面とハンマーテクスチャーの面を取り入れられます。

 

表に持ってくる面を変えるだけで、違った雰囲気を楽しめるので1本で2度味わえるデザインになります。

ハーフ&ハーフの組み合わせは自由に決められるので、デザインに迷ったときにも有効です。

 

◆ダイヤモンドのセッティング

ダイヤモンドのセッティングも定番装飾の1つです。 

きらびやかな華やかさをプラスするには、ダイヤモンドの輝きは唯一無二と言えます。

 

シンプルに1粒のダイヤモンドをセッティングするのも素敵ですし、上記のハーフ&ハーフの装飾の境目にダイヤモンドを埋め込む方法もより華やかになるのでおすすめです。

 

また、ファンシーカットといって丸い形以外にカットされたダイヤモンドを留めれば、個性のある輝きを放つでしょう。

ダイヤモンドのセッティングだけでも、華やかさだけでなく個性も演出できます。

 

4.シンプルな結婚指輪でもオーダーメイドが人気な理由とは

オーダーメイドが支持される理由は、「デザインの幅の広さ」だけではありません。

シンプルな結婚指輪でもオーダーメイドが選ばれる理由は、以下の3つです。

 

1.圧倒的な着け心地の良さ

2.手元と結婚指輪のバランスの良さ

3.派手でなくてもこだわれる装飾の豊富さ

 

それぞれ確認しましょう。

 

◆圧倒的な着け心地の良さ

オーダーメイドは、圧倒的な着け心地の良さを体感できます。

毎日身に着けるジュエリーだからこそ、着け心地の良さは重要です。

 

普段から指輪を着け慣れていないと、指に金属が当たる感覚に慣れずに外してしまう方もいらっしゃいます。

しかし、せっかく夫婦の証として結婚指輪を購入されるのですから、永く身に着けたいですよね。

 

オーダーメイドはお客さまの手元に合わせて結婚指輪を微調整しますので、違和感のない着け心地で一生を共にする相棒となることでしょう。

renriでは本制作に取り掛かる前に、オプションでデザインサンプルリングをご用意いたします。

 

デザインサンプルリングで実際の着け心地やデザインの最終打ち合わせを行い、お客さまが満足いただけるまで調整いたしますので、気兼ねなくご要望をお伝えください。

 

また、「指がむくむときつく感じるのでワンサイズ上げたい」といった、サイズの調整も可能です。

既製品ではなし得ない、お客さまだけの着け心地の良さにこだわれるので、初めて指輪を着ける方でも安心です。

オーダーメイドなら、結婚指輪としての見た目の美しさはもちろん、肌への当たりが柔らかくなるように着け心地まで気を配れます。

 

◆手元と結婚指輪のバランスの良さ

お客さまのお手元だけに似合う結婚指輪をデザインしていますので、着用したときの美しさが違います。

なぜなら、普段どのような生活をされているか、結婚指輪を着用するにあたっての悩みや気になる点をお聞きしてからデザインを組み立てるからです。

 

たとえば、指の短さを気にされる方であれば、指を長く美しく魅せるデザインを提案いたします。

また、100種類以上のサンプルを手に取って検討できるので、完成イメージを膨らませながら気に入るデザインを見つけていただけます。

 

お客さまが気に入ったデザインをベースに、オーダーメイドならではのオリジナルデザインに仕上げます。

ライフスタイルや気になる点もお伺いしながらデザインするので、いつまでもお客さまの手元で輝く結婚指輪になるでしょう。

 

◆派手でなくてもこだわれる装飾の豊富さ

オーダーメイドなら、装飾や素材の選択肢が豊富です。

そのため、一見オーソドックスな結婚指輪でも、自分らしさのあるジュエリーになります。

 

また、男性はシンプル、女性は華やかな結婚指輪をご希望されている場合でもオーダーメイドなら対応できます。

統一感を持たせながらも、それぞれのご希望に沿ったデザインの結婚指輪にすることも可能です。

 

選択肢が豊富なオーダーメイドなら、お二人の好みを尊重できます。

 

5.永遠の絆となる結婚指輪はオーダーメイドが人気のrenriへ

夫婦の証となる大切な結婚指輪をオーダーメイドするなら、renriへご相談ください。

アンティークの家具に囲まれた空間でリラックスしながら、一緒にお二人の結婚指輪をデザインしていきましょう。

 

renriでは「一生身に着けるジュエリーだからこそ、お二人のこだわりを存分に生かした結婚指輪にしてほしい」との思いから、1日4組限定とさせていただいております。

 

時間に追い立てられることなくじっくりと結婚指輪作りに向き合えるので、デザインで思い悩んだ時間もキラキラとした思い出となることでしょう。

デザインや着け心地もさることながら、記憶という面でも一生ものの結婚指輪になります。

 

まとめ

オーダーメイド結婚指輪が人気な理由は、シンプルなデザインでも個性やこだわりを取り込めるからです。

着け心地の良さもご自身の感覚で調整できるので、指にはめたその時から違和感のない着け心地を味わえるでしょう。

 

結婚指輪をオーダーメイドで検討しているなら、ぜひrenriへ足をお運びください。

「相談だけしてみたたい」という場合でも大歓迎です。

 

結婚指輪を人気のオーダーメイドで制作して、お二人の絆を形にしましょう。

 

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

 

アンティークな結婚指輪デザイン集│renriのオーダーメイド

近年、「キラキラと煌びやかな結婚指輪よりもアンティーク調を」とオーダーメイドいただくことが増えました。

 

おふたりらしいデザインで、一点ものを大切にしたいという気持ちの表れかと思います。

しかし、アンティークな結婚指輪を作るときに、どのようにオーダーすれば良いかわからないという方も少なくありません。

 

今回は、アンティークな結婚指輪の作品集をご紹介。

アンティーク結婚指輪の魅力やオーダーのポイントも解説していきます。

 

アンティークな結婚指輪をオーダーメイドして、あたたかみのある自分たちらしいジュエリーを作りましょう。

 

目次

 

1.アンティークな結婚指輪の魅力

「アンティークな結婚指輪にしたいな」と何となく考えられている方は、意外と多くいらっしゃいます。

 

そもそもアンティークとは、フランス語で「骨とう品」や「古美術品」という意味です。

主に欧米で作られたものを指し、現代のジュエリーとは異なる雰囲気を持ちます。

1つ1つ丁寧に手作りされた贅沢さと、その時代ならではの独特の美しさが魅力的です。

 

アメリカでは100年以上経ったものをアンティークとすると法律で定められており、日本でも「半世紀〜100年以上前の美術品」という意味合いで使われています。

 

また、昔から愛されている使い込まれた風合いのものをアンティーク調と呼ぶことが多いです。

 

renriにも、「アンティーク」「クラシカル」な結婚指輪を求めてご来店される方が多くいらっしゃいます。

アンティークな結婚指輪には、以下のような魅力があります。

 

1.あたたかみを感じられる

2.肌馴染みが良い

3.個性を出せる

 

魅了される理由を確認していきましょう。

 

◆あたたかみを感じられる

アンティーク風の結婚指輪には、あたたかみのあるデザインが多いです。

というのも、アンティークジュエリーを見てみるとゴールド系の素材で作られているものが多いです。

 

一般的に結婚指輪として選ばれるプラチナよりも、ゴールドは黄みがかっていて優しい印象になります。

また、あえて「使い込まれた風合い」に仕上げるのもアンティーク風の結婚指輪の特徴です。

 

キラキラとした華やかな印象よりも、昔から愛されているあたたかみのある印象になります。

 

◆肌馴染みが良い

ピンクゴールドやイエローゴールドといったゴールド系の素材を作ることの多いアンティーク風の結婚指輪は、黄みがかった日本人の肌に馴染みやすいです。

 

ゴールドと聞くと派手な印象を受ける方もいるかもしれませんが、アンティーク風の結婚指輪は落ち着いた雰囲気に仕上げます。

そのため、主張しすぎないさりげないオシャレを楽しめるのです。

 

豪華な装飾をしたとしてもツヤを消すことで、日常に馴染むジュエリーとなります。

 

◆個性を出せる

アンティーク風の結婚指輪を選ぶことで、個性を出すことができます。

 

一般的に有名なブライダルジュエリーショップではなかなか見られないデザインなので、身につけているだけで目を惹きます。

さりげなく日常に溶け込んでくれますが、よく見ると「特徴的な結婚指輪だな」と気づいてもらえるうでしょう。

 

こだわりのデザインを身につければ、手元を見るたびに胸が高鳴ります。

 

2.オーダーメイドなら好みに合わせたアンティーク結婚指輪が作れる

アンティークなデザインと一言で言っても、シンプルなものからゴージャスなもの、クラシカルなものまでさまざまです。

一部のブランドではアンティークな結婚指輪も販売されていますが、好みに合わない場合も。

 

そこで、おすすめなのがオーダーメイドです。

オーダーメイドであれば、以下のようなメリットを感じられます。

 

1.思い通りのデザインが叶う

2.制作過程を楽しめる

3.予算に合わせられる

 

順番に見ていきましょう。

 

◆思い通りのデザインが叶う

オーダーメイドをすれば、思い通りのデザインが叶います。

renriのオーダーメイドであれば、素材やアームの形、宝石の数・種類など、すべて1から作っていけます。

 

とくに、地金の素材は豊富に取り揃えているため、理想のアンティーク結婚指輪に仕上がるでしょう。

・プラチナ

・イエローゴールド 

・ホワイトゴールド

・ピンクゴールド

・グリーンゴールド

・グレーゴールド

思い描く理想のデザインを打ち合わせで伝えていただき、プロのジュエリーデザイナーと一緒に形にしていきましょう。

 

◆制作過程を楽しめる

オーダーメイドの結婚指輪は、制作過程を楽しむことができます。

ご夫婦の間で「どんなデザインが良いかな?」「素材は何がいいかな?」と話し合うだけでもワクワクするものです。

 

つづいて、お二人のご希望をデザイナーが伺いながらデッサンに落とし込んでいきます。

「グレーゴールドの方が重厚感が出ますよ」「コンビカラーだと、よりオリジナル感が出ます」と、ご提案もさせていただきますので、具体的なイメージがなくても安心してください。

 

renriではデザインの決定後、有料オプションで試作リングをお作りいたします。

「デザイン画と実物のイメージが違ったらどうしよう」といったお客さまの不安をなくすためです。

 

