BLOG

スタッフブログ

renri横浜から程近い歴史的名所「馬車道通り」の見どころをご紹介します!

横浜・日本大通りにあるrenri横浜アトリエの周辺は、横浜の中でも歴史ある建造物がたくさん立ち並ぶ地域。今回はその中でも「馬車道通り」について、ご紹介したいと思います。実際に行って見て来た様子のレポートです!

 

 

目次

 

 

「馬車道通り」とは?

renri横浜アトリエのある「日本大通り」と並んで作られた通りが「馬車道通り」です。JR関内駅近くの吉田橋〜東京藝術大学馬車道校舎のある本町通り交差点まで続く、全長500メートルあまりの通りになります。通り沿いにはたくさんの雰囲気ある建物が立ち並ぶ、横浜の中でも雰囲気ある場所の一つです。

 

 

馬車道通りの歴史・由来

江戸時代まで話は遡ります。徳川幕府が横浜村に開港場を開き、東海道と開港場を結ぶ道「横浜道」が作られました。その横浜道の入り口となる吉田橋に関門が設置され、関門の内側(海側)が関内、外側は関外と呼ばれるようになったそうです。関内駅の「関内」はここから来ていたんですね!現在の馬車道よりは倍くらい、約1kmの距離があったようです。しかし開港から7年後、1866年(慶応2年)の慶応の大火により関内地区の3分の2が焼けてしまいました。この大火をきっかけに町並みを再編・整備することになり、現在の馬車道通りが作られました。

開港場に直結していた馬車道は外国文化と接する玄関口だったため、馬車道通りには「日本初」といわれるものを見ることができます。当時の横浜は流行の最先端。東京からお金持ちが買物に来て繁盛し、高級料理店などが多く立ち並んでいたそうです。 現在でも「馬車道商店街」として、たくさんのお店が軒を連ねています。初めて馬車道通りを通った時は、東京にはない華やかさに驚きました!そして、外国文化の入口でもあった馬車道は、さまざまな物の「発祥の地」となっています。その一部をご紹介いたします。

 

・アイスクリーム
町田房蔵という方が馬車道で「アイスクリン」を販売したのが日本初とされています。当時はとても高価だったようで、庶民は手が出なかったそうです。

・近代街路樹
馬車道の各商店が、通り沿いに柳や松を植えたことが近代街路樹の先駆けとされているそうです。

・ガス灯
明治3年、高島嘉右衛門という方がガス会社を設立。明治5年に神奈川県庁付近〜馬車道〜本町通りまでのおよそ600メートルの通りに、ガス灯を設置したそうです。

・日刊新聞
明治3年、中区本町通りで日本初の日刊新聞「横浜毎日新聞」が創刊。

 

 

馬車道通りの見どころ

では、実際の馬車道通りを歩きながら見どころをご紹介いたします!鉄橋「吉田橋」から馬車道通りがスタート。現在は復刻されたものが架けられています。鉄の橋なんて、当時はめずらしかったでしょうね。

 

たくさんの商店が立ち並ぶ馬車道通り。吉田橋からすぐのところにある、いなり寿司店「泉平(いずへい)」さん。創業天保十年(1839年)、開港前から存在した超老舗店なんです!食べただけで歴史トリップした気持ちになれそうです…こちらのいなり寿司は細長い形状が特徴。海で働く人たちが持って食べやすいようにしたのが由来なんだそうです。

 

続いては「平和堂薬局」さん。こちらも1870年創業と、老舗のお店が続きます。アイスクリームを販売していたお店のひとつで、当時のアイスクリームをイメージして作られた「横濱馬車道あいす」を販売しています。

 

こちらは老舗洋品店「信濃屋」さん。慶応2年(1866年)創業、日本初の洋品店です。紳士服・婦人服の専門店としてオーダースーツや洋服の修理などを行っています。また、文明開化当時のドレスを再現し、レンタルするサービスがあるそうです。ご興味あるかたは是非!

