fbpx

BLOG

スタッフブログ

カスタマイズの組み合わせで自分だけの結婚指輪に|装飾アイディア

「結婚指輪のカスタマイズってどんなことができるんだろう?」と気になっていませんか。

カスタマイズといっても、表面の仕上げから装飾まで多くの選択肢があります。

 

カスタマイズの掛け合わせでガラリと印象を変えられるので、組み合わせは無限大です。

今回は、カスタマイズの種類やrenriで実際に制作された結婚指輪をご紹介!

 

理想のデザインになるカスタマイズを見つけて、自分だけの結婚指輪を作りましょう。

 

目次

 

1.カスタマイズして自分だけの結婚指輪に

オリジナリティのある結婚指輪にするなら、カスタマイズをしましょう。

 

「結婚指輪はどれも同じに見える」と思っている方もいるかもしれません。

カスタマイズを掛け合わせたりすることで、唯一無二の結婚指輪に仕上がります。

 

華やかな装飾を加えれば、個性のある結婚指輪に。

さりげない装飾なら、大人のこだわりを感じさせる結婚指輪になるでしょう。

 

カスタマイズを施せば、世界で1つだけの結婚指輪の完成です。

 

2.印象を左右する結婚指輪のカスタマイズとは

同じデザインであっても、カスタマイズを加えるだけで大きく印象が変わります。

結婚指輪にできるカスタマイズは、以下の5つです。

 

1.地金

2.表面仕上げ

3.リング加工

4.手彫り

5.フォルム

 

自分らしい結婚指輪にするために必要なカスタマイズを見つけましょう。

 

◆地金で似合うカラーを

結婚指輪のベースとなる地金で自分に似合うカラーを探しましょう。

renriでは、6種類の地金をご用意しております。

 

種類 特徴
プラチナ ・青白い輝き
・日本で最も人気の素材
イエローゴールド ・暖色系の輝き
・アンティーク感を演出できる
ピンクゴールド ・赤味のあるゴールド
・可愛らしい印象
グリーンゴールド ・青味がかったゴールド
・軽やかな印象
ホワイトゴールド ・黄味がかった白さ

・肌馴染みが良い

グレーゴールド ・くすんだ白さ
・大人っぽい

 

地金によって印象が変わるので、クールならグレーゴールド、爽やかならグリーンゴールドと選べます。

イメージしやすいようにサンプルを用意しているので、実際に指にはめて理想の地金を選びましょう。

 

◆同じ素材でも表面仕上げで違う印象に

表面仕上げを変更すると、同じ地金・装飾でも印象の異なる結婚指輪に仕上がります。

renriでご用意している表面仕上げは、以下の3つです。

 

仕上げ方法 特徴 印象
鏡面
(つや有り)
・基本の仕上げ方法
・鏡のように風景が映り込む
・金属が持つ美しさを引き出す
・フォーマル
・光を反射するので華やか
ヘアライン・マット
(つや無し)
・マットの基本の仕上げ方法
・細い線が大量に入る
・金属本来の色味が出る
・クールで大人っぽい
・鈍い光り方なので肌になじむ
サンドブラスト ・柔らかい輝きのあるマット仕上げ
・細かなデコボコでつやを消す
・金属の印象を和らげる
・大人の甘さ
・落ち着いた輝きで肌になじむ

 

鏡面仕上げなら、新婚ならではのピカピカした輝きを楽しめます。

落ち着いた印象を与えたいなら、マット仕上げがおすすめです。

 

◆リングの加工で立体感を

動きのある結婚指輪にするなら、ストレート以外のリングの形を検討してみてください。

リングの加工の種類を以下の表で確認しましょう。

 

リングの種類 特徴
カーブ U字 緩やかなカーブで優しい雰囲気
V字 スタイリッシュに身に着けられる
S字 エレガントな雰囲気
メビウス 金属のねじれが躍動感を演出

 

カーブデザインは指をほっそりと長く見せられるので、特に女性から支持されています。

また、婚約指輪の重ねづけにも最適なデザインです。

 

個性的なデザインを求めている方なら、メビウスデザインをおすすめします。

 