万が一、ご試着の際にイメージと違った場合は具体的にご指示いただき、納得のいくデザインに仕上げます。

このようにオーダーメイドは、デザイン画の指輪が実際に手に取れるようになる過程を存分にお楽しみいただけます。

 

◆予算に合わせられる

予算に合わせて結婚指輪を用意できることもオーダーメイドの魅力です。

 

アンティーク風の結婚指輪は取り扱いのあるお店が限られているため、既製品で探すと値段も思う通りにならないかもしれません。

一方、オーダーメイドであれば「2つで25万円程度」など、具体的な予算に合わせてお作りできます。

 

もちろん、多くの宝石や装飾を希望されると、その分費用は高くなります。

しかし、どうすれば費用を抑えた上で希望のイメージを実現できるか、さまざまなご提案をさせていただくことが可能です。

 

renriでは「宝石ではなくダイヤモンドダストで華やかに仕上げましょう」「手彫りは半周にすれば値段を抑えられます」と、柔軟なご提案をいたします。

お客さまのご希望の予算にあわせて理想のデザインを実現できるのが、オーダーメイドの魅力なのです。

 

3.アンティーク結婚指輪のデザイン集

アンティーク風の結婚指輪といっても、さまざまなデザインがあります。

素材や装飾が違うと、大きく印象が変わります。

 

renriでは多くのお客さまにアンティーク風の結婚指輪をご提案してきました。

さまざまなデザインがありますので、ぜひご参考にしてください。

 

1.ミル打ちだけのシンプルなデザイン

2.中央にミル打ちをしたシックなデザイン

3.手彫りが印象的なコンビカラー

4.イニシャルのオリジナル模様が特徴的なデザイン

5.ハンマーテクスチャーでクラシカルに

 

お気に入りの素材や装飾をみつけて、お二人の結婚指輪のアイディアに取り入れてくださいね。

 

◆ミル打ちだけのシンプルなデザイン

ストレートの指輪の両淵にミル打ちを施した結婚指輪です。

 

旦那様はやさしいベージュカラーが特徴的なホワイトゴールドを、奥様は明るくて華やかなイエローゴールドをお選びいただきました。

マット加工を施すことで、上品な輝きを表現しています。

 

ミル打ちのラインが入るだけで全体が引き締まり、アンティークな印象を与えてくれます。

 

◆中央にミル打ちをしたシックなデザイン

プラチナ甲丸のかわいらしいフォルムの指輪の中心に、ミル打ちでラインを入れました。

中央には永遠を表すダイヤモンドをワンポイントに留めています。

 

それぞれのお好みで仕上げを変えており、旦那様は輝きを抑えたつや消し、奥様は華やかなつや仕上げです。

アンティーク風でありながらも、プラチナを採用することでシックな仕上がりとなりました。

 

◆手彫りが印象的なコンビカラー

手彫りの月桂樹が印象的な結婚指輪です。

外側はプラチナ、内側をイエローゴールド のコンビカラーでクラシカルな印象となっています。

 

指輪の両端を削ってイエローゴールドを見せることで、2つの色のコントラストをお楽しみいただけます。

月桂樹はrenriの職人が心を込めて手作業にて彫っています。

 

指輪の内側には、メッセージの刻印とダイヤモンドが留められており、世界で1つだけの結婚指輪に仕上がりました。

 

◆イニシャルのオリジナル模様が特徴的なデザイン

サーフィンがお好きな旦那様とそばで見守る奥様に、オリジナルのデザインを手彫りいたしました。

おふたりと波が混ざり合うことをイメージして、イニシャルと波をrenriデザイナーが図案化しています。

 

素材は珍しいグリーンゴールドをお選びいただき、手彫りの模様が美しく見えるようつや消しをしています。

また、片方の縁にだけミル打ちを入れることでアンティークな雰囲気に。

 

奥様の指輪には旦那様からのプレゼントであるダイヤモンドを留め、素敵なアクセントとなっています。

 

◆ハンマーテクスチャーでクラシカルに

やわらか色味を持つホワイトゴールドの指輪にハンマーテクスチャーを付けた結婚指輪です。

 

旦那様の指輪は幅広のマット仕上げにすることで、スモーキーな雰囲気に仕上がりました。

両縁のミル打ちで、指輪全体がシャープに見えるように工夫しています。

 

奥様の指輪は細身のつや仕上げにすることで、上品でクラシカルな印象に。

中央にはアクセントにダイヤモンドを留めることで、より華やかな印象に仕上がりました。

 

4.アンティークな結婚指輪にするためのオーダーメイドのポイント

アンティークな結婚指輪を作るときには、以下のポイントをおさえましょう。

 

1.ピカピカよりも使い込んだ風合い

2.素材はあたたかみを感じられるゴールド系を

3.アンティークジュエリー代表のミル打ち

4.彫り模様で個性を

5.北欧風・クラシカル調なモチーフ

 

これらのポイントを押さえてオーダーすれば、アンティークな雰囲気の結婚指輪ができあがります。

順番に見ていきましょう。

 

◆ピカピカよりも使い込んだ風合い

アンティーク、つまり100年も経った芸術品のように仕上げるには、使い込んだ風合いを出しましょう。

 

ピカピカで金属素材そのもののきらめきを出すよりも、つや消し加工をすることで「使い込んだ風合い」を出せます。

重厚感のある落ち着いた印象となり、金属素材の深さを楽しめます。

 

シンプルなデザインであってもつや消し加工をすれば、アンティークな印象に。

あえて小さな傷を数カ所作っておくのもおすすめです。

 

◆素材はあたたかみを感じられるゴールド系を

アンティーク風の結婚指輪の素材には、あたたかみを感じられるゴールド系がおすすめです。

その昔の指輪の主流はゴールド素材だったため、実際のアンティークジュエリーにはゴールドが多いです。

とくに、18世紀のジュエリー素材の主流は、イエローゴールドとシルバーだったといわれています。

 

もちろん、プラチナでもアンティーク調のデザインにすることはできます。

同じ白みの色でも、イエローニュアンスの含まれたホワイトゴールドを代用すると、よりアンティークさを感じられます。

 

◆アンティークジュエリー代表のミル打ち

アンティークジュエリーの代表とえば、ミル打ちの加工です。

小さい丸い粒を指輪の表面にあしらう加工のことを指します。

 

指輪のアームの縁やセンターにあしらったり、宝石を囲うようにあしらったりします。

ミル打ちがあると可愛らしい印象になることから、特に女性に人気です。

 

シンプルなデザインであっても、ミル打ちを入れるだけでグッとアンティークな雰囲気に仕上がります。

 

◆彫り模様で個性を

指輪の表面に彫り模様を入れることで、個性を出せます。

 

アンティークジュエリーが作られていた頃、ジュエリーは貴族だけに許された贅沢品でした。

もちろん大量生産を行う必要がなく、1つ1つの装飾に手間をかけることが許されていたのです。

職人による手彫りをオーダーすれば、その贅沢さを現代でも味わうことができるでしょう。

 

柄によって印象が大きく変わるため、個性を主張するには最適です。

 

◆北欧風・クラシカル調なモチーフ

北欧風・クラシカル調なモチーフを取り入れることで、グッとアンティークらしさを表現できます。

たとえば、以下のようなモチーフを検討してみましょう。

 

・月や太陽

・月桂樹・唐草

・ギリシャ神話

 

自然や神を象徴とした指輪は、アンティークジュエリーにもたくさんあります。

花言葉や幸せの象徴なども参考にし、意味を込めた結婚指輪を作りましょう。

 

まとめ

「人とは違う洗練された美しい結婚指輪を身につけたい」とお考えであれば、アンティーク風の結婚指輪がおすすめです。

個性を出しつつも、日常に馴染んでくれる魅力があります。

 

あたたかみのあるデザインが多いので、手元が視界に入るたびにほんわかした気持ちにさせてくれるでしょう。

今回ご紹介したポイントを押さえつつ、ご自身の好みを加えてオーダーすれば、きっと理想の結婚指輪ができあがります。

 

renriではアンティーク調の結婚指輪のオーダーメイドを数多く承ってきました。

今までの経験を生かしつつ、お客さまのご要望に合わせたデザインをご提案いたします。

アンティーク風の結婚指輪をオーダーメイドし、自分たちらしい一生もののジュエリーを作りましょう。

 

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

 

 

オーダーメイドするなら知っておきたい婚約指輪の基礎知識|特別な想いをカタチに

「婚約指輪をオーダーメイドで作るのも良さそうだな」と興味を持っていませんか。
オーダーメイドで婚約指輪を作れば、思い描いたイメージを形にできます。

 

しかし、「知らないうちに価格が吊り上がりそうで怖い」「デザインが思いつかない」という不安を抱える方もいらっしゃるでしょう。
今回は、婚約指輪をオーダーメイドで制作するときに知っておきたいポイントやおすすめデザインをご紹介します。

 

オーダーメイドで婚約指輪を制作して、未来の奥様に喜んでもらいましょう。

 

目次

 

 

1.婚約指輪をオーダーメイドする魅力とは

オーダーメイドとは、お客さまの持つイメージをそのまま婚約指輪としてカタチにできる方法です。

自由にデザインを決められるので、お相手にぴったりの婚約指輪になります。

 

お客さまのご意向を伺いながら、デザイナーと職人が至高の指輪を作り上げます。

 

ブランドのなかには、決められたパーツを組み合わせるセミオーダーという方法もありますが、自由度が低いことも。

フルオーダーメイドの魅力は、以下の2つです。

 

1.思い描いたイメージをカタチにできる

2.高品質なダイヤモンドをセレクトできる

 

フルオーダーメイドの魅力を詳しく確認しましょう。

 

◆思い描いたイメージをカタチにできる

オーダーメイドなら、思い描いたイメージを現実のものにできます。

というのも、専属のデザイナーがあなたのイメージを図面に描き起こすからです。

 

たとえば、「王道の婚約指輪の形にして、アンティーク好きで華奢な彼女に馴染むようにしたい」といったご要望なら、地金の変更やリング幅を細身に変更して対応いたします。

 

妥協することなく素敵な婚約指輪をデザインいたしますので、気になる箇所や取り入れたいデザインがあれば遠慮なく仰ってください。

さらに、腕利きの職人が図面を基に形成していきます。

 