 

続いては、横浜市市民文化会館「関内ホール」前に設置されたガス灯です。馬車道通りは日本で最初のガス灯が設置された場所なのですが、その当時のガス灯が復刻されており、最先端の通りだった面影が偲ばれます。東京からもたくさんの人が来ていたそうです。

 

 

続いては青いドームが印象的な「神奈川県立歴史博物館」です。神奈川県の文化と歴史を紹介する博物館。明治37年(1904年)に横浜正金銀行本店として建てられた旧館、博物館として開館する際に作られた新館から構成されています。旧館部分は国の重要文化財に指定されており、横浜にある古い歴史的価値のある建物のひとつです。なお、こちらから入れるのかと思ったら、裏側が正面玄関でしたのでお間違えなく。常設展では神奈川に古くから人が住んでいた様子を見ることができます。個人的には縄文時代のあたりが楽しかったです!

 

そして、馬車道通りの終わりにあるのが「東京藝術大学馬車道校舎(旧富士銀行横浜支店)」です。昭和4年(1929年)に安田銀行横浜支店として建設された、戦前期の銀行建築になります。現在は東京藝術大学映像研究科の校舎として使われています。こんな歴史ある建物が校舎だなんて、贅沢でうらやましいです!

 

馬車道商店街で食べ歩き

馬車道通りで買い込んだグルメを早速いただきました。おいなりさんは甘めの味付けですが、ご飯が酢と塩だけの味付けというのが特徴だそうで、おいしかったです!もなかはさっぱりとした甘さであっという間に食べてしまいました…ごちそうさまでした!

 

馬車道通りへのアクセス

みなとみらい線「馬車道駅」またはJR根岸線・京浜東北線「関内駅」下車になります。renri横浜アトリエからは歩いて5分程度、すぐ近くなので指輪づくりのあとに馬車道通りを散策するのもオススメです。異国情緒あふれる横浜の名所を見ることができますよ。ぜひ散策してみてくださいね!

 

手作りのご予約はこちら>>
ご相談・打ち合わせはこちら>>
WEB見積もりはこちら>>

 

遠方の方など、すぐにアトリエに来られない方のために、オンライン相談も承っております。

>>レンリのオンライン相談【おうちでデザイン相談】のご案内(別ページが開きます)

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

10月の誕生石、ピンクトルマリンにまつわるストーリー

ピンクトルマリンの石

10月の誕生石、トルマリン。以前のブログ記事「10月の誕生石「オパール」と「トルマリン」」ではトルマリン全般についてお話ししていますが、今回はrenriで誕生石として主に使われている「ピンクトルマリン」にまつわる様々なストーリーをご紹介したいと思います。

 

目次

 

ピンクトルマリンとは?

バイカラーのトルマリン

トルマリンはカラーバリエーションが豊富なことで有名なのですが、その中でもピンク系の色味を持つトルマリンのことを「ピンクトルマリン」と読んでいます。他にカラーバリエーションが豊富な石として、9月の誕生石の記事「9月の誕生石サファイアと、“サムシング・ブルー”の物語」でご紹介した「サファイア」がありますが、トルマリンはサファイアに比べて彩度(色の鮮やかさのこと)が低く、少しくすんだようなニュアンスカラーが特徴的です。トルマリンは日本人に好まれる石なのですが、このニュアンスのある色合いが和の雰囲気を持っていることも理由のひとつかもしれませんね。

また、トルマリンには上の写真のように「バイカラー」と呼ばれる、一つの石の中に二つの色が含まれるものも多く見られます。ピンクトルマリンとグリーントルマリンの二色が入った石は「ウォーターメロン・トルマリン」という別名を持っており、人気の石のひとつです。ウォーターメロン=すいか、なのですが、言葉以上にすいからしくポップで可愛いです!色の変わり方も半分ずつが色違いのものと、輪っか状に色が違うタイプがあります。石を見かける機会がありましたら、ぜひ探してみてくださいね。

 

ピンクトルマリンの石言葉・意味

トルマリンのカラーチャート

トルマリンの石言葉は、「希望」「無邪気」「友情」「寛大」「潔白」などがありますが、ピンクトルマリンは「愛の石」とも呼ばれるんだそうです。確かに、ピンクトルマリンのかわいらしく温かみのあるピンク色は、恋愛や愛情を連想させます。見ているだけで気持ちが柔らかくなる色なので、ふたりの絆を深めるお守りとして身に着けるのも良さそうです!