◆手彫り装飾でデコラティブに

立体感のある結婚指輪にするなら、手彫りの装飾がおすすめ。

なぜなら、人の手で彫られた模様は躍動感のある結婚指輪になるからです。

 

renriでは、和彫りの技術を持った職人が心を込めて手彫りします。

和彫りの特徴は、手前に深く彫るので陰影のハッキリした存在感のある模様になることです。

 

華のあるデザインを求めているなら、手彫り装飾を検討しましょう。

 

◆フォルムの美しさを生かしてシンプルに

フォルムの美しさを生かすなら、引き算でデザインしていきましょう。

手元をスッキリとスタイリッシュに魅せるなら、シンプルな結婚指輪がおすすめです。

 

シンプルといっても、リングの幅や素材、仕上げの方法などでカスタマイズできます。

シンプルを極めたデザインなら、いつどんな場所でも着けたままでいられる万能な結婚指輪になるでしょう。

 

3.表面をカスタマイズする結婚指輪の紹介

実際にカスタマイズした結婚指輪を見てみたい方も多いと思います。

表面のカスタマイズにこだわった3つの結婚指輪を見ていきましょう。

 

1.ハンマーテクスチャーのつや消し

2.異なるつや消し

3.和彫りとヘアラインの組み合わせ

 

表面の仕上げによる表情の違いを確認しましょう。

 

◆ハンマーテクスチャーのつや消し

ハンマーテクスチャーをマットにした結婚指輪です。

ホワイトゴールドと鮮やかなグリーンゴールドを組み合わせていますが、マットにしているためシックに仕上がりました

 

ハンマーテクスチャーに鏡面仕上げを施すと、ランダムに光を反射するためポップな印象になります。

マットにすれば落ち着いた雰囲気になり、上品さを感じられる結婚指輪の完成です。

 

◆異なるつや消しで質感の違いを楽しむ

異なるテクスチャーの違いを楽しめる結婚指輪です。

 

ホワイトゴールドで中央にセンターラインという基本のデザインはお揃いですが、リングの形やテクスチャーはそれぞれ違います。

丸みのある女性のリングは、鏡面仕上げとサンドブラストの組み合わせです

平べったい直線的な男性のリングは、マットなハンマーテクスチャーとサンドブラストを組み合わせました。

 

1つの金属で、ここまで表情の違う結婚指輪になります。

 

◆伝統技法の和彫りとヘアラインでマットに

プラチナの結婚指輪を手彫りとマット加工で仕上げました。

 

リングを輪切りにしたときの断面が山形になるように削ったフォルムです。

表面の頂点を境目にヘアライン加工にしたことで、凛とした力強さを感じさせます。

もう半分を、糸を紡いだような幾重にも重なる線をイメージして彫りました。

 

フォルムや仕上げにこだわると、エッジの効いたスタイリッシュな結婚指輪になります。

 

4.アンティーク風のカスタマイズをした結婚指輪の紹介

人気のアンティークデザインのカスタマイズを3つ確認しましょう。

 

1.ミルグレイン

2.和彫り

3.ミルグレインと和彫りの組み合わせ

 

個性的なアンティーク調に仕上げるためのヒントを見ていきましょう。

 

◆ラテン語で「千の粒」を意味するミルグレイン

プラチナの結婚指輪にミルグレインを施しました。

 

ミルグレインとは、極小の球を連続で打刻していく伝統技法のことです。

「千の粒」という意味を持つことから、縁起の良い装飾だと言われています。

 

両サイドのミルグレインは端正な印象に、中央に施せばよりクラシカルに、と同じ装飾でも位置によって雰囲気を変えることは可能です。

青白い輝きのプラチナにミルグレインを打刻したことで、上品に仕上がりました。

 

◆古代ギリシア時代から伝わる伝統的な装飾を和彫りで

ホワイトゴールドとグリーンゴールドを組み合わせたリングの表面に唐草模様を彫りました。

 

唐草模様とは、複数の渦巻き模様を植物に見立てた柄のことです。

ギリシア神殿などに彫られた模様が原型でエジプトから各地に伝わったことから、ヨーロッパでは「アラベスク(アラビア)模様」と言われています。

 