本制作に取り掛かる前にフィッティングリングを制作してお客さまに最終確認をしていただき、完成イメージを共有するので、お互いのイメージが乖離することはありません。

 

そのため、思い描いた婚約指輪をカタチにしてお相手に贈ることができます。

 

◆高品質なダイヤモンドをセレクトできる

フルオーダーメイドだと、デザインと同じくらいダイヤモンドにこだわれます。

なぜなら、制作する婚約指輪に合わせてダイヤモンドを仕入できるからです。

 

たとえば、「ハート型のダイヤモンドをセンターにセッティングしたい」といったご要望にもお応えできます。

もちろん、「全ての項目で最高評価のダイヤモンドを婚約指輪にしたい」といったご要望も可能です。

 

renriでは厳選されたダイヤモンドをご用意しておりますので、予算や大きさに合わせてお選びいただけます。

どのようなご要望でも、しっかり対応できるのがオーダーメイドの強みです。

 

2.婚約指輪のオーダーメイドする前に知っておきたいこと

オーダーメイドの魅力について見てきましたが、実際に制作する前に知っておきたいポイントがあります。

婚約指輪をオーダーメイドする前に知っておきたいポイントは、以下の3つです。

 

1.お相手の意向を反映させるならプロポーズ後

2.納期は最短1~3ヶ月を見ておく

3.あらかじめ予算を設定しておく

 

順を追って見ていけば、初めてのオーダーメイドでも大満足の婚約指輪になるでしょう。

 

◆お相手の意向を反映させるならプロポーズ後

お相手のお好きなデザインで婚約指輪を制作するなら、プロポーズ後に制作することになります。

renriには、結婚指輪と同時に婚約指輪をオーダーするカップルもいらっしゃいます。

 

ただ、お二人でオーダーされる場合、プロポーズをするときの婚約指輪の代わりをどうするか悩む方もいるかもしれません。

婚約指輪代わりのプレゼントはなくても、プロポーズ後に「婚約指輪は一緒に作ろう」と伝えれば喜んでもらえるのではないでしょうか。

 

もし、ロマンチックにプロポーズしたいなら、メッセージカードや花束・ピアスなどのアクセサリーをプレゼントしても素敵ですね。

もちろん、「彼女に一切気付かれずに、プロポーズと同時に婚約指輪を贈りたい」というご要望も大歓迎です。

 

サプライズをお考えなら、指のサイズやお相手に喜んでもらえるデザインをある程度下調べしておく必要があります。

サプライズならサイズ直ししやすいリングに、デザインはデザイナーと協力してハイセンスに、と事前に調整することも可能です。

 

renriのスタッフが全力でバックアップいたしますので、気兼ねなくご相談くださいね。

 

◆納期は最短1~3ヶ月を見ておく

オーダーメイドでの納期は、試作リングなしなら最短で1ヶ月、通常であれば3ヶ月をみておくと安心です。

せっかくのオーダーメイドですので、お客さまがご納得いただけるまでデザインの調整や着け心地の調整をしていただければと思います。

 

しかし、「突如、顔合わせの日程が決まった」や、「辞令が出て遠距離になるので転勤前に渡したい」といった急を要することもあるでしょう。

そのような場合でも柔軟に対応して、婚約指輪をお渡しできるように努めております。

 

婚約指輪がカタチになる過程を味わうなら3ヶ月ほどの納期を要しますが、急ぎで婚約指輪が必要な方は「お問い合わせ」からご相談ください。

 

◆あらかじめ予算を設定しておく

あらかじめ予算を設定しておきましょう。

予算を設定しないまま、こだわりを詰め込むと想像以上の見積り価格になることがあります。

 

renriでは、お打ち合わせの際にご予算をお伺いいたします。ご希望のご予算をオーバーするようなご提案はいたしません。

お客さまのご予算の範囲内で、美しいデザインを構築するのもデザイナーの重要な仕事です。

 

どのような条件でも、お相手の雰囲気にマッチする婚約指輪を制作いたします。

 

3.婚約指輪のオーダーメイドの相場は?

オーダーメイドの婚約指輪について見てきましたが、オーダーメイドで制作したときのおよその価格が気になる方も多いでしょう。

ご結婚されるにあたって、婚約指輪だけでなく引っ越しや新婚旅行など多くのイベントが発生します。

 

今後の出費を予測して計画的にお金を使いたいと考えている方は少なくありません。

その過程でネックになるのが、オーダーメイドだと価格の目安がわからないことではないでしょうか。

 

婚約指輪をオーダーメイドで制作したときの相場を把握すれば、出費の目安がわかります。

ゼクシィトレンド2020によると、フルオーダーメイドの婚約指輪の平均価格は39.8万円です。

具体的な価格帯別の割合は、以下のようになっています。

 

20~30万円未満 30~40万円未満 40~50万円未満 50~60万円未満
割合(%) 20.0 33.3 26.7 6.7

 

ボリュームゾーンは30~40万円未満になります。

チャレンジしやすい価格帯の20~30万未満は、3番目に多い価格帯です。

 

こだわりをたくさん詰め込めば高額になりますが、20万円台でも立派な婚約指輪を制作できますよ。

 

renriだと、トップを細く絞った形状で小さなダイヤモンドを敷き詰めたエタニティデザインの指輪を約157,000円からお作りできます。

ご予算で悩まれている方でもrenriならお力になれると思いますので、まずはご相談ください。

 

4.婚約指輪をオーダーメイドするときにこだわりたいデザインのポイント

婚約指輪のデザインの参考に、お店やネットに掲載されているデザインを参考にすると思います。

しかし、普段聞きなれない言葉も多いので「専門用語ばかりでよくわからない」と感じるかもしれません。

 

そこで、デザインを決める前に知っておきたい用語や基礎知識を確認しましょう。

知っておきたい知識は、以下の2つです。

 

1.ダイヤモンドの4C

2.代表的なセッティングスタイル

 

一通り確認すれば、「この言葉の意味はなんだろう?」と疑問に思うことは減るでしょう。

 

◆ダイヤモンドの4C

まず、婚約指輪の華とも言えるダイヤモンドについて見ていきましょう。

ダイヤモンドの品質は、世界共通の「4C」という基準で評価されています。

4Cについてまとめたので、以下の表で確認しましょう。

 

4Cの項目 説明
カラット(carat) ・1.0ct(カラット)=0.200g
・桁が変わると価格も大きく変わる
カラー(color) ・Dが最も無色
・Dからアルファベット順で色付く
カット(cut) ・カットにより光が効率よく反射して輝く
・3Excellentが最もきらめく
クラリティ(clarity) ・FL(Flawless)が最も透明
・ダイヤモンドに内包物やキズがないと透明に輝く

 

どれか1つの項目だけ高評価でも理想的な輝きのダイヤモンドにはなりません。

全ての項目のバランスを考えながら、理想の1粒を選ぶことが大切です。 

 

◆代表的なセッティング

続いて、ダイヤモンドのセッティングについて見ていきましょう。

セッティングとは、ダイヤモンドを地金に留める方法のことです。

 

留め方で、婚約指輪全体の印象やダイヤモンドの輝き方が変わってきます。

セッティング名を把握すれば、言葉だけでも大まかなデザインを想像できるようになるでしょう。

 

セッティング 特徴
ソリテール
(ソリティア)
・リング中央に一粒のダイヤモンドをセットしたもの
・婚約指輪の定番デザイン
メレ ・メインダイヤモンドの脇にメレダイヤ(小粒石)数個をあしらったもの
・メインのダイヤが小ぶりでも可憐で華やかになる
パヴェ ・石畳のようにメレダイヤを隙間なく敷き詰めたもの
・ダイヤモンドのセッティング数が多いのでゴージャスになる
エタニティ ・リング全周にメレダイヤをセットしたもの
・ハーフエタニティは半周をメレダイヤでセッティングしたもの
・突起がないので普段使いしやすい

 

婚約指輪といえばソリティアを想像する方が多いですが、「日常的に着けたい」という方にはエタニティも人気です。

どういう使い方をするのか、ゴージャスな印象なのか、可憐な印象なのかといった観点からデザインを選ぶと失敗しません。

 

5.王道スタイルから個性派スタイルまで幅広く対応|renriの作品

ここまで婚約指輪について見てきましたが、オーダーメイドだとどんなデザインを作れるのか気になりますよね。

renriで過去にオーダーメイドされたデザインを見ていきましょう。

 

今回紹介するのは、以下の3つです。

 

1.王道スタイルのソリテール

2.結婚指輪との重ねづけも考慮

3.異なる輝きで光を集めて

 

どれも素敵な婚約指輪に仕上がっていますので、じっくりとご覧ください。

 

◆王道スタイルのソリテール

リング中央に一粒のダイヤモンドを施したソリテールデザインです。

ソリテールはフランス語で「単独」という意味になります。

 

英語発音の場合だとソリティアと呼ばれることもありますが、どちらも一粒ダイヤのデザインのことです。

renriが制作するソリテールは、石を留める爪を極力小さくしてダイヤモンドの存在感を高めています。

ソリテールは非常にシンプルですが、細かな点で作り手のセンスを問われるデザインでもあります。

 

今回の事例では、ダイヤモンドに向かって指輪のアームを細めたり、立て爪を4本にしたりしていますが、アームの形や立て爪の数は変更可能です。

一粒ダイヤのいつまでも飽きのこないたたずまいは、永遠の定番と言えるでしょう。

 

◆結婚指輪との重ねづけも考慮

フルオーダーメイドで婚約指輪と結婚指輪を制作したデザインです。

結婚指輪のウェーブに合わせて、婚約指輪もカーブさせています。

 

フルオーダーなら結婚指輪とのバランスも考えながら制作するので、重ねづけしても美しい手元になるのです。

婚約指輪のリング部分はピンクゴールドで制作していますが、立て爪は白い輝きの地金で制作しています。

なぜなら、立て爪を白い輝きの地金を利用することで地金の光を反射して、よりキラキラしたダイヤモンドになるからです。

 

細部までこだわることで、最大限ダイヤモンドの輝きを生かせます。

 

◆異なる輝きで光を集めて

流動的なメビウスリングの形状を生かして異なる輝きを取り込んだ婚約指輪になります。

メビウスリングとは、一本の金属棒をねじったようなデザインのことです。

 

