BLOG

スタッフブログ

9月の誕生石「サファイア」で一途な愛を

 

今回は9月の誕生石である「サファイア」のお話です。

別名「青玉」「蒼玉」と呼ばれており、一般的に透明・半透明のブルーの宝石として知られているサファイア。

「成功・誠実・慈愛・徳望」という意味があるだけでなく、一途な心の象徴とされていることもあり、婚約・結婚指輪に使用する宝石としてもとても人気があります。

 

サファイアの性質・特徴

 

サファイアはダイヤモンドに次ぐ硬度・希少性を持つ鉱物です。

カラーとしては透明・半透明のブルーが定番ですが、それ以外のカラーのサファイアも存在することをご存知でしたか?

 

「イエローサファイヤ」「ホワイトサファイヤ」「グリーンサファイア」など、実はサファイアと呼ばれる宝石には、様々なカラーのものがあるんです。

なかでも、光を当てたときに「星芒」と呼ばれる6方向への放射状の光の線が見えるサファイアは「スター・サファイア」と呼ばれ、特に価値が高いものとされています。

 

サファイアの由来・伝統

 

サファイアは、ラテン語で「青」を意味する「サフィルス(sapphirus)」という単語が語源です。

神秘的な輝きから、古くから宗教のシンボルとして親しまれてきたサファイアですが、特に古代ギリシャでは天の力が宿るとされ、枢機卿や司教の指輪にも使用されていました。

 

また、カトリックでは神の王国の輝かしい力を表しているとされていることから、聖母マリア象徴するものだと考えられています。

 

結婚式とサファイアの関係

 

ヨーロッパを中心とした海外で有名なジンクスとして、花嫁が身につけると幸せになれるといわれる「サムシングフォー(4つのアイテム)」というものがあります。

その「サムシングフォー」の中の1つにあたるのが、「サムシングブルー(何か青いもの)」。

幸せを呼ぶ色、花嫁の純潔・清らかさを表す色としても知られている色が青色なんです。

 

renriでは、サファイアをはじめとした宝石の石留め加工を承っております。

手作り指輪制作をご希望の方は、ぜひご検討ください。

凛とした表情が魅力のメビウスリング加工

メビウスリング加工とは?

 

指輪の表面ではなく、形状のデザインの1つとして人気なのが「メビウスリング加工」です。

ぐるりとねじったような形状から「ひねり」と呼ばれることもあります。

その名からも分かるように「メビウスの輪」をモチーフにしており、永遠に続く二人の絆をイメージさせてくれるこのデザイン。

シンプルな中にも存在感があり、芯の強さを感じさせてくれます。

 

renriで作られたメビウスリング加工の指輪を紹介

 

手作りコースで制作いただいたお二人のご結婚指輪です。

もともとツヤのあるプラチナ素材ですが、メビウスリング加工を施すことで光にあたる面積が増え、より輝きの一層美しい仕上がりになりました。

シンプルだからこそ永く着け続けられる、そんな素敵な指輪です。

 

 

メビウスリング加工の指輪に鎚目模様を加えることで、アンティークな仕上がりに。

renriでは、メビウスリング加工もお二人に作業していただきます。

ご自身の手で金属をぐにゃりと曲げる経験は、つい誰かに話したくなる珍しいものになるはずです!

 

 

メビウスリング加工のねじりを活かしたデザインもおすすめ。

こちらの指輪は、ねじりの外側には鎚目模様を、中央部分にはダイヤモンドを加えることで、華やかかつ個性的に仕上がっています。

メビウスデザインだからこそできる、こだわりのたっぷり詰まった指輪です。

 

 

こちらはメビウスリング加工とハンマーテクスチャを施した、シンプルながらも個性的な雰囲気の漂う指輪です。

ねじりの中央に宝石を組み込むことで、より一層存在感が際立ちます。

どんな服装やシーンにも合うデザインに、お二人だけの想い出と気持ちをのせた、素敵な指輪に仕上がりました。

 

 

同じメビウスデザインでも、素材を代えることで印象は変化します。

Men’sはピンクゴールド、Lady’sはグリーンゴールドと、お二人の雰囲気や肌に馴染みの良い素材を選んで制作いただきました。

どこか可愛らしさも感じられる、華やかな雰囲気が魅力的です。

“>

クラシカルな雰囲気の漂うミル打ち

ミル打ちとは?

 

婚約指輪・結婚指輪の人気デザインの1つとして、「ミル打ち」というものがあります。

ラテン語で「千の粒」を意味する「ミルグレーション」が語源の言葉で、指輪の枠に1つ1つの小さな玉模様を打ち込む加工方法のことを表しています。

玉模様が途切れずに続く様から「永遠・長寿・子孫繁栄」などの意味が込められているミル打ちは、まさに婚約指輪・結婚指輪にぴったりです。

 

ミル打ちが与える指輪の印象

 

指輪にミル打ちを施すことで、アンティークのような、クラシカルな印象に仕上がります。

派手になりすぎず、指輪にアクセントをつけることができるので、

「デザイン性は欲しいけれど、唐草模様のような手彫り加工はあまり好みではない」

「宝石を加えると華やかになりすぎる」

といった時にもおすすめです。

 

renriで作られたミル打ちの指輪を紹介

 

手作りコースで作成いただいたお二人の指輪です。

Lady’sはプラチナ、Men’sはホワイトゴールドとそれぞれお好みの素材を選んでいただき、制作を行いました。

シンプルな甲丸型のリングにダイヤモンドの石留を加え、さらにミル打ちを施すことで、よりクラシカルに。

お二人の想いとこだわりがたっぷりと詰まった結婚指輪に仕上がりました。

 

 

ゴールドカラーの中でも、グリーンゴールドという落ち着いた色味の素材を使用した結婚指輪です。

艶消し仕上げにミル打ちを加えることで、よりアンティークな雰囲気の指輪に仕上がりました。

キラキラとした印象のある指輪も、艶消し仕上げ・ミル打ちのような加工を加えることで、ガラッと雰囲気に変えることができます。

 

 

中央に施されたミル打ちが、シンプルな指輪の素敵なアクセントになっています。

Men’sはマットな質感でシックに、Lady’sの指輪にはダイヤモンドを留めることで、より華やか印象に仕上がりました。

内側には、お二人のご入籍日の誕生石とオリジナルの刻印が施されています。

まさしく世界にたった一つ、お二人だけの結婚指輪です。

 

 

唐草模様を手彫りとミル打ちで、存在感のあるオリジナリティあふれたデザインに仕上げられた指輪です。

似たようなデザインでも、使用する素材を変えることで印象がガラッと変わりますよね。

内側にはお互いの誕生石を留めています。

 

 

こちらも手作りコースで制作いただいたお二人の指輪です。

Lady’sの指輪はデザインのある形状に掘り出し、ダイヤモンドのまわりにミル打ちを施しています。

指輪のデザインにこだわりをたっぷりと詰め込むことができるのも、手作りだからこそ。

Men’sの指輪にはブラックダイヤを留めることで、シンプルでクールに仕上がりました。