唐草模様のモチーフとなる蔓草(つるくさ)は、生命力が強くどんな場所でも蔓を伸ばすことから「繁栄・長寿」の象徴です。

縁起の良い唐草を和彫りで施せば、力強く生命力のある模様になります。

 

彫り部分をマットにしたことで、アンティークの中にどこかエキゾチック感の漂う結婚指輪になりました。

 

◆ミルグレインと月桂樹の組み合わせ

昔ながらの装飾である、ミルグレインと月桂樹を施した結婚指輪です。

 

黄味がかった白さが特徴のホワイトゴールドを使用しているので、華のある装飾ですが浮くことはありません。

表面仕上げをマットにしているので、より肌なじみの良いリングに仕上がっています。

 

欧米のアンティークジュエリーのような結婚指輪になりました。

 

5.シンプルでスタイリッシュな結婚指輪のカスタマイズ

シンプルでも細部にこだわれば、印象的な結婚指輪になります。

スタイリッシュな結婚指輪のカスタマイズは、以下の3つです。

 

1.ダイヤモンド

2.ミニマムデザイン

3.ダイヤモンドとミニマムの組み合わせ

 

モードなデザインが好きな方や職場での制約がある方におすすめです。

 

◆ダイヤモンドの形やセッティング位置にこだわる

幅広のリングにダイヤモンドをセッティングした結婚指輪です。

 

男性のリング幅は4mm、女性のリング幅は2.5mmと大きめの幅をチョイスしています。

どちらもダイヤモンドを留めていますが、女性のリングには縦にメレダイヤを2つセッティング。

 

あえて縦に2つセッティングしたことにより、幅の広さを生かしたデザインになっています。

 

◆削ぎ落したミニマムなデザイン

とことん工業的な質感を追求したミニマムデザインの結婚指輪です。

ギリギリまで装飾をそぎ落としたことにより、ヘアライン仕上げの美しさが引き立ちます。

 

工業的な質感を追求しているのに、どこか温かみがあるのはイエローゴールドの色味によるものです。

あえて暖色系の金属を使うことにより、手作りの温かみも持ち合わせたクールな結婚指輪になりました。

 

◆無機質なデザインとダイヤモンドの組み合わせ

金属の硬い質感を生かしたデザインでダイヤモンドをアクセントにした結婚指輪です。

それぞれグレーゴールドとピンクゴールドを組み合わせています。

 

男性のリングはグレーゴールド、女性のリングはピンクゴールドを表面にし、それぞれ内側にお互いの表面の金属をしのばせています。

周囲には色違いのリングに見えますが、実は内側にお相手のカラーをしのばせている秘密のデザインです。

 

マットに仕上げたリングにダイヤモンドをセットすることで、金属と鉱石の質感の違いがわかる結婚指輪になりました。

 

6.細部までこだわる方向け│おすすめのカスタマイズのアイディア

細部までカスタマイズしたいという方に、以下のアイディアをご紹介します。

 

1.自身の手元に合うリング幅にする

2.刻印の内容で差をつける

3.カラーの天然石をアクセントにする

 

さりげない箇所にこだわりポイントをしのばせると、愛着のある結婚指輪になります。

 

◆自身の手元に合うリング幅にする

リング幅をカスタマイズして、ご自身の手元にぴったりな結婚指輪にしましょう。

 

幅の広さによってイメージや着け心地が大きく変わります。

数ミリ単位の違いですが、じっくり検討したい内容なので以下の表で特徴を確認しましょう。

 

幅の広さ 特徴
2mm以下 ・アクセサリー感覚で身に着けられる
・強度面で厚みを持たせるなどの工夫が必要
2mm ・繊細なイメージ
・華奢な方におすすめ
・装飾によって施せない場合もあるので注意
2.5mm ・男女問わず人気
・十分な強度があるので永く使える
・装飾もほぼ制限はない
3mm ・存在感が出てくる

・14号以上や指の長い方に人気

3.5mm ・かなりのボリューム
・外国人に人気の幅
・重量も出てくるので装着感のある着け心地
4mm以上 ・幅の面積が大きいのでデザインにこだわりのある方に人気
・装着時の接地面積が大きいので窮屈に感じることも
・1号サイズアップすると着け心地が良くなる