中央のねじれのラインに沿ってダイヤモンドをセッティングしました。

ねじれの境目に打ち込んだミルグレインによって、流動的なデザインがより際立ちます。

 

ダイヤモンドをセットしていない面にハンマーテクスチャーを施すことで、プラチナが持つ輝きを楽しめるデザインです。

ダイヤモンドのきらめくような光、ミルグレインの柔らかな輝き、金属が持つ力強い輝きの3つの異なる輝きを楽しめる婚約指輪になりました。

 

6.婚約指輪をオーダーメイドするならrenriへお任せください

小さな工房でお客さまと対話しながら作り上げていくrenriなら、お相手にぴったりの婚約指輪を手に入れられます。

多くのお客さまにrenriをお選びいただける理由は、以下の3つです。

 

1.ハイジュエリーで仕入経験のあるスタッフが選んだダイヤモンド

2.ライフスタイル・ご予算に合ったデザインのご提案

3.完成前にお試しできるので失敗しない

 

順を追って見ていきましょう。

 

◆ハイジュエリーブランドで仕入れ経験のあるスタッフが選んだダイヤモンド

ハイジュエリーブランドで仕入れ経験のあるスタッフが、目利きしたダイヤモンドを取り揃えております。

厳選されたダイヤモンドなので、ブランドのダイヤモンドに引けを取りません。

 

先述した通り、ダイヤモンドは世界共通の基準で評価されているので「ブランドだから輝く」のではなく「4C基準が高いから輝く」のです。

 

また、「人とは違う形のダイヤモンドをセッティングしたい」や「4C評価と価格のバランスの良いダイヤモンドが良い」といったご要望も承っております。

 

ご要望をお受けしてから仕入れすることも可能です。

renriなら、キラキラ輝く質の高いダイヤモンドで婚約指輪をお作りいただけます。

 

◆ライフスタイル・ご予算に合ったデザインのご提案

お相手の女性のライフスタイルやご予算に合わせたデザインを提案いたしますので、満足度の高い婚約指輪になります。

 

たとえば、「結婚した後も結婚指輪と重ねづけして日常使いしたい」といったご要望であれば、立て爪のソリテールデザインよりもエタニティリングがおすすめです。

 

また、「メレデザインが良いけど、ゴージャスではなく可愛い感じが好き」といった、その方のお好みを汲み取ってデザインいたします。

 

お打ち合わせの最初の段階でご予算をお伺いしますので、予算内で素敵な婚約指輪を作ることが可能です。

 

◆完成前にデザインを確認できるので失敗しない

職人とお客さまの間で完成イメージのギャップを埋めるため、本制作前にオプションでデザインサンプルリングをお作りすることもできます。

 

デザインサンプルリングを実際に見ていただくと、デザイン時にはわからなかったことに気がつくこともあります。

 

お客さまにご納得いただけるデザインになるまで、何度でも繰り返し調整いたしますので、完成品を見て失敗したと後悔することはありません。

 

まとめ

婚約指輪をオーダーメイドすれば、お相手に喜んでもらえるでしょう。

 

なぜなら、オーダーメイドは思い通りのデザインになる反面、手間も時間もかかるため、「お相手を想って作った」という愛情が伝わりやすいからです。

 

renriは、ダイヤモンドの美しさを最大限に引き出したデザインでお作りいたします。

婚約指輪をrenriのオーダーメイドで作って、最愛の彼女に喜んでもらいましょう。

 

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

オーダーメイドの結婚指輪がおすすめな4つの理由|シンプル派も個性派もこだわれる

「オーダーメイドで結婚指輪を作るならどんなデザインがおすすめなんだろう?」と気になっていませんか。

オーダーメイドなら、あなたのためだけに考え抜かれた結婚指輪を身に着けることができます。

 

しかし、初めての結婚指輪に初めてのオーダーメイドと、全てが「初めて」だと不安も大きいですよね。

今回は、結婚指輪のオーダーメイドがおすすめな理由やデザインを解説いたします。

周りのカップルがどのような点を重視しているのかも、あわせて紹介するのでご参考にしてください。

 

目次

 

 

1.オーダーメイドなら他にはない結婚指輪に|おすすすめする4つの理由


特別感のある結婚指輪にするなら、オーダーメイドをおすすめします。

とくに、ゼロから作り上げるフルオーダーメイドなら、誰にも真似できない結婚指輪になるでしょう。

 

オーダーメイドをおすすめする理由は、以下の4つです。

 

1.お二人のためだけにデザイナーと職人が制作
2.結婚指輪が出来上がる工程を楽しめる
3.ミリ単位の調整で細部を詰められる
4.アフターケアだけでなく追加の加工もできる

 

ひとつずつ確認していけば、オーダーメイドの良さをおわかりいただけると思います。

 

◆お客さまのためだけにデザイナーと職人が制作

オーダーメイドは、お客さまのためだけにデザイナーと職人の持つスキルを駆使して作り上げます。

各工程でお客さまと確認しながら制作を進め、お二人ならではの結婚指輪を大切にお仕立てします。

 

デザイナーはご希望のデザインを伺うだけでなく、お客さまのバックグラウンドまで理解して寄り添いながらデザインを組み立てていきます。

renriはお客さまとの「対話」や「言葉」を大事にしておりますので、「言いたいことが伝わらずモヤモヤ」といったことはありません。

 

職人は一生を共にする結婚指輪を愛してもらえるように、バランスや着け心地を吟味しながら試作・本制作に取り組んでいます。

フィッティング用の試作リングを制作し、お客さまからのサイズ感や着け心地のフィードバックをいただいてから本制作に取り掛かりますので、安心して完成までお待ちいただけます。

 

お二人のためだけに、スキルを総動員して制作させていただきます。

 

◆結婚指輪が出来上がる工程を楽しめる


オーダーメイドの醍醐味は、制作に関われることです。

既製品では、制作工程でお客さまが関われることはありません。

 

しかし、フルオーダーなら、金属からデザイン・アームの太さまで全て決められます。

さらに「プロポーズされた場所を形として結婚指輪に残したい」といった抽象的なご要望に対応できることも、フルオーダーの強みです。

 

制作段階になると、職人と着け心地や手元全体のバランスを見ながら、最終的なデザインを決めていきます。

デザイナーとの打ち合わせではお客さまのイメージが絵になり、職人との打ち合わせでは描かれた結婚指輪がカタチとなり、少しずつ出来上がっていく工程を楽しめます。

◆ミリ単位の調整で細部を詰められる


オーダーメイドなら、ミリ単位の調整ができます。

なぜなら、次のステップへ進むGOサインを出すのも、再度修正をするのも、お客さまに委ねられているからです。

 

もし、気になる点がある場合は気兼ねなくおっしゃってください。

たとえば、本制作前のリング試着で「着けたときに違和感があるので角を丸めて欲しい」や「もっと角張った感じでも良い」などです。

 

これから新たな人生を共に歩む結婚指輪だからこそ、妥協してほしくないとrenriは考えております。

お客さまとの会話から生まれるのがオーダーメイドの利点です。

利点を生かすことで、細部まで調整して最高の結婚指輪をお作りします。

 

◆アフターケアだけでなく追加の加工もできる


renriでは、追加の加工もできます。

たとえば、結婚10年ごとに天然石を留めるといった加工を施せます。

お子さんが生まれたら名前を内側に彫るのも素敵ですよ。

 

「結婚指輪が完成したから終わり」ではなく、人生の節目でrenriのことを思い出していただけるような工房でありたいと思っております。

人だけでなく結婚指輪も一緒に年を重ねていけるように追加の加工も承っておりますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

 

2.オーダーメイドの結婚指輪はどんなカップルにおすすめ?


オーダーメイドの良さはわかったものの、未知の世界なので迷う方も多くいらっしゃると思います。

以下のような方は、オーダーメイドの結婚指輪がおすすめです。

 

1.ブランド名よりもデザインに比重を置きたい
2.プロの技巧が光る結婚指輪に惹かれる

 

それぞれ確認しましょう。

 

◆ブランド名よりもデザインに比重を置きたい


ブランド名よりもデザインに比重を置きたいなら、オーダーメイドをおすすめします。

なぜなら、ブランドの既存製品の中から理想のデザインを探すよりも、プロの手を借りて作った方が確実だからです。

 

ブランドの既製品だと、多くの人に似合うデザインを採用しています。

しかし、オーダーメイドなら、あなただけに似合うデザインにアレンジできるので満足度が高くなるでしょう。

オーダーメイドは、思い描いた通りの結婚指輪を身に着けたい方にぴったりです。

 

◆プロの技巧が光る結婚指輪に惹かれる


クラフトマンシップを感じさせる製品に惹かれるなら、オーダーメイドにしましょう。

 

renriなら、経験豊かなデザイナーのデッサンを間近に見ていただけます。
現在は、CADでの設計も増えてきました。

 

しかし、renriはまっさらな紙に原寸大の指輪が描かれていく様子を楽しんでいただけるよう、手描きでデザインしています。

デッサン画は結婚指輪のお渡しと一緒にプレゼントいたしますので、結婚式のウエルカムボードに飾ったり、額装してお部屋のインテリアとして飾っていただけると幸いです。

 

また、renriの結婚指輪は鍛造製法で制作しています。

鍛造製法とは、熱した金属を金槌で叩きながら形成する方法です。

叩きながら形成するので技術がないと大味なリングになりがちですが、腕のある職人が細部まで美しく仕上げます。

そのため、手仕事の温もりはもちろん、卓越した技巧も味わえるでしょう。

 

プロのスキルを込められるオーダーメイドなら、身に着けるほどに豊かさが深まる結婚指輪になります。

 

3.ほかのカップルはどんな結婚指輪?|あなたに合うおすすめのオーダーメイドを見つけて

いざオーダーメイドしようと思っても「どんなデザインにすべきか悩んでしまう」という方も多いと思います。

世間のカップルはどんな点を重視しているのかゼクシィトレンド調査2020でチェックして、デザイン決めに役立てましょう。

 

世の中のカップルの結婚指輪をチェックするポイントは、以下の4つです。

 

1.シンプルな清楚デザインを希望は68%
2.ダイヤ付きを希望は 28.9%
3.プラチナの希望は 28.0%
4.細身のデザイン希望は 25.1%

 

順を追って確認して、デザイン決めの参考にしましょう。

 

