BLOG

スタッフブログ

1月の誕生石「ガーネット」の特徴・性質・宝石言葉まとめ

 

1月の誕生石「ガーネット」の性質・特徴

 

 

みなさんは「ガーネット」と言われて、何色を想い浮かべますか?

日本では「ザクロ石」とも呼ばれていることから、一般的にダークトーンの赤色が連想されるガーネット。

しかし、実はオレンジ・グリーンなど、40種類以上の色があると言われている宝石なんです。

 

桜色のシャンパンガーネット、マダガスカル・ベキリー地区でのみ産出される青色のベキブルーガーネットなどは特に稀少性が高く、非常に高値で取引されています。

 

そんな種類が豊富なガーネットですが、宝石のなかでも硬度が高く、小さいものは研磨剤として使用されることもあるんです。

宝石というと、どこか敷居が高いイメージがありますが、ガーネットは知らず知らずのうちに触れている方も多いかもしれませんね。

 

ガーネットの由来・意味

 

 

「種・種子」という意味のラテン語「ガラナイツ(Granatus)」から名づけられたと言われているガーネット。

かつてインドでは、生命力の象徴とされていました。

 

また、古代ヨーロッパでは「血の象徴」「旅のお守り」と考えられており、十字軍の戦士たちが守護石として身につけていたとも言われています。

 

そんなガーネットの宝石言葉は、「真実」「繁栄」「貞操」など、様々です。

 

ザクロの種子のように努力を実らせ、成功へと導いてくれると信じられている宝石なので、困難を乗り越えたいと考えている方、パワーが欲しいと感じている方は、ガーネットのジュエリーなどを購入してみてはいかがでしょうか。

 

ガーネットは結婚18周年目の代名詞

 

 

ここまでガーネットの特徴・由来などについて紹介していきましたが、ガーネットが結婚とも関係のある宝石だということをご存知でしたか?

日本では、結婚18年目のことを石榴(ガーネット)婚式と言い、ガーネットを使用した製品を送る風習があるんです。

 

何年たっても大切にしつづけていきたい結婚記念日。

これからのお互いの成功を祈り、ガーネットの贈り物をしてみてはいかがでしょうか。

 

以上、1月の誕生石の紹介でした。

 

1月生まれの方・結婚記念日が1月の方は、ぜひ指輪に取り入れてみてはいかがでしょうか。

結婚18周年目の贈り物として、ガーネット入りの指輪を制作するのもおすすめです。

「離れることのないふたり」をギメルリングで形にしてみませんか?

そもそも「ギメルリング」とは?

 

 

ギメルリングとは、複数のリングを重ね合わせることで、1本の指輪になるデザインのこと。

16~17世紀のヨーロッパで取り入れられ始めたデザインで、ラテン語で「双子」を意味する「ゲルメス」が語源となり、この名前がつけられました。

 

「離れることのないふたり」「結ばれたふたり」など、どんなときにも離れず永遠につながっている様子を表現していることからも、結婚指輪にぴったりのデザインと言われています。

 

ギメルリングの基本的な作り方

 

 

ギメルリングは指輪のもととなる2本の素材を重ねてねじり、1本の棒にするところから始まります。

ねじった部分が、指輪になったときに重なり合う部分になるんです。

 

その後、様々な複雑な工程を経て、指輪の形に成形されます。

デザインや素材によっても制作方法が変わるため、職人の経験と知識を持って作業を進める必要があります。

renriでは手作りのコースではご対応できないデザインですが、オーダーメイドですと制作可能です。

renriでつくられたギメルリングの指輪を紹介

 

 

2つの素材の両方とも、グリーンゴールドを使用したギメルリングです。

同じ素材を使用した指輪でも、片方につや消し加工を施すことで、グリーンゴールドをそのまま使用したのとでは異なる印象に。

指輪の内側にはシークレットストーンを埋め込んで仕上げています。

 

 

こちらも同じく、同じ素材を使用して制作したギメルリングです。

ホワイトゴールドの素材に鎚目模様を施すことで、どこかヴィンテージ感の漂う、おしゃれな指輪に仕上がりました。

 

 