 

手元の雰囲気や全体的なバランスも含めて、検討しましょう。

 

◆刻印の内容で差をつける

内側に刻印する内容でオリジナリティを演出しましょう。

たとえば、四字熟語をそれぞれ2語ずつ刻印するのはいかがでしょうか。

 

四字熟語 意味
天覆地載
(てんぷうちさい)
・広くて大きい人徳、慈愛の心のこと
・あらゆるものを受け入れるという意味
愛屋及烏
(あいおくきゅうう)
・溺愛、盲目的に愛していること
・愛するあまり全てのものが愛おしいという意味
一蓮托生
(いちれんたくしょう)
・最後まで運命を共にすること
・結果の良し悪し関係なく仲間として行動するという意味

 

2つの結婚指輪で愛を意味する四字熟語が完成するので、結束力のある結婚指輪になるでしょう。

また、日本語・英語以外の言語で愛の言葉を刻むのもロマンチックです。

 

言語 言葉 意味
イタリア語 Ti amo 愛してる
Cara 愛しい人
Tu e io あなたと私
スペイン語 Dos en uno 2人でひとつ
Amame siempre 永遠に私を愛して
Amado 最愛の人

 

お二人でカスタマイズした言葉を刻印して、誰とも被らない結婚指輪にしましょう。

 

◆カラーの天然石をアクセントにする

目を惹くカスタマイズを施すなら、カラー天然石をセッティングしましょう。

結婚指輪にセッティングする宝石といえば、白い輝きのダイヤモンドが定番です。

 

しかし、あえて色のある天然石をセッティングすることで、目を惹くアクセントとなります。

「表にカラー天然石があると落ち着かなそう」という方は内側に留めて、シークレットストーンにしましょう。

 

指輪を外したときだけ見える宝石もロマンチックです。

 

まとめ

結婚指輪をカスタマイズする方法は、無限大です。

組み合わせ次第で、表情の異なる結婚指輪に仕上がります。

 

カスタマイズは目に見える箇所だけでなく見えない場所までこだわると、いっそう特別感のある結婚指輪になるはずです。

お二人にぴったりなカスタマイズを見つけて、お気に入りの結婚指輪を作りましょう。

 

 

 

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

特注でおふたりだけの特別な結婚指輪に|成功するコツも紹介 

「結婚指輪を特注して、特別なジュエリーを作りたい」とお考えですね。

既製品だとピッタリなサイズを見つけられない方や、デザインに納得いかない方もいらっしゃるでしょう。

 

特注すれば、サイズやデザインがご自身の手元にピッタリ合う、一点ものができあがります。

 

今回は、結婚指輪を特注で作るときに知っておきたいことや、おすすめのデザインを紹介いたします。

結婚指輪を特注して、思い入れのあるジュエリーと共に新たな人生を歩みましょう。

 

目次

 

 

1.特注の結婚指輪とは

特注とは、注文時に指定や条件を加えてオリジナル作品を作ることです。

お客さまの好みに合わせて細部までこだわれるため、特別感のある結婚指輪に仕上がります。

 

結婚指輪を指定や条件を加えて作る方法は、以下の2つです。

 

●フルオーダー・・・素材から仕上げまで全て自由

●セミオーダー・・・お店で決められた範囲の中から選択

 

2.結婚指輪を特注で作る良さとは

結婚指輪を特注で作る最大のメリットは、全てお客さま仕様にできることです。

お客さまのためだけに制作するので、正真正銘のオリジナル結婚指輪になります。

 

他に結婚指輪を特注で作る良さは、以下の3つです。

 

1.既製品では叶わないデザインを実現

2.サイズがぴったり

3.2人で構想を練る特別感

 

ひとつずつ見ていけば、特注の良さをおわかりいただけると思います。

 

◆既製品では叶わないデザインを実現

特注だと、既製品では叶わないデザインを実現できます。

なぜなら、何もない状態からデザイナーと相談してデザインを決めるからです。

 

ご自身でデザインを決めるので、「自分らしさ」が至るところに感じられる結婚指輪になるでしょう。

 