 

ピンクトルマリンを使った結婚指輪

結婚指輪にピンクトルマリンを使う場合、指輪の外側に留めるデザインと、指輪の内側にシークレットストーンとして留めるデザインがあります。上の画像は指輪の内側にお揃いで留めた例になります。指輪の内側に留める場合は、外からは見えないので男性でも着けやすく、ふたりだけの絆を表すデザインとして人気があります。お揃いで「愛の石」ピンクトルマリンを留めて、おふたりの愛のお守りとしてはいかがでしょうか?

 

ピンクトルマリンを使った婚約指輪

婚約指輪というとダイヤモンドをイメージする方が多いと思いますが、誕生石を留めたデザインも特別感があって素敵です。上の画像は結婚指輪ですが、指輪の表側にワンポイントとして留めることで婚約指輪の華やかな雰囲気も併せ持つ、特別な指輪が完成します!ピンクトルマリンの色合いに馴染むピンクゴールドが、石の色をより引き立てています。ピンクトルマリンの両側に留められたダイヤモンドがきらりと光る、可愛らしいデザインですね。ダイヤモンドなど、たくさんの石を使えばより華やかに、一粒だけピンクトルマリンを使うとファッション性の高い印象になります。デザインのアイデアは、ご希望に近い画像やスケッチなどをお持ちいただければ大丈夫です。具体的なイメージがない方でもご安心ください!経験豊富なrenri専属のデザイナーがおふたりの希望をお伺いし、過去の制作事例などをご覧いただきながらご提案させていただきます。

 

こんな方におすすめ

トルマリンのラフカット

いかがでしたか?
10月の誕生石の中でも、ピンクトルマリンについてご紹介してきましたが、ぜひこんな方におすすめいたします!

・想いを込めたデザインにしたい方
・かわいらしいデザインが好きな方
・お守りのような指輪にしたい方
・ふたりの絆をデザインで表現したい方

たくさんのカラーバリエーションがあるトルマリン。中でもピンクトルマリンは誕生石としての意味だけではなく、おふたりの愛を表現するのにぴったりの石です!店頭では実際の石をご覧いただきながら、デザイナーがおふたりだけの指輪作りのお手伝いをいたします。ぜひお気軽にご相談くださいね。お待ちしております。

 

手作りのご予約はこちら>>
ご相談・打ち合わせはこちら>>
WEB見積もりはこちら>>

 

過去の制作事例をこちらでご紹介しています。デザインの参考にどうぞ。

制作事例(誕生石)はこちら>>

 

遠方の方など、すぐにアトリエに来られない方のために、オンライン相談も承っております。

>>レンリのオンライン相談【おうちでデザイン相談】のご案内(別ページが開きます)

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

アトリエスタッフを募集します。

幸せなひと時をお客様と一緒に分かち合える、そんなアトリエを目指しています。

この度、renriでは4周年を目前に控え、アトリエを一緒に盛り上げてくれるスタッフを新たに募集いたします。

renriのアトリエは、2016年の11月にオープンしました。ジュエリーデザイナーと職人の夫婦が横浜の地で始めた小さなアトリエは、現在では3人のスタッフと2匹の看板猫がお手伝いをしてくれています。

オープンしてから、少しずつたくさんのご夫婦に知られるようになり、今では年間400組以上を超えるご夫婦の大切なご指輪作りをサポートしています。

そんな中、色々な企画や商品開発を行って、お客様へより素敵なサービスを提供できるように、スタッフを増員していこうと思います。

 