ギメルリングならではの楽しみといえば、1つの指輪に2つの異なる素材を使用できるということ。

こちらは、プラチナ・ホワイトゴールドの組み合わせで制作された指輪です。

同じシルバー系のカラーでも明暗のコントラストが美しく、プラチナの輝きと、ホワイトゴールドのマットな質感が両方とも楽しめる素敵な指輪になりました。

 

 

オーダーメイドコースでご依頼いただいた指輪です。

シルバー系の素材と、カラー系の素材の2種を組み合わせることで、コントラストのはっきりとしたデザインに。

表面にはダイヤモンドを敷き詰めることで、より華やかな印象に仕上がりました。

 

 

renriで人気のオーダーメイドデザイン、「ギメルリング」のご紹介でした。

他では見られない特殊なデザインですので、一味違うデザインをご希望の場合は是非ご覧下さいませ。

3種類の12月誕生石「タンザナイト」「ターコイズ(トルコ石)」「ラピスラズリ」

 

タンザナイトの特徴・歴史

 

 

1967年にタンザニアで発見されたのが「タンザナイト」です。

正式名称は「ブルーゾイサイト」、和名では「黝簾石(ゆうれんせき)」と呼ばれます。

 

タンザニアの山々の上に広がる夜空の色合いに似ていたことから、「タンザニアの夜」にちなんでつけられたこの宝石名、実は命名者はあの有名なティファニー・アンド・カンパニーなんです。

 

タンザナイトは、見る角度によってブルーの濃さが異なる「多色性」という特徴を持ち、その輝きや色の移り変わりを表すかのように、「冷静」「高貴」「神秘」などの宝石言葉があてられています。

 

結婚24周年記念の宝石でもあるので、結婚記念のジュエリーにつけてプレゼントするのもおすすめです。

 

ターコイズ(トルコ石)の特徴・歴史

 

 

「ターコイズ」は、美しい青空のような色合いが特徴的な宝石です。

古代エジプト初期にはターコイズを使用した装飾品が多く使われていたことからも、人類が古くから採掘していた宝石ということがわかります。

 

ターコイズには「トルコ石」という和名がありますが、実はトルコで産出される宝石というわけではありません。

トルコ石という別名がついたのは、この宝石をトルコの商品がヨーロッパに持ち込んだことが由来しているんです。

 

そんなターコイズは、古くから身を護る石として信じられており、現代でも旅のお守りとして使用されています。

 

ラピスラズリの特徴・歴史

 

 

ラテン語で石を意味する「ラピス」と、アラビア語で青を意味する「ラズリ」の造語から名づけられた「ラピスラズリ」。

和名では「瑠璃(るり)」と呼ばれる宝石です。

 

実はこのラピスラズリ、世界で最初にパワーストーンとして認められた石とも言われているんです。

 

「天空を象徴する聖なる石」としてツタンカーメン王の棺の装飾としても多く使われていただけでなく、古代ローマでは、恋愛に絶大なパワーをもたらす石としても知られていました。

 

そんな神聖な宝石の1つであるラピスラズリですが、実は9月の誕生石として扱われることもあります。

これは、国によって年の始まりが異なり、誕生石の捉え方が異なることが原因であり、日本では12月の誕生石として考えられています。

 

以上、12月の誕生石の紹介でした。

12月生まれの方・結婚記念日が12月の方は、ぜひ指輪に取り入れてみてはいかがでしょうか。

【nibi】New Jewelry TOKYOでnibiブライダルラインの展示を行いました

 

 

New Jewelry TOKYOでジュエリーの展示を行いました

 

 

2019年11月29日~12月1日に青山・スパイラルで開催された、「New Jewelry TOKYO」にて、nibi初となるブライダルラインの展示と、今シーズンのアクセサリー販売を実施しました。

イベントでは国内外のジュエリーデザイナー・メーカーなど、約130組による展示・出典が行われ、様々なお客様にご来店いただきました。

足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

 

nibiのブライダルラインと指輪の制作について

 

 

今回のイベントでは、nibiのブライダルラインを初お披露目させていただきました。

nibiのブライダルラインも通常のアクセサリーラインと同様に、日本の言葉からインスピレーションを受け、デザインを作り出しています。

 

nibiのジュエリーを作るのは、ジュエリーデザイナー兼制作者である私たち夫婦。

 