また、「仕事に支障が出るのでシンプル一択」と考えている方でもおふたりらしいアイディアを盛り込むことで既製品と差別化できます。

たとえば指輪の半周だけ凝った装飾にした場合、指輪を回転させればシンプルなほうの面を見せることができます。

 

お客さまのライフスタイルに応じて柔軟にデザインできる点が魅力です。

 

◆サイズがぴったり

特注でオーダーすれば、既製品ではご用意のないサイズでもお作りできます。

 

華奢な方だと、海外ブランドの指輪にサイズがないことも少なくありません。

既存サイズのお直しで対応してもらえることもありますが、装飾が綺麗に表に出ないこともあり得ます。

 

特注なら、最初からお客さまのサイズに合わせてお作りいたしますので、美しいデザインのまま指にはめられます。

 

◆2人で構想を練る特別感

自由度の高い特注なら、おふたりでデザイン案を練る時間も多くなります。

 

悩んで相談して、また悩んで…

そうやって悩んだ時間もまた、結婚指輪を見るたびに思い出すことでしょう。

 

「結婚指輪をいっしょに作った」という特別なひとときは、きっとかかけがえのない思い出となります。

歳を重ねても「君はずっとリングの形をカーブかストレートにするかで悩んでいたよね」なんて、おふたりの間で話題になるでしょう

 

3.特注の結婚指輪を作る前に知っておきたいこと

結婚指輪を特注で作る前に知っておきたいことをチェックしましょう。

 

既製品とは違うプロセスなので、知らないと入籍スケジュールに支障がでるかもしれません。

特注で結婚指輪を作る前に知っておくべきポイントは、以下の2つです。

 

1.完成までに必要な期間

2.選ぶ項目によって変動する料金

 

どちらも重要な項目なので、じっくり見ておきましょう。

 

◆完成までに必要な期間

特注の結婚指輪は、約3ヶ月で完成します。

完成までの流れは、以下の通りです。

 

1.お打ち合わせ

2.本制作

3.完成

 

入念なお打ち合わせをした後は、本制作へ取り掛かります。

 

「急遽結婚式を挙げることになったので、それまでに間に合わせてほしい」など、お急ぎの場合は事前にご相談ください。

できる限り対応させていただきます。

 

◆選ぶ項目によって変動する料金

特注品ですので、選択した内容によって金額は変わります。

主に変動要因となる項目は、以下の3つです。

 

1.地金の種類

2.天然石のセッティング

3.地金の装飾

 

renriでは、お打ち合わせ時にご予算を伺ってからデザインを練るのでご安心ください。

そのため、料金の心配をせずデザイン決めに専念できます。

 

4.特注で作られた結婚指輪の事例でイメージを膨らませて

「特注でどんな結婚指輪ができるの?」と実際のデザインが気になる方も多いと思います。

renriで人気の装飾を施した5つのデザインをチェックしましょう。

 

1.手彫りをアクセントに

2.人気のウェーブを自分らしく

3.サイドのフチを異なる色味に

4.こだわりのアンティークデザイン

5.希望を忠実に反映させて

 

上品なものから個性的なものまで幅広くお作りしております。

 

◆手彫りをアクセントに

手彫りをアクセントにした結婚指輪です。

 

「手彫り」と聞くと、唐草模様や花柄などを連想されるかもしれません。

画像のように線を重ねたような規則性のある彫りは何年経っても飽きることのないデザインです。

 

丁寧に彫った柄は、静かに光を乱反射します。

 

◆人気のウェーブを自分らしく

指が細く、長く見えると人気のウェーブリングをおふたりらしくアレンジした結婚指輪です。

リングの中央にリボンをひねったようなデザインを取り込むことで、立体感のあるリングになりました。

 

ダイヤモンドの大きさを変えながら並べることで、波のような動きを際立たせています。

鏡面仕上げにすることで、ピンクゴールドとプラチナの色味の違いもハッキリしたデザインに。

 

◆サイドのフチを異なる色味に

外側と内側でそれぞれ金属の種類の異なるコンビカラーデザインです。

外側はプラチナ、内側はピンクゴールドを配置し、プラチナのフチを削ることでピンクゴールドを露出させています。

 