目次

 

renriが大切にしていること

 

renriは新たに夫婦となるふたりの為に、結婚指輪や婚約指輪をメインとしたジュエリーの制作・販売を行うアトリエです。

一般的に結婚指輪や、婚約指輪のお店のイメージはキラキラとした華やかな印象ですね。

ただrenriでは、そういった雰囲気が不慣れな方や、男性が緊張しないように心掛けております。

たくさんのアンティークの家具や観葉植物に囲まれた隠れ家カフェのような内装にすることで、落ち着いた印象のアトリエになっています。(これはオーナー夫婦の趣味も少なからず影響しておりますが、、、)

そのようなアトリエで、デザイナーと職人(と猫スタッフ)が、お客様をお迎えし、お打合せや指輪制作を行っています。

renriで大切にしていることは、指輪づくりを検討している二人が、緊張せず、お互いに意見を交わし、素直にデザイナーに希望を伝えてもらえるような空気感で、指輪づくりを行ってもらうことです。

完全予約制の個室でのご案内を前提としているので、カフェのような落ち着いた空間の中、ゆったりと検討していただいております。

「居心地が良すぎて時間を忘れて、ついつい長居してしまった 笑」とおっしゃる方もしばしば。

結婚指輪はジュエリーの中でも、最も日常生活に結びついているライフスタイルアイテムだとrenriは考えています。

これから永く寄り添っていく大切な指輪を、緊張したり時間に縛られるような環境ではなく、普段着のままのような自然な雰囲気の中で選んでいってもらいたいと思っています。

 

 

また、renriは業界としては珍しく、フルオーダーメイドと手作り(セルフメイド)の二つのコースをご用意し、お客様の希望に寄り添った指輪作りをご提案しています。

フルオーダーメイドとは、デザイナーがお客様の要望をカウンセリングし、その場でデザインを提案します。その後決定したデザインでサンプルリングなどを制作し、つけ心地やデザインなどを試してもらいます。イメージが固まったところで本制作を行い、完成した指輪をご納品する、デザイナーと職人が力を合わせてお客様のためにあつらえる本格的なオーダーメイドリングです。

 

 

手作り(セルフメイド)とは、デザイナーがお客様と打ち合わせし、決定したデザインを職人とお客様が一緒に形にしていくコースです。

初めて指輪を作るご夫婦を職人が丁寧にサポートしながら、指輪を完成させていきます。

完成した指輪を見て、涙を流す方もいるほどに、ものづくりが好きな方には想い出に残る体験ができるコースです。

デザインもシンプルなものから、オプション加工で装飾を加えるなどオーダーメイドと遜色ない仕上がりになるので、renriでも大人気です。

 

 

いずれのコースでも様々な選択肢から自分の好みに合わせて指輪作りができるようにと、たくさんの素材やオプション加工、既製品にはないようなデザインまで取り揃えているのがrenriの特徴です。

 

指輪の制作事例はこちらより>>

 

大きな企業のように、接客、開発、商品管理、制作などの部署が分割されているわけではなく、オーナー夫婦含め、みんなで様々な業務をシェアしています。既存のサンプルデザインについても、今はオーナー夫婦の好みがまだまだ出ていますが、少しずつお客様からのヒントや、スタッフの好みを参考にした新デザインも作っていこうと思います。

そんなアットホームなアトリエに、「素敵な空間で指輪作りがしたい」、「他にはないような特別なデザインがほしい」、「ゆっくりと丁寧にデザインの提案をしてもらいたい」と、毎月たくさんのご夫婦がいらっしゃいます。

 

renriでは、たくさんのお客様をご案内するためにスタッフを増員するのではなく、より良いサービスを提供できるようにするためにお手伝いしてくれる方を募集したいと思っています。

一般的な企業のようにこれからどんどん規模拡大をしていくようなことをあまり考えておらず、この小さなアトリエを、横浜の地で、しっかりと根を張り、強く、永く、いきづいていけるような場所にしたいと思っています。

 

「renri」の由来となった連理木のように。

 

 

スタッフに求めること

 