◆シンプルな清楚デザインを希望は68%

調査によると、シンプルなデザインを重視しているカップルは68%でした。

何十年と身に着けるものなので、約7割のカップルが飽きのこないシンプルなデザインを求めています。

 

他のカップルと差を着けるなら、指輪の半周を凝ったデザインにするのも良いでしょう。

もう半周をシンプルにすれば、冠婚葬祭でも違和感なく着けられます。

 

◆ダイヤ付きを希望は 28.9%

購入検討段階で、ダイヤモンド付きの結婚指輪を重視している人は28.9%でしたが、実際にダイヤモンド付きの指輪を購入した女性の割合は7割を超えています。

 

つまり、女性の結婚指輪だとダイヤモンド付きがスタンダードと言えます。

男性のダイヤモンド付きは17.2%と少数です。

 

一方で、ルビーやサファイアなどの他の天然石をセッティングしている割合は、男女ともに5%に満たない結果でした。

人とは違う輝きを求めるなら、ルビーやサファイアなどをセッティングすることも検討してみましょう。

 

◆プラチナの希望は 28.0%


プラチナであることを重視しているカップルは28%でした。

「重視している」と回答したカップルは3割に満たないものの、結果的に8割近くのカップルがプラチナです。

 

理由としては、プラチナの青白い輝きが人気であることに加えて、加工や修理のしやすさも考えられます。

また、既製品だと他の地金の結婚指輪が少ないのも理由の一つかもしれません。

 

仕事上の制約などで目立つのはNGでも他のカップルと違いを出したいなら、ほんのり黄味がかったホワイトゴールドや深みのあるグレーゴールドをチョイスするのも良いでしょう。

 

◆細身のデザイン希望は 25.1%


細身のリングを求めている人は25.1%でした。

ご自身が華奢であったり繊細なデザインがお好みであったりという理由から、あえてリング幅の狭いデザインをご希望されることが多いです。

 

また、リング幅が狭いと、アクセサリー感覚で着けられるので、ファッションの邪魔にならないことも理由の一つでしょう。

ただし、指輪の幅が細いほど強度が弱くなるため、renriでは2ミリ以下のリングを推奨しておりません。

 

2ミリ以下の細いアームをお作りすることも可能ですが、デザインによっては強度面に不安が出てくる可能性があります。

さらに、年を重ねるごとに手元も変化しますので、10年後には「なんだか物足りない」と感じてしまうかもしれません。

強度を維持しつつ繊細なリングをお作りすることも可能ですので、ご相談くださいませ。

 

世のカップルが重視するポイントや好まれるデザインを把握したら、テイストごとにおすすめアイディアを見ていきましょう。

 

4.周囲と調和する結婚指輪|シンプル派におすすめのオーダーメイド

シンプル派におすすめな結婚指輪をチェックしましょう。

オフィスコードの厳しい職場でも受け入れられるアイディアを3つご紹介します。

 

1.独自のロゴを入れる
2.ミルグレインで密かに主張
3.ハーフ&ハーフにする

 

シンプルだからこそ、オーダーメイドの良さを生かしたアイディアを取り入れましょう。

 

◆独自のロゴを入れる


プレーンなリングに独自の刻印を入れれば、オリジナリティのある結婚指輪になります。

画像のデザインは、ワンちゃんのお鼻をデフォルメしたものです。

 

お客さまからお持ち込みいただいたロゴをデータ処理して、レーザーで刻印しています。

ロゴだけでなく、手書きの文字や絵もスキャンして指輪に刻印できますので、温かみのある結婚指輪になるでしょう。

 

◆ミルグレインで密かに主張


シンプルでありながら存在感を持たせたいなら、ミルグレインがおすすめ。

ミルグレインとは、丸い粒を連続して打刻していく装飾のことです。

 

とても小さな粒ですが、上品でありながら立体感のある結婚指輪になります。

両側にミルグレインを施せばアンティーク風に、片側のみならモダンになるので、同じ装飾でも印象を変えられるのが魅力です。

 

◆ハーフ&ハーフにする


装飾を半周ごとに変えるハーフ&ハーフなら、異なる表情を一本のリングで味わえます。

半周は、マット仕上げで落ち着いた印象に。

もう半周は、手彫りで金属の輝きを生かした仕上げです。

 

切り替え部分をあえて強調するように立体的にすることで、メリハリのあるデザインになります。

この他にも、半周をプレーンにしたり、ハンマーテクスチャーにしたり、さまざまな組み合わせが可能です。

 

5.自分だけの結婚指輪|個性派におすすめのオーダーメイド


「誰にも真似できない独創的な結婚指輪にしたい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今まで思いつかなかったようなデザインや装飾の組み合わせで、目を惹く結婚指輪になります。

 

注目を集めるアイディアは以下の3つです。

 

1.幅広なプラチナを幾何学的な断面で楽しむ
2.ウェーブの形状に合わせてカラーが変わる
3.力強い輝きとダイヤのコンビネーション

 

オーダーメイドだからこそ可能な技術を取り入れると、他では見られない結婚指輪になります。

 

◆幅広なプラチナを幾何学的な断面で楽しむ


あえてボリューミーなリングにすることで地金の質感を味わえます。

ざくざくと切り落とした表面はまるで宝石の断面のようであり、幾何学的です。

 

ボリューミーなリングで装飾を施しているので、断面が大きく陰影を楽しめます。

つや消しをすれば淡い輝きになり肌に馴染むので、存在感はあるものの違和感はありません。

追加でランダムに手彫りの装飾を入れれば、見る角度によって全く違う表情を見せてくれるので飽きることはないでしょう。

 

◆ウェーブの形状に合わせてカラーが変わる


「ラグジュアリー感も欲しい」なら、リングの形状と地金にこだわりましょう。

ウェーブデザインならエレガントです。

さらに、ウェーブの形状にあわせてダイヤモンドを敷き詰めれば、ラグジュアリーに。

 

プラチナとピンクゴールドを組み合わせることで、凛とした輝きに可愛らしさもプラスできます。

そのため、エレガント一辺倒にはなりません。

ラグジュアリーとカジュアルの絶妙な掛け合わせは、オーダーメイドならではと言えます。

 

◆力強い輝きとダイヤのコンビネーション


他にはない輝きを求めるなら、地金を削る方法があります。

手彫りで丁寧に削ったプラチナは氷の破片のような力強い輝きですが、青白く輝くので上品さは失いません。

 

断面がカマボコ型の甲丸リングをベースに緩やかなカーブを加えると、女性らしさもプラスできます。

ダイヤモンドをセットすれば、プラチナの青白い輝きとは違った煌めきも楽しめるでしょう。

 

6.意味を込めた結婚指輪|特別感を出したい派におすすめのオーダーメイド


「オーダーメイドにするなら、自分たちの世界観を投影したい!」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

お二人の世界観を投影させると、ロマンティックな結婚指輪になります。

 

以下の2例で確認しましょう。

 

1.思い出のアイテムや場所を取り入れる
2.挙式月や入籍月の季節の花をモチーフにする

 

具体例を見れば、エピソードの詰まった結婚指輪に魅了されるでしょう。

 

◆思い出のアイテムや場所を取り入れる

思い出の景色やアイテムにインスピレーションを得て結婚指輪に落とし込めば、唯一無二の結婚指輪になるでしょう。

たとえば、出会った場所が雪の降る山々なら、儚くて尊い景色、澄んだ空気を表現します。

 

今回は出会った場所を表現するために、美しい峰々を稜線に見立てて施し、峰から雪が流れて出来る峰筋や、流水の脇に降りた霜の様子をひとつひとつ、手作業で丁寧に彫りました。

 

思い出のお写真を見せていただき、景色やアイテムのエピソード、お二人の想い・意見をお聞きしながらじっくりデザインしていきますので、安心してお任せください。

 

◆挙式月や入籍月の季節の花をモチーフにする


思い入れのある季節を花で表現するのも素敵です。

写真の作品には、ワンポイントで桜の花びらを彫り込んでいます。

 

桜の花びらを彫り込むためにトップの幅は4mmになりますが、左右に向けて細くなるようにお作りしているため、圧迫感を感じることはありません。

renriでは、日常使いできるようにデザインと着け心地の両立を意識しています。

季節を花びらで表現すれば、ロマンティックな結婚指輪になるでしょう。

 

7.renriに寄せられる質問とは?|結婚指輪をオーダーメイドする前にチェック


「オーダーメイドをしてみたい」と思っても一生に一度の買い物ですし、不安も大きいと思います。

不安を解消するために、気になる点や疑問を無くしましょう。

renriに寄せられるよくある質問は、以下の3つです。

 

1.納期はどのくらい?
2.料金の決定や支払いのタイミングはいつ?
3.必要な持ち物はある?

 

順を追って確認すれば、疑問点を解消できます。

 

◆納期はどのくらい?


納期は試作リングなしの場合、最短で1ヶ月ですが、2~3ヶ月を見ておくと安心です。

本制作に取り掛かる前に最終打ち合わせをするため、少々お時間を頂戴しています。

 

ただし、お急ぎの場合はご相談ください。

ご家族との顔合わせや入籍日など、ご希望の完成納期にあわせられるよう調整いたします。

 

◆料金の決定や支払いのタイミングはいつ?


最終的な料金の決定は、お打ち合わせ後になります。

お打ち合わせのときにご予算をお伺いしますので、デザイン決定後にご予算を超えることはありません。

 

もし、ある程度デザインが決まっている場合、おおまかな金額であればお伝えできますので、お気軽にお問い合わせください。

お支払いは、サンプル制作決定時に制作費(一本当たり22,000円)をお支払いいただき、完成後に残り費用をお支払いいただきます。

 

現金以外に、以下のクレジットカード決済も可能です。

 

1.VISA
2.AMEX
3.MasterCard
4.JCB

 

お客さまのご予算内で満足いただける結婚指輪を制作いたします。

 

◆必要な持ち物はある?