お揃い感を出すために同じ素材・構成ですが、仕上げはそれぞれのお好みに合わせて。

マットにすれば落ち着いた印象に、鏡面仕上げにすれば明るい印象になります。

 

◆こだわりのアンティークデザイン

「結婚指輪らしくない」ことをちょっぴり意識した結婚指輪です。

それぞれ素材は同じグリーンゴールドに月桂樹模様ですが、ベースとなるリングのフォルムが違います。

 

よりアンティーク感のある印台リングと、ストレートのリングです。

印台リングの由来は、ヨーロッパで自らの出自を表す紋章をリングに印したことがきっかけ。

 

フォルムを印台リングにすることで、より欧風なアンティークの結婚指輪になりました。

 

◆希望を忠実に反映させて

おふたりの「好き」を忠実に再現した結婚指輪です。

結婚指輪だからといって、同じデザインにする必要はありません。

 

全く違うデザインでも、それぞれに一本のラインを施すことで統一感を持たせました。

特注なら、おふたりの好みを取り入れられますので、どちらかが折れることなく満足度の高い結婚指輪になるでしょう。

 

5.特注の結婚指輪|打ち合わせ前に決めておきたい項目

 打ち合わせ前におふたりで希望をまとめておくと、より理想の結婚指輪に近づけられます。

事前にすり合わせておくことで、お打ち合わせ時に要望を漏れなく伝えられるからです。

 

思い描いた形を実現するために、以下の3つのことを事前にまとめておきましょう。

 

1.予算・希望する納期

2.使用環境や職場の空気感・いつもの服装

3.着け心地に関しての要望

4.お好きな結婚指輪の雰囲気・苦手なデザイン

 

それぞれ確認しましょう。

 

◆予算・希望する納期

打ち合わせ前に予算・希望納期をおふたりですり合わせておきましょう。

予算を先に伝えておけば、予算を超えるデザインになることを最初から避けられます。

 

これらの情報は最初に伝えておかないと、後々にデザイン面で支障が出てくるかもしれません。

「渾身のデザインが完成」と喜んだものの、最終見積もりの段階で予算が足らずに諦めるのは、想像以上に辛いものです。

 

おふたりで決めた予算と納期をお伝えいただければ、ご希望にあわせたデザインやスケジュールをご提案いたします。

 

◆使用環境や職場の空気感・いつもの服装

以下の内容をデザイナーにお伝えいただければ、的確なご提案をさせていただきます。

 

●身に着ける頻度

●職場の雰囲気

●普段の服装

●お好きな雰囲気

 

「家にいるときは結婚指輪を外したい」と考えている方と「もう一生外すつもりはない」と考えている方では、違うデザインをご提案させていただきます。

また、職業によって、華やかなデザインはNGの方や比較的オフィスコードの緩い方もいらっしゃると思います。

 

おふたりの日常に馴染むデザインを提案いたしますので、平日の様子や休日の過ごし方など、たくさん教えていただけると幸いです。

 

◆つけ心地に関しての要望

一生お付き合いするジュエリーですので、結婚指輪のつけ心地は重要です。

以下のポイントを意識すると、つけ心地の良い結婚指輪になるでしょう。

 

●季節や体調によって浮腫む

●これまで指輪をつけたことがない

 

浮腫みやすい体質の方は、ピッタリサイズだときついと感じることがあるかもしれません。

体質にもよりますが、1サイズ上げておくと快適に過ごせるでしょう。

 

これまで指輪をつけたことのない方は、指に当たる面を丸くすることで違和感なく身につけていただけるかと思います。

リングの幅が広くなると、フィットするサイズでもきついと感じられる方が多いので、幅広リングにする場合は慎重にサイズを決めましょう。

 

◆お好きな結婚指輪の雰囲気・苦手なデザイン

お好きな結婚指輪の雰囲気や苦手なデザインがあれば、お伝えください。

 

例を挙げるなら、美容院でカットするときに美容師さんに希望の髪型を写真で見せながら相談する方もいらっしゃると思います。

美容師さんに相談するイメージで、好みや苦手を共有いただければ幸いです。

 