この度は、デザイナーと制作担当の職人を募集いたします。

それぞれに共通して求めたいことは、「幸せを感じながら業務に努めること」です。

renriにいらっしゃる方は、これから新たに夫婦となられるお二人がほとんどです。

そんな明るい未来に満ちたご夫婦に接することで、スタッフ自身も幸せな気持ちで日々を過ごしてもらいたいと思っております。

そしてそのご夫婦によりいっそう幸せな気持ちになってもらえるように、スタッフには丁寧なご案内や、しっかりとしたものづくりを常に心がけていってもらいます。

そうすることで、renriで指輪を作ったご夫婦、そしてスタッフ、互いに幸せな気持ちを共有できるようなアトリエにしたいと思っています。

 

なお具体的に職種によって求めることは以下の通りです。

 

 

●デザイナー

※現在、応募多数によりいったん募集は取りやめております。採用がなければ改めて募集を行います。

ジュエリーデザインについては未経験でもOKです。

何より必要なことは、丁寧なご対応ができることです。

renriでは、完全予約制となっているので、ご来店いただく方もほとんどが事前にrenriのことを調べていただいております。

ただ、やはり実物などを見ていただかないとわからないことも多いので、実際にご来店された際に不明なことやご相談についてスタッフがしっかりとお応えしていくことが必要です。

まずはしっかりとジュエリーの基礎知識や、デザイン画の描きかたなどを研修で学んでもらいます。

それからrenriのデザインのお見積りなどのシステムを理解してもらったうえで、実際にお客様の担当をしてもらうようになります。

renriは一般的なジュエリーショップとは違い、既定のデザインが存在しないオーダーメイドとなるので、選べる選択肢もほぼ無限大です。

そのため業務として効率的とはいえないし、スタッフが覚えることもたくさんあります。

実際にデザイナーとして担当できるようになるまで、場合によっては半年以上の研修が必要ですが、それも自信を持ってご案内できるようになるためには重要なことです。

デザインのご提案やお客様のご要望をくみ取り、それを形にできるようになっていくのはとても楽しいことでもあります。

 

そういった業務以外にも店舗運営として、完成品の梱包・発送、ブログなどの更新作業、撮影データの処理などの雑務も行っていただきます。一組一組のご夫婦の指輪作りを一貫してご案内できるようになっていってもらいます。

 

 

●制作職

 

制作を担当するスタッフは一定以上のジュエリー制作の経験を求めております。

renriでは、オーダーメイドではもちろんのこと、手作りのサポートなどや完成品の仕上がりについても本格的なプロの技術でのクオリティが必須となります。

少なくとも一年以上は実務経験があり、磨きや簡単な石留めを技術として習得していることが必要となります。

また、お預かりした指輪の仕上げの担当以外にも、手作りコースでのお客様のサポートも行ってもらうので、制作の技術だけでなくお客様と対面してのご案内も重要な業務です。

一般的なジュエリー職人の仕事は、工場などで一日中ひたすら指輪を作っていくことがほとんどです。

大きな企業ですと完全分業で、磨き作業だけを行ったり、石留め作業だけを延々とこなしていきます。

メーカーなどでは、個別にそれぞれの指輪を意識するというよりも、たくさんの注文の中のひとつでしかありません。効率化を考えるとそういったことが必要なのも理解はできるのですが、これから夫婦となる二人にとっては、一生に一度となる大切な指輪です。

renriでのものづくりでは、ひとつひとつに寄り添うことを心がけているので、職人も実際にお客様と接して、想いを込めて指輪を仕上げていってもらいたいと思っています。

また、既製品を作るのではないので、それぞれが違った形状や仕上げ方法の個性を持った指輪のデザインとなります。

テクスチャーの大小や、部分的につや消しにするなど、細かなディティールの違いの仕上げが行えるのも、職人としてはやりがいがあると思います。

技術としても奥が深く、いつまでも研鑽をできるのがrenriでのものづくりです。

 

 

 