特に必要な持ち物はありません。

もし気になるデザインがある場合は、お写真等お持ちいただけるとスムーズにデザインできます。

 

しかし、特に気になるデザインを見つけられなくても大丈夫です。

renriには沢山のサンプルや過去の作品集があります。

サンプルを実際に指にはめてみて、じっくり考えることができますので、ご安心ください。

 

もし、お悩みであれば、デザイナーがお二人のライフスタイルや雰囲気をもとにアドバイスさせていただきます。

 

まとめ

オーダーメイドで結婚指輪を作るのは、お二人の気持ちを込められるのでおすすめです。

個々のライフスタイルに合わせた、オリジナリティある結婚指輪を作れます。

 

シンプル派も個性派も「自分らしさ」を表現できるのが、オーダーメイドの良いところです。

「自分らしい」結婚指輪を制作するなら、ぜひrenriへご相談ください。

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

手作り・フルオーダーメイドなら世界に一つだけ|唯一無二の結婚指輪で特別感を味わって


「世界に一つだけの結婚指輪を作りたいなぁ」と考えていませんか。
夫婦の証となる結婚指輪が世界にたった一つだけ…なんてロマンチックですよね。

 

しかし、どうすれば世界に一つだけの結婚指輪になるのか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、世界に一つだけの結婚指輪の魅力やアイディアを紹介します。
手作りやフルオーダーメイドで制作した作品もあわせて紹介するので、ご参考にしてくださいね。

 

目次

 

 

1.世界に一つだけの結婚指輪を手に入れる2つの方法


「世界に一つだけの結婚指輪を作りたい!」と思われているのであれば、以下の2つの方法をご検討ください。

 

1. 自分たちで手作りする
2. フルオーダーメイドにする

 

renriでは、どちらの方法でも世界に一つだけの結婚指輪づくりのお手伝いをさせていただきます。
それぞれの特徴を確認しましょう。

 

◆自分たちで手作りする

金属から手作りすれば、世界に一つだけのかけがえのない結婚指輪となります。
なぜなら、作業する方の個性やクセが反映されるからです。

 

思い出深い結婚指輪にするなら、作業工程の多い鍛造製法での制作がおすすめ。
鍛造製法とは、熱した地金を金槌で叩きながら形成していく方法です。

 

renriなら、ご自身で選んだ地金をバーナーで熱するところから経験できます。
もちろん、技術力のあるスタッフがしっかりフォローいたしますので、ご安心くださいね。

◆フルオーダーメイドにする

フルオーダーメイドなら、ご自身の指の太さや手の大きさに合わせて調整できるので、文字通り「あなただけの結婚指輪」となります。

フルオーダーメイドとは、お客さまが決めたデザイン通りにプロの職人が指輪をお作りすることです。

 

renriでは、デザイン決めと本制作前の2回、お打ち合わせをいたします。

そのため、各工程でプロフェッショナルによるモノ作りの様子をご覧いただけます。

 

もちろん、原寸大でデッサンする様子を見たり、本制作前のサンプル制作時では着けたときの違和感がなくなるまで調整することが可能です。既製品だと似合わなかったデザインでも、数ミリ調整するだけで指に違和感なく溶け込む結婚指輪ができあがります。

 

ジュエリーづくりのプロであるデザイナーと職人がお二人だけのために腕をふるうので、スペシャルな結婚指輪になるのです。

 

2.世界に一つだけの結婚指輪の魅力とは

改めて「世界に一つだけ」の良さをチェックしましょう。

世界に一つだけの結婚指輪の魅力は、以下の3つです。

 

1. 大切なパートナーとの特別な結婚指輪になる

2. 品質を重視できる

3. スタッフと長く付き合える関係を構築できる

 

それぞれ見ていけば、世界に一つの結婚指輪を作る魅力に惹き込まれるでしょう。

 

◆大切なパートナーとの特別な結婚指輪になる

世界に一つだけの結婚指輪の最大の魅力は、大切なパートナーとの特別なアイテムになることです。

これから人生を共に歩んでいくお二人だけの特別な結婚指輪になり、固い絆と永遠の愛を表現できます。

 

デザインに悩む時間や工房へ出掛ける道のりも特別な思い出となって、デザイン面だけでなく思い入れという面でも、他にはない結婚指輪となるでしょう。

 

◆品質を重視できる

世界に一つの結婚指輪は、肌の色に合うカラーの地金や宝石を選択できるので、品質やデザイン性が高いです。

とくに、renriのような小さな工房だと販促費や店舗維持費なども最小限で済むので、少ないコストで品質やデザインに集中できます。

 

たしかに、有名店のラグジュアリーな空間での接客や、まばゆいショーケースの中から選ぶ体験は素敵ですが、広告費や店舗維持費も商品価格に上乗せされます。

さらに、理想のデザインを既製品で探そうとすると、何店舗もまわる必要があったり高額になったりすることもあります。

 

手作りするなら理想のデザインをリーズナブルに手に入れられますし、フルオーダーメイドなら世界一つの結婚指輪を適正な価格で購入できます。

 

◆スタッフと長く付き合える関係を構築できる

世界に一つの結婚指輪を作れるような工房は、お客さまと向き合う時間が長くなるため、深い仲になり長期的な関係になりやすいです。

なかでも、オーナー夫婦で運営しているrenriのようなこじんまりとした工房では、スタッフの入れ替わりが少ないので長く付き合える関係になります。

 

「結婚指輪が完成したので関係は終わり」というビジネスライクな関係ではなく、ご家庭を築いていく上で、節目のときに思い出してもらえるような工房でありたいと努力しております。

ご結婚後も、お客さまに気軽に遊びに来ていただけるよう、メンテナンスは永久無料です。

さらに、追加の加工も喜んで承っておりますのでお気軽にお申し付けください。

 

3.世界に一つとない結婚指輪|インスピレーションの参考に


唯一無二の結婚指輪を作る魅力を知ったものの「オリジナリティのあるデザインなんて思いつかない」と感じた方もいらしゃるかもしれません。

しかし、ちょっとした工夫で他とは違う結婚指輪になります。

他にはない結婚指輪にする工夫は、以下の4つです

 

1.自分で打ち込む作業で一期一会に
2.アームの形・太さ
3.婚約指輪と重ねづけしたときの計算
4.大切な贈り物をいつまでも身近に

 

制作事例と一緒に見ていけば、最適なインスピレーションが生まれるかもしれません。

 

◆自分で打ち込む作業で一期一会に

金槌を叩いて金属に模様を付けるハンマーテクスチャーなら、同じ人が叩いても二度と同じ模様になりません。

つまり、誰にも真似できない模様の結婚指輪になります。

 

手作りコースなら、ご自身の手で模様付けすることが可能です。

二度と再現できることのない装飾方法ですので、思い出となる一瞬を模様にして閉じ込めることができます。

 

写真のように半周はプレーンに、半周をハンマーテクスチャーにして、印象をガラリと変えるハーフ&ハーフもおすすめです。

 

◆アームの形・太さにこだわって

それぞれお好きな指輪の形・太さにすれば、どちらも悔いのない結婚指輪に仕上げられます。

 

リングの形が平打ちで4mm幅とアームが太めなら、エッジのきいた角張った印象に。

アームの真ん中が盛り上がるかまぼこ型の甲丸アームが2.5mm幅なら、なめらかで柔和な印象になります。

 

お互いの好みを尊重し合えるのは、手作りやフルオーダーメイドの良いところです。

 

◆婚約指輪と重ねづけしたときの美しさまで計算

実用面やテーマ、着けた時の美しさなどを総合的に勘案してデザインを組み立てれば、世界に一つの結婚指輪になります。

こちらの結婚指輪は、婚約指輪と重ねづけしたときでも美しく見えるよう考慮しました。

 

「せっかくプロポーズでもらった婚約指輪を結婚後も身に着けたい」という思いから、できあがったデザインです。

特別な思いが詰まった婚約指輪と重ねづけすれば、さらにオリジナルを感じられるでしょう。

 

また、オーダーメイドのテーマは、「結び」。

 

大まかなデザインが決まった後は、お二人の手元の雰囲気や指の太さに合わせて美しく見えるよう、一本ずつ微調整しています。

細やかな微調整がデザイナーや職人の腕の見せどころです。

 

上記の写真だと、リングのボリュームとカーブの角度をその方の手元に合わせて、わずかに変えています。 

完全オリジナルでありながら、それぞれ調整して変更を加えることによって「自分だけの結婚指輪」の完成です。

 

大切な贈り物をいつまでも身近に

昇進祝いやプロポーズのプレゼントなど、お二人にとって思い入れの深いアイテムを結婚指輪にすることもできます。

上の写真は、カフスボタンの結び目をイメージしたものです。

 

お打ち合わせの際に、大切なアイテムの写真や実物をお見せください。

デザイナーがアイテムを参考に、美しい結婚指輪に昇華させます。

 

「思い出のアイテムを反映させたい」だけでなく「忘れられない景色を取り入れたい」といったご要望にも、しっかり応えられるところがフルオーダーメイドならではの魅力です。

 

4.renriなら世界に一つだけの結婚指輪をお作りいただけます

renriで世界に一つの結婚指輪をお作りいただければ、思い通りのジュエリーになります。 

なぜなら、素材やデザインの選択肢が多いからです。

 

renriには、以下の2つの特徴があります。

 

1.地金や天然石の種類が豊富

2.手彫り・ハンマーテクスチャーで独自性を

 

それぞれ確認しましょう。

 

◆地金や天然石の種類が豊富

地金や天然石の種類が豊富だと、他にはない結婚指輪を作れます。

renriが揃えている地金とそれぞれの特徴を以下の表にまとめました。

 

種類 特徴
プラチナ ・プラチナにパラジウムやルテニウムを加えたもの
・青白い輝き・ルテニウムの働きによって硬度が上がっているので歪むことはない
イエローゴールド ・ゴールドに銅や銀をほぼ同等に加えたもの
・温かみのある黄色い輝き
ピンクゴールド ・ゴールドに銀と多めの銅を加えたもの
・銅の影響で赤味のある輝き
グリーンゴールド ・ゴールドに銅と多めの銀を加えたもの
・銀の影響による爽やかな輝き
・青味のある黄色
グレーゴールド ゴールドにパラジウムを加えたもの
・黄味の感じられない重量のある輝き
ホワイトゴールド ・ゴールドにパラジウムや銀を加えたもの
・暖色系の白い輝き

 

地金によって同じデザインでも印象が全く異なるので、選ぶのに迷ってしまうかもしれません。

renriでは100本以上のサンプルをご用意しておりますので、実際に試着して自分に似合う色味をお選びいただけます。

 

また、ダイヤモンド以外の天然石も用ご意しておりますので、お互いの誕生月や入籍月にまつわる宝石を留めれば、世界に一つだけの結婚指輪になるでしょう。

各月の誕生石と石言葉を以下の表にまとめましたのでご参考にしてください。

 