「いいな」と思ったデザインの雰囲気がそれぞれ違っても問題ありません。

共有していただいたデザインの共通点やポイントを汲み取って、デザインのご提案をさせていただきます。

 

6.特注でお気に入りの結婚指輪を作るコツ

自由度の高い特注でお気に入りの結婚指輪を作るには、「自分らしさ」が大切です。

とはいっても、仕事やライフスタイルの関係で大々的に「自分らしさ」を表現するのは難しい方もいらっしゃるでしょう。

 

さりげなくお気に入りの結婚指輪を作るコツは、以下の3つです。

 

1.お互いにご自身の好みを貫く

2.おふたりだけの模様やメッセージを刻印

3.誕生石や入籍月の石を内側に

 

コツを取り入れて、自分らしさを表現しましょう。

 

◆お互いにご自身の好みを貫く

ペア感のある結婚指輪も素敵ですが、おふたりの好みが全然違うなら、お互いを尊重するのも夫婦の愛の形です。

おしゃれが好きなおふたりだと、結婚指輪への思い入れやこだわりも大きいでしょう。

 

それぞれ好きなデザインにすれば、自立した夫婦の証になってカッコいいですよ。

あえて別々のデザインに振り切ってしまえるのは、特注だからこそ。

 

ペア感が欲しいなら、装飾の一部をお揃いにするか内側の見えない部分をお揃いにしましょう。

 

◆おふたりだけの模様やメッセージを刻印

おふたりだけのオリジナルの模様やメッセージを刻印すれば、おふたりらしさを演出できます。

以下のアイディアを参考にしましょう。

 

・それぞれの星座のマーク

・お互いを動物に例えて手描きした絵

・共通の趣味の楽器やスポーツ

・好きな歌手の歌詞

 

オリジナリティのある刻印をすれば、「ふたりだけ」の特別感を味わえるのでおすすめです。

renriなら手描きの絵や文字も刻印できますので、ぬくもりのある結婚指輪になります。

 

◆誕生石や入籍月の石を内側に

誕生石や入籍の月にまつわるカラー天然石を内側にセットするのもロマンチックです。

それぞれの誕生石に石言葉があるので、石言葉から選んだカラー天然石をセットしてみてはいかがでしょうか。

 

「内側に石をセッティングして肌に当たらない?」と心配される方もいるかもしれません。

実際にはめてみると、セットされていることに気付かないくらい滑らかなので、ご安心ください。

 

意味を込めたカラー天然石を内側にセッティングすれば、誰にもわからないおふたりだけの秘密になります。

 

まとめ

 

特注なら、既製品でサイズが無い方でもぴったりの結婚指輪を手に入れられます。

細部までこだわりを詰め込めるので、一生もののジュエリーになるでしょう。

 

「お店で既製品を見て回ったけど、全て同じに見える」と感じている方でも、きっと満足いただける結婚指輪になると思います。

renriなら、シンプルから個性的なデザインまで幅広く対応可能です。

 

質問など気になる点がある場合は、お気軽に「お問い合わせ」からご連絡ください。

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

 

 

結婚指輪をオーダーメイドするといくら |値段決定のポイントと 額になる理由

「結婚指輪をオーダーメイドしたら値段はいくらになるんだろう?」と気になっていませんか。

オーダーメイドの結婚指輪の値段は、大きく3つの項目で決まります。

 

項目ごとの値付け基準がわかれば、予算内で心躍るデザインを考えられるはずです。

 

今回は、オーダーメイドの結婚指輪の平均価格と値段が決まる仕組みを詳しく解説します。

値段が決まる仕組みを把握して、オーダーメイドで理想の結婚指輪を作りましょう。

 

目次

 

1.結婚指輪のオーダーメイドの値段は平均28.7万円

ゼクシイトレンド調査2020によると、結婚指輪をオーダーメイド(フルオーダー)したときの平均価格は、夫婦2人で28.7万円でした。

以下の表に、既製品・セミオーダーの平均価格と一緒にまとめたので、比較しながら見ていきましょう。

 

購入方法 平均価格
フルオーダー 28.7万円
セミオーダー 25.4万円
既製品 28.0万円

 