どんなスタッフが働いているか

renriでは、オーナーであるデザイナーと職人の夫婦を、3名のスタッフがお手伝いをしてくれています。

現在はデザイナーとして1名、制作職として2名のスタッフがおり20代から30代前半の年齢層です。

そして2匹の看板猫を含めた、小さな規模のアトリエです。

 

スタッフのプロフィールはこちらより>>

 

制作職のスタッフは経験者ですが、デザイナーのスタッフはジュエリーについては未経験でした。

ただじっくりとジュエリーの知識とデザインの経験を学び、今ではたくさんのご夫婦の担当をしてもらっています。

制作職のスタッフも、以前のものづくりの環境では学べなかったこともたくさん吸収して、切磋琢磨しながらお手伝いをしてもらっています。

renriはスタッフ同士が良い関係で、互いに意見交換やコミュニケーションを行っていけるような風通しの良い職場環境を目指しています。

 

雇用条件など

renriのスタッフの雇用条件などは以下の通りです。

 

雇用形態・・・正社員

給与・・・経験・能力を考慮

待遇・福利厚生・・・賞与年2回程度、保険(健康保険、雇用保険)、厚生年金 等

勤務地・・・renri アトリエ

勤務時間・・・9時半~18時半 (休憩1時間) 週4日勤務(シフト)、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、有給休暇

 

※新卒不可 第二新卒可

※猫がアトリエにおりますので、猫アレルギーの方や動物が苦手な方はご遠慮ください

※デザイナー職は女性優先となります。

成長すること

renriでは、この小さなアトリエをスタッフのみなさんと一緒に成長させていきたいと思っています。

企業として大きくなっていくのではなく、一人一人のスタッフが集まり、成長し、renriのアトリエを形作っていけるように。

それぞれの個性を力にして、それぞれが働きやすく、そして自分を成長させることが、お客様にとってもより良いサービスを提供できることにつながると考えています。

そして成長することは、仕事以外での時間の過ごし方も必要だと思っています。

renriではワークライフバランスの観点から、基本的に週4日での勤務としております。

残りの3日休みのうち、1日は休み、1日は遊び、1日は学ぶ、といったイメージで充実した生活を送っていくことが、個々の成長につながると考えます。

当然、仕事の中での成長もあると思いますが、どうしても視野が限定されてしまいがちです。

仕事以外の時間に自分の興味のあることをしっかりと堪能し、その経験を仕事でもいずれ活かせることができるのが理想的だと考えます。

仕事とプライベートのバランスを大事にすることで、より充実した日々を送ってもらいたいと思います。

 

 

最後に

 

長い文章となりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

renriのアトリエスタッフ募集を希望される方は、問い合わせフォームより以下の必要項目を記入の上、ご連絡ください。

下記の流れで面接などを実施させていただきます。

 

〇記入項目

名前、年齢、性別、居住地(市区町村まででOK)、電話番号

 

〇流れ

①当アトリエにてメールの確認、返信

②履歴書など必要書類を送付いただく

③当アトリエにて面接実施 (制作職希望は実技試験も実施)

④合否の通知

 

お問合せフォームはこちらより>>

 

まずはご質問から、という方もお気軽にご連絡下さいませ。

 

それではご応募お待ちしております。

 


renri レンリ|結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

コンビカラーのデザインについて

色の違う金属を組み合わせたデザインは「コンビカラー」と呼ばれますが、renriでもさまざまな金属を組み合わせたコンビカラーの指輪をお作りいただけます。制作事例を元に、renriでお作りいただけるコンビカラーのデザインについて、ご紹介したいと思います!