デザインのアイデア出し~コンセプト決めを夫が行い、妻がデザイン画に落とし込み、再び夫がデザイン画から実際のジュエリーの制作を行うという、二人三脚で制作しています。コンセプトデザイナーとジュエリーデザイナーが異なるという点が、nibiならではの特徴です。

 

さらに、nibiではコンセプトを伝える際、絵に落とし込まずに”言葉”のみをデザイナーに伝えるようにしています。言葉だけをベースとすることで発想の幅が広がり、よりブラッシュアップされたデザインのジュエリーを作り上げることができるからです。

 

nibiブライダルラインのご紹介

●ツナグ

 

 

nibiのファーストモデルであるtsunaguを、ブライダル仕様にリモデルした「ツナグ」。

プラチナの棒を丸め、ゴールドでつなぎとめたシンプルながらも個性的なデザインが特徴です。

 

素材:Pt900×K18YG

アーム幅:約2㎜幅

価格:¥70,000~

 

●ヒョウリ

 

 

おふたりの指輪の内外の素材を反転させてつくられた、コンビカラーの指輪です。

パートナーが選んだ素材を指輪に組み入れることで、お互いのことをいつでも近くに感じることができます。

 

素材:K18YG、PG、WG、GRG、GYGより2種類選択可

アーム幅:約3㎜幅

価格:¥94,000~

 

アーム幅:約2.5㎜幅

価格:¥85,000~

 

アーム幅:約2㎜幅

価格:¥74,000~

 

●連理

 

 

故事より仲の良い夫婦を象徴した言葉である「連理の木」。

木目を重ねるその様子からインスピレーションを受けたワンポイントデザインが、指輪に施されています。

 

素材:Pt900 K18YG、PG、WG、GRG、GYGより選択可

アーム幅:約3㎜幅

価格:¥79,000~

 

アーム幅:約2.5㎜幅

価格:¥65,000~

 

nibiブライダルラインの購入について

nibiブライダルラインの指輪については、renriの店舗で購入できます。

納期はオーダーから1ヶ月ほどです。

結婚指輪の購入をお考えの方は、ぜひお気軽にご来店ください。

 

nibiの公式サイトはこちら

renriの看板猫「さく」と「みつき」のLINEスタンプができました!

 

renriの看板猫のLINEスタンプができました

 

 

この度、renriの看板猫「さく」と「みつき」の2匹をモチーフにした、LINEスタンプの販売を開始しました。

 

もふもふとした毛並みをしているのが「さく」、凛とした雰囲気の黒猫が「みつき」です。

同じマンチカン、同じ生年月日の2匹ですが、なんと性格は正反対なんです。

 

 

とても穏やかで、人懐っこいのがさく。

お客様がご来店されたときには自ら近付き、ご挨拶をすることもあります。

 

 

一方でみつきは、かなり人見知り。

ご来店されたお客様に、さくのようにご挨拶をしに行くことはほとんどありません。

ただ、1時間ほど同じ空間にいると慣れてきて、ソロソロと近付いてくることもあります。

 

LINEスタンプを作ることになったきっかけ

 

 

LINEスタンプを作ることになったきっかけは、「想い出として残るものがあるといいな」という考えからでした。

「renriから、指輪以外にお客様の手元に残るものを何か作れないだろうか」

「お客様との関係がこれからも長く続いていくように…」

そんな想いを込め、お客様から人気の看板猫をモチーフにしたスタンプを作成しました。

 

LINEスタンプの購入方法

 

 

renriのスタンプは、LINEアプリ内のスタンプショップから購入いただけます。

スタンプショップの検索窓に「アトリエの猫さん さくとみつき」もしくは「renri」と入力し、検索してください。

スタンプは、LINEポイント・LINEプリペイドカードのどちらでも購入いただけます。

画面キャプチャで購入方法を確認したい方は、LINEの「スタンプの買い方ガイド 」をチェックしてください。

 

renriとともに、LINEスタンプになった看板猫たちもよろしくお願いします!

 

 

renriのスタンプのなかには「りょうかいです」「いそぎます」など、使いやすいものをたくさんご用意しています。

パートナー・お友達・家族との日々のコミュニケーションに、ぜひ利用してみてください。

 

LINEスタンプのダウウンロードはこちら から実施いただけます。