1月 ガーネット(柘榴石) ・貞操・真実・友愛・忠実
2月 アメシスト(紫水晶) ・誠実・心の平和
3月 アクアマリン(藍玉) ・沈着・勇敢・聡明
4月 ダイヤモンド(金剛石) ・清浄無垢・純愛・純潔
5月 エメラルド(翠玉) ・幸運・幸福
6月 ムーンストーン(月長石) ・長寿・富
7月 ルビー(紅玉) ・情熱・仁愛・威厳
8月 ペリドット(橄欖石) ・夫婦の幸福・和合
9月 サファイア(青玉) ・慈愛・誠実・徳望
10月 トルマリン(電気石) ・希望・潔白・寛大
11月 ブルートパーズ(黄玉) ・友情・希望・知性
シトリン(黄水晶) ・友情・輝き・生命力
12月 タンザイナイト(灰簾石) ・冷静・高貴・誇り高き人・神秘

 

あえて石言葉で選んで留めるのも素敵ですよ。

 

◆手彫り・ハンマーテクスチャーで独自性を

renriだからこそ施せる装飾なら、オリジナリティのある結婚指輪になります。

 

さまざまな装飾ができますが、その中でも特徴的な装飾は以下の2つです。

 

1.和彫り

2.ハンマーテクスチャー

 

まず、伝統工芸技法の一つである和彫りについて紹介します。

和彫りとは、鏨(たがね)と小槌(こづち)で手前側に深く彫る技法のことです。

 

硬い鏨の切れ味が際立ち、陰影がクッキリすることで地金が鋭く光ります。

和彫りは難易度が高い上に、失敗は許されないという手間のかかる装飾なので、和彫りができないお店も珍しくありません。

希少な技法で施した結婚指輪なら、スペシャル感のある結婚指輪になるでしょう。

 

続いて、ハンマーテクスチャーを見ていきます。

 

ハンマーテクスチャーとは、金槌で金属面を叩いて模様を付ける技法です。

renriでは4種類のハンマーテクスチャーをご用意しております。

 

模様 特徴
くさび(楔)模様 ・でこぼこが大きく力強く鋭い輝き
・エネルギッシュな印象
石目模様 ・石のザラザラとした質感
・つや消しにすると柔和な印象
槌目模様 ・最もポピュラーな模様
・叩いた面が大きく光が乱反射する
布目模様 ・麻の織り目のような筋模様でまろやかな輝き
・どちらかというと柔らかい印象

 

同じ金槌でも力加減や叩く回数によって違う模様になるので、同じ模様は二度と再現できません。

まさに、世界に一つだけの結婚指輪と言えるでしょう。

 

renriでは、素材や特徴的な装飾で他にはない結婚指輪を作れます。

 

5.誰とも被らない世界に一つだけの結婚指輪にするヒント

手作りやフルオーダーメイドで作るなら、「明らかにオリジナルだとわかる結婚指輪にしたいな」と希望される方もいらっしゃいます。

より「お二人だけ」というスペシャル感を求めるなら、以下の2つを参考にしましょう。

 

1.手書きメッセージを内側に

2.ダイヤモンド以外の天然石で差をつけて

 

取り入れたいアイディアがあれば、参考にしてください。

 

◆あなたの手書きメッセージを内側に

手書きの絵やメッセージをレーザー刻印すれば、誰とも被らない結婚指輪になります。

書いた方の字や絵の個性をそのまま生かして刻印するので、常にお相手を身近に感じられるでしょう。

 

お互いの指輪にメッセージを刻印しあって、完成したときにお相手からのメッセージを読むのもワクワクしますよ。

手書きにすれば、誰かと被ることなく温かみのある結婚指輪になります。

 

◆ダイヤモンド以外の天然石で差をつけて

アクセントが欲しいなら、ダイヤモンド以外の天然石を留めるのがおすすめです。

内側にシークレットストーンとして留める方法が人気ですが、目立つよう表に留めれば唯一無二の結婚指輪になります。

 

目立つのが苦手な方は、あえてインサイドに留めるのもおしゃれです。

留める場所やカラー天然石を選べば、印象もグッと変わるので天然石のセッティングも検討してみましょう。

 

まとめ

手作りやフルオーダーメイドなら、世界に一つの結婚指輪を制作できます。

手作りならご自身で形成したという達成感を得られるので、愛着も感じやすいでしょう。

 

フルオーダーメイドなら、プロのデザイナーと職人がお二人のご希望通りのデザインに仕上げるため、納得のいく結婚指輪を手に入れられるはずです。

 

renriなら、手作りでもフルオーダーメイドも、多くの素材と特徴的な装飾で、お二人らしい結婚指輪に仕上がります。

世界に一つだけの結婚指輪を制作するなら、ぜひrenriへお越しくださいませ。

 

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

おしゃれな結婚指輪ならオーダーメイド|失敗しない5つのポイント

「オーダーメイドするなら、おしゃれな結婚指輪にしたいな」とデザインに悩んでいませんか。

オーダーメイドで作れば、理想通りのおしゃれな結婚指輪を作れるでしょう。

 

しかし、「おしゃれ」に注目しすぎると、デザイン性や耐久性の問題で長く使えないかもしれません。

今回は、おしゃれな結婚指輪をオーダーメイドで作るポイントを5つご紹介。

 

テイストごとにおすすめなアイディアも紹介していくので、ぜひご参考にしてくださいね。

オーダーメイドで結婚指輪を作って、おしゃれなジュエリーと共に人生を歩みましょう。

 

目次

 

1.おしゃれな結婚指輪を手に入れるならオーダーメイド

おしゃれな結婚指輪を手に入れるなら、オーダーメイドをおすすめします。

なぜなら、オーダーメイドだとご自身のファッションやテイストに合った結婚指輪を作れるからです。

 

もちろん既製品の中から選ぶのも良いですが、オーダーメイドの方がより自分好みのおしゃれな結婚指輪作りができます。

 

その理由は、2つあります。

 

1.既製品にはない好きなデザインを追求できる

2.プロと相談しながら決めるので失敗しない

 

順を追って確認しましょう。

 

◆既製品にはない好きなデザインを追求できる

既製品にないデザインを追求できるのが、フルオーダーの強みです。

何かモチーフを指輪で表現したり、華やかなデザインで作ることができます。

 

既製品は、多くのカップルに選んでもらう必要があるため、万人受けしやすいデザインになりがちです。

しかし、フルオーダーはお二人のためだけに結婚指輪を作ります。

そのため、お二人の理想を結婚指輪に詰め込むことができるのです。

 

◆プロと相談しながら決めるので失敗しない

フルオーダーメイドはプロのデザイナーやジュエリー職人と相談しながら決定していくので、失敗することはほとんどありません。

 

デザイナーからは、長く身に着けるにあたってのアドバイスや、デザインと着け心地のバランスについて意見をもらえます。

 

また、職人とは本制作前にサンプル制作して着け心地やサイズ感について打ち合わせするので、納品してから「イメージと違う!」といったトラブルになりません。

 

お客様と完成イメージを共有してから、指の長さや手の大きさに合わせてミリ単位で調整していきます。

制作工程ごとに、専門のスタッフと意見を共有しながら進めるので、納得いく結婚指輪になるでしょう。

 

そのため、既製品だとピンと来なかった方でも、フルオーダーなら理想の結婚指輪を作れます。

 

2.オーダーメイドでおしゃれな結婚指輪を作るときの5つのポイント

「おしゃれな結婚指輪を作りたい」と思っていても、なかなか具体的なデザインが思い浮かばない方もいらっしゃるかもしれません。

おしゃれな結婚指輪にするために、以下の5つのポイントをおさえておきましょう。

 

1.似たようなライフスタイル・ファッションの人の結婚指輪を参考にする

2.手持ちのアイテムに合うデザインにする

3.フォーマルでもカジュアルでも使えると使いやすい

4.過去の作品を確認して好みのテイストを集めておく

5.長く使うことも考える

 

ぜひ、おしゃれな結婚指輪を作るためのヒントにしてくださいね。

 

◆似たようなライフスタイル・ファッションの人の結婚指輪を参考にする

まず、似たようなライフスタイル・ファッションの人の結婚指輪をチェックしましょう。

なぜなら、好みのファッションスタイルをしている人が身に着けている結婚指輪なら、あなたのファッションに合う可能性が高いからです。

 

参考にする人が身近にいない場合は、Instagramでご自身のファッションに近い人を探しましょう。

また、Instagramなどでモデルさんやスタイリストさんが身に着けている指輪を参考にするのもおすすめです。

ジュエリー使いも洗練されているので、参考になるでしょう。

 

◆手持ちのアイテムに合うデザインにする

 

手持ちのアイテムや洋服に馴染むデザインにすると結婚指輪をしたときにおしゃれに見えます。

なぜなら、普段使いしているアイテムと指輪の印象が近いと、それぞれのイメージがケンカすることなく馴染むからです。

 

たとえば、女性らしいOLスタイルなら、幅広リングよりも華奢なリングの方がマッチします。

逆にカジュアルなファッションが好きなのであれば、幅広でスタイリッシュなリングが似合うでしょう。

 

手持ちのアイテムとケンカしないようなデザインにすると、おしゃれに見えます。

 

◆フォーマルでもカジュアルでも使えると使いやすい

結婚指輪は多くの方が常に着けているものですから、親族が集まる場や冠婚葬祭でも浮かないデザインを考えましょう。

 

たとえば、天然石を敷き詰めたキラキラした結婚指輪をご希望なら、リングの手のひら側(半周)をプレーンにすると使いやすいです。

いざという時は、プレーンな面を手の甲側へまわせばシンプルな指輪に変身します。

 

フォーマルでも身に着けられるデザインだと、周囲の目を気にして外す必要はありません。

そのため、「外してポケットにしまったはずなのに無くしてしまった!」といったトラブルを避けられます。

 

◆過去の作品を確認して好みのテイストを集めておく

過去の制作事例をチェックして、好みのデザインを集めましょう。

なぜなら、気に入った作品を集めることで、好きと感じる共通項を見つけられるからです。

 

少なくとも10~20個程度の事例を見れば、お好きなテイストを掴めるでしょう。

renriの結婚指輪は、可憐なデザインからマニッシュまで幅広く制作しております。

 