 

目次

 

どんな金属の組み合わせがあるの?

renriでご用意している金属は6種類あります。左から、プラチナ・グレーゴールド・ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド・グリーンゴールドになります。左側の3本が白色系の金属、右の3本が色のはっきりした金属です。これらの金属を組み合わせて様々なデザイン表現をすることができるんです。一般的にはプラチナなど白い色の金属と、カラーゴールドを組み合わせたコンビカラーをおすすめすることが多いのですが、その理由は金属の色の違いがはっきりしているため、コンビカラーが引き立つからなんです。

反対に、プラチナとホワイトゴールドなど同系色の組み合わせは色の差は感じにくいですが、そのさりげなさが渋く大人のデザイン、という表現がぴったりです。それぞれお好みで選んでみてくださいね。

それぞれの金属の特徴については、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。
指輪の素材について>>(別ページが開きます)

では、実際の制作事例を元に、renriでお作りいただけるデザインの一例をご紹介いたします!

 

制作事例1・半周ずつ色を変えたデザイン

指輪の半分ずつを違う金属でお作りしたデザインです。ちょうどデザインが切り替わるのに合わせて、金属を変えています。左側がピンクゴールド、右側がプラチナの組み合わせです。色の違いがはっきりしているので、デザインがより引き立っていますね。もし同系色のコンビカラーでお作りになる場合は、表面をマット仕上げにすると色がよりはっきり見えるのでおすすめです。

 

制作事例2・指輪のふちをコンビカラーに

手作りの結婚指輪

指輪のふちをコンビカラーにしたデザイン例です。中央をプラチナ、ふちをカラーゴールドにしています。こちらの例のように、旦那様はイエローゴールド、奥様はピンクゴールドなど、おふたりそれぞれの雰囲気に合わせて色を変えても素敵ですね。このコンビカラーですと、指輪の内側もカラーゴールドになるので、さりげなくお洒落な雰囲気も楽しめます!こちらの例のように、ふちにミル打ちの装飾を入れると、コンビカラーの色合いが少し控えめな表情になります。プレーンに仕上げると指輪の両ふちにカラーゴールドがきらっと映える、華やかなデザインになりますよ。

 

制作事例3・内側と外側の金属を入れ替える

こちらは指輪の内側と外側で色を変えたコンビカラーなのですが、さらに旦那様と奥様で組み合わせを変えています。旦那様は外側にプラチナ、奥様は外側にピンクゴールドが見える組み合わせになっています。一見すると色違いのご結婚指輪ですが、内側の金属がそれぞれの外側の金属とお揃いという、おふたりだけが知っている大人のペア感あふれるデザインです。シンプルなデザインが好きだけれど、人とはちょっと違ったこだわりを込めたい方におすすめの組み合わせです。

 

 

番外編・ギメルリングのコンビカラー

オーダーメイドの結婚指輪
renriのデザインの中でも、パズルのような特殊な仕掛けのある「ギメルリング」。ギメルには双子という意味があるのですが、2本のリングが重なってひとつのリングになるデザインなんです。その2本のリングを、それぞれの色を変えてコンビカラーにするのも人気があります。また、1本をつや消し仕上げにしたり、奥様のリングにはダイヤモンドを散りばめるなど、華やかなアレンジが映えるデザインです。指輪の幅が太めなので存在感がありますが、デザインが幾何学的でシンプルなので人とかぶらない結婚指輪をお探しの方に、ぜひおすすめしたいデザインです!

 

こんな人におすすめ

コンビカラーのデザイン、いかがでしたか?

・シンプルなデザインにひとひねり加えたい
・さりげないペア感が欲しい
・色合いでデザインを表現したい
・カラフルなものが好き

こんな方にぴったりのコンビカラーデザイン。renriのアトリエには豊富なサンプルをご用意しております。実際の色味をお手にとってご覧いただきながら、専属のデザイナーがおふたりだけの指輪作りのお手伝いをいたします。ぜひお気軽にご相談くださいね。お待ちしております。

 

手作りのご予約はこちら>>
ご相談・打ち合わせはこちら>>
WEB見積もりはこちら>>

 

過去の制作事例をこちらでご紹介しています。デザインの参考にどうぞ。

制作事例(コンビカラー)はこちら>>

 

遠方の方など、すぐにアトリエに来られない方のために、オンライン相談も承っております。

>>レンリのオンライン相談【おうちでデザイン相談】のご案内(別ページが開きます)

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金