制作事例」をご覧いただき、どんなテイストに惹かれるかぜひ確認してみてくださいね。

 

◆長く使うことも考える

年齢を重ねても使い続けられるデザインにしましょう。

というのも、あまりにも華奢なデザインだと耐久性の問題が出てきます。

 

リングの幅にも流行がありますが、現在の主流は以下の表の通りです。

 

男性 2.5mm幅
女性 2mm幅

 

現在は細身が好まれており、2mm以下のリングをご希望される方もいらっしゃるでしょう。

ただし、あまりにも細身の指輪だと耐久性に不安があります。

生涯身に着ける結婚指輪だからこそ、多少の衝撃を受けても問題のないデザインを考えましょう。

 

3.カジュアル派のオーダーメイドにおすすめ|結婚指輪のインスピレーション

おしゃれな結婚指輪にするポイントをチェックしたら、それぞれのテイストに合ったアイディアをチェックしていきましょう。

 

カジュアル派なら地金の質感にこだわると、ほどよくカジュアルダウンできます。

プラチナ以外の地金を使用するのも良いでしょう。

 

カジュアル派に合うアイディアは、以下の3つです。

 

1.ヘアライン仕上げで工業的なクールな印象

2.和紙のような柔らかい仕上げでカジュアルダウン

3.細かい輝きがおしゃれなサンドブラスト加工

 

取り入れられそうな案があれば、ご参考にしてみてください。

 

◆ヘアライン仕上げで工業的なクールな印象

とことん工業的な印象に仕上げると、カジュアルな結婚指輪になります。

工業的な質感を出すなら、ヘアライン仕上げがおすすめ。

 

ヘアライン仕上げとは、一定方向への研磨によってできた髪の毛ほど細く長い筋のことです。

金属の質感を際立たせ、シャープな雰囲気や高級感を感じさせます。

 

また、指輪の形を平打ちリングにすることで、エッジの効いた印象になるでしょう。

平打ちリングとは、全ての面が平面で構成されており角張っている形状のことです。

丸みを感じさせないので、工業的な印象を強調させます。

 

◆和紙のような柔らかい仕上げでカジュアルダウン

9mmと幅広で特徴的な結婚指輪です。

 

一見、「浮いてしまいそう」と思うかもしれませんが、黄色みがかったホワイトゴールドを使用しているため、肌に馴染みます。

 

また、金属なのにもかかわらず、和紙のような柔らかい質感の模様にすることによって、より馴染みやすくなっています。

 

特徴的なデザインでも、指馴染みの良い金属や模様を取り入れれば馴染みやすい指輪になるのです。

 

細かい輝きがおしゃれなサンドブラスト加工

石を留めなくても、細かな輝きになるのがサンドブラスト加工です。

サンドブラスト加工は、砂のような細かい粒子を強く吹き付けて、細かな凹凸を作ります。

 

細かな凹凸が光を反射することで、「輝いているのに、まろやかな色味」という独特のカラーに。

選ぶ地金によって、「温もりのある輝き」や「星のような輝き」と、与える印象も変わります。

 

自分のイメージに合わせた地金を選びましょう。

 

4.華やか派のオーダーメイドにおすすめ|結婚指輪のインスピレーション

ダイヤモンドやコンビカラーを取り入れると、華々しくなります。

プレーンな指輪と比べて、イレギュラーな輝きや色味になるので目に留まりやすいからです。

 

華やか派におすすめのアイディアは、以下の3つです。

 

1.一気に華やぐコンビカラー

2.レトロなのに鮮やかな手彫り

3.ダイヤモンドとコンビカラーのコラボならインパクト大

 

小粋な華やかさを求めている人におすすめのデザインばかりなので、写真と一緒に確認していきましょう。

 

◆一気に華やぐコンビカラー

 

プラチナとそれぞれ好みの地金を組み合わせた、コンビカラーデザインです。

一本の指輪に2色の色味が加わると彩りが増え、周囲の目を引きます。

 

プラチナは輝きを最大限楽しめるようつや仕上げに、組み合わせた地金をマットにすることで、対比が際立つ優美なリングになりました。

 

切り替え部分を立体的に削ったことで、動きのある結婚指輪になっています。

 

レトロなのに鮮やかな手彫り 

「華やかさは欲しいけどアンティーク感も欲しい」なら、手彫りがおすすめです。

月桂樹なら、トラディショナルな模様のためアンティーク感も得られます。

 

脇に見えるグリーンゴールドが、爽やかさをプラスしていますね。

 

つや仕上げをしているので爽やかな印象が強いですが、アンティーク感をプラスしたことによって経年変化も魅力の一つとなります。

 

◆ダイヤモンドとコンビカラーのコラボならインパクト大

女性の結婚指輪は、イエローゴールドを土台にダイヤモンド留めて、煌びやかに。

 

イエローゴールドの輝きとダイヤモンドの白い輝きがお互いを引き立たせています。

 

ラグジュアリーなのに親しみも感じられる理由は、プラチナのラインをプラスすることで、カジュアルダウンしているからです。

 

一方、男性は鈍い光を放つグレーゴールドでカット面があるものの、マット仕上げでよりクールな印象になりました。

 

男性にもラインをプラスしてメリハリを持たせつつ、お揃いにすることで夫婦としての証を込めました。

 

5.マニッシュ派におすすめのオーダーメイド|結婚指輪のインスピレーション

マニッシュなスタイルがお好みなら、ファッションリングのようなアクセントを結婚指輪に落とし込むと、ファッションとの親和性が高くなります。

 

エッジを効かせると、良いアクセントになるでしょう。

マニッシュ派のおすすめのアイディアは、以下の3つです。

 

1.同じ素材のギメルリング

2.印台リングをアレンジ

3.ミゾを入れて手彫りを目立たせて

 

どれもカッコイイので、好みのリングを見つけましょう。

 

◆同じ素材のギメルリング

ギメルリングは、2本のリングを組み合わせた指輪です。

 

ギメルリングの特性上、色味の違う地金を組み合わせることが多いですが、あえて同じ地金をチョイスすることで小粋な印象に。

 

同じ地金でも装飾を変更すれば複雑な形をアピールできるので、マニッシュ派におすすめです。

男性の指輪は、どちらもベースをマットにすることで落ち着いた印象になりました。

もし、きらめきを足すなら、1本のリングをつや仕上げにすることで地金の輝きを楽しめます。

 

◆印台リングをアレンジ

印台リングとは、指輪のトップ部分が平らになっている指輪のことです。

トップ部分の台座を大きく主張した形が一般的ですが、アーム幅を変更せずにアレンジすることもできます。

 

印台部分はつや消し、サイドは地金の輝きを生かす彫りを施すことで、コントラストが際立つ結婚指輪になりました。

男性の指輪はプレーンな形ですが、お揃いの彫りを半周だけ施したことで統一感が生まれています。

 

◆ミゾを入れて手彫りを目立たせて

装飾の切り替え部分にミゾを入れると、トップの手彫り模様が際立ちます。

 

女性の指輪にはダイヤモンドが留められていますが、あえて左に寄せているのがこだわりです。

ほんのり暖色なホワイトゴールドにすることで、肌馴染みの良い結婚指輪になります。

 

手彫りで丁寧に彫った模様は、控えめながらもしっかりと存在感を放っているのでおすすめです。

 

6.おしゃれな結婚指輪ならrenriのオーダーメイドをご検討ください


おしゃれな結婚指輪にするなら、renriのオーダーメイドをご検討ください。

今回ご紹介した結婚指輪以外にも、多くのデザインを手掛けております。

 

renriの強みは、以下の3つです。

 

1.キャリアを積んだデザイナーによるデッサン
2.鍛造製法でも精巧に美しく表現
3.試作リングで詳細を詰められるので安心

 

詳しく確認しましょう。

 

◆キャリアを積んだデザイナーによるデッサン

renriに在籍しているデザイナーは、ハイジュエリーで約10年間デザインやダイヤモンドの仕入れに携わってきました。

これまで培ってきた知識を最大限生かして、お客様の「理想の形」や言葉にしていない「好み」を紐解いていきます。

 

そのため、その場で手際よくデッサンしてご提案できるのが強みです。

お似合いになるテイストだけでなく、何十年と身に着けるジュエリーという観点からもプロの視点でアドバイスさせていただきます。

 

じっくり話を聞きながら手書きでデッサンしていきますので、ぼんやりしていたイメージが目の前で明確になるワクワク感を感じていただけると思います。

 

ダイヤモンドは、デザイナー選りすぐりの質感の高いものなので、トップクラスの輝きを放ちます。

 

◆鍛造製法でも精巧に美しく表現

 


renriの結婚指輪は、鍛造製法によって作られています。

鍛造製法とは、熱した金属を叩きながらリングの形に整えていく製法です。

 

丈夫なリングに仕上がる一方、精巧な形を苦手とするのが一般的ですが、renriなら精巧なデザインも形成できます。

武骨なイメージのある製法ですが、職人のハイレベルな技術によりスマートな結婚指輪になりますので、ご安心ください。

 

◆試作リングで詳細を詰められるので安心

オプションでシルバー素材の試作リングを制作いたします。

せっかくこだわって考えたのに、出来上がりが想像と違っていたら悲しいですよね。

 

完成品と全く変わらないシルバーの試作リングなら、着け心地や細部の変更を詰めることができるので安心です。

renriでは、試作リングで完成イメージを把握できますので、安心して納品までお待ちください。

 

まとめ

おしゃれな結婚指輪を手に入れるなら、オーダーメイドがおすすめです。

 

renriにはスキルのあるデザイナーと技術力のある職人が在籍しておりますので、お二人のファッションやご希望のイメージに合わせて制作いたします。

 

制作事例」では今回ご紹介したデザインの他にも、様々なデザインをご覧いただけます。

 

renriが作り出す結婚指輪の雰囲気を気に入っていただけましたら、気兼ねなくお問い合わせくださいませ。


おしゃれな結婚指輪を手に入れるなら、オーダーメイドがおすすめです。

 

renriにはスキルのあるデザイナーと技術力のある職人が在籍しておりますので、お二人のファッションやご希望のイメージに合わせて制作いたします。

制作事例では今回ご紹介したデザインの他にも、様々なデザインをご覧いただけます。

renriが作り出す結婚指輪の雰囲気を気に入っていただけましたら、気兼ねなくお問い合わせくださいませ。

 

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金