最もリーズナブルな方法は、お店で定められた選択肢の中から選ぶセミオーダーでした。 

想定されるデザインが決まっているので低コストで済みます。

 

一方、セミオーダーよりも既製品が高額な理由は、以下の2点です。

 

  1. チェーン店の店舗維持費・販促費などのコスト
  2. 高価格帯ブランドでの購入による価格上昇

 

フルオーダーだと3つの購入方法のうち最も高額になってしまいますが、既製品との平均価格差は約7千円です。

「フルオーダーは高額」と認識している方も多いと思いますが、平均価格は既製品と大きく変わりません。

とはいっても、「値段がわかりづらいのがネック」というお声も。

 

次の章で、値段決定のポイントを見ていきましょう。

 

2.結婚指輪をオーダーメイドしたときの値段はどのように決まる?

オーダーメイドの料金は、必ずかかる費用(固定)と選択によって変わる費用(変動)で構成されています。

renriだと、価格を決定するポイントは以下の3つです。

 

1.製作費(固定)

2.材料費(変動)

3.装飾費(変動)

 

値段を大きく左右するポイントもあるので、しっかりチェックしましょう。

 

◆どの結婚指輪にも必要となる製作費

結婚指輪をオーダーメイドするなら、必須となる費用が製作費です。

製作費には、以下の項目が含まれます。

 

平打ちや甲丸など基礎となる型の形成費

・鏡面やマット仕上げなどの加工賃

 

製作費は1本ごとに22,000円かかり、夫婦お二人だと44,000円です。

この製作費は、結婚指輪を作る際の基本的な費用のため必ず発生します。

 

◆使用する貴金属などの材料費

結婚指輪を制作するにあたって、材料費がかかります。

必須の材料費は、地金となる貴金属やセッティングする宝石の費用です。

 

地金の費用は、グラムあたりの価格を設定しています。

 

種類 1gあたりの値段(参考価格)
プラチナ 13,200円
カラーゴールド
(イエロー・ピンク・グリーン)
14,300円
ホワイトゴールド 16,500円
グレーゴールド 19,800円

 

ゴールドやプラチナの価格は、相場によって常に変動しています。

価格が大きく動いた場合には上記の参考価格と異なりますので、ご了承ください。

 

また、ダイヤモンドやその他の天然石を施すなら、石代も材料費として必要です。

 

石の種類 1粒あたりの値段
ダイヤモンド 3,300円~
色付き天然石 2,200円~

 

◆装飾ごとの費用

ひとつの装飾を施すごとに加工費が追加されます。

 

<リングの形の加工>

カーブ加工 5,500円
メビウスリング加工 5,500円
コンビカラー加工 16,500円~

 

<装飾加工>

ミル打ち 8,800円~
和彫り 5,500円~
ハンマーテクスチャー(鎚目模様) 無料
レーザー刻印 5,500円~

 

<石留加工費>

ワンポイント留め 5,500円
エタニティタイプ 3300円×個数(10石以上の場合)

 

3.オーダーメイドの結婚指輪デザイン|値段の参考に

「完成品とその値段を見て参考にしたい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ここからはrenriのオーダーメイドで人気がある、3つのデザインの参考価格を確認しましょう。

 

1.和彫り

2.ギメルリング

3.ハーフエタニティ

 

作品例を見て、値段のイメージを掴んでくださいね。

 

◆プラチナとイエローゴールドをベースに和彫り

renriで人気の月桂樹を和彫りで施しました。

アンティークジュエリーのような懐かしさを覚えるデザインです。

トラディショナルな柄のため、いつの時代でも身に着けられます。

 

素材・リング幅 価格
男性 プラチナ900・3mm幅 138,000円
女性 K18イエローゴールド・2.5mm幅 103,000円

 

◆合計3種類の地金で作るギメルリング

中世ヨーロッパの時代から結婚指輪として親しまれているデザインです。

2本のリングで1本の結婚指輪となります。

 

既製品ではなかなか見かけることの少ない形だからこそ、renriのオーダーメイドで人気です。

 

紹介のギメルリングは、2本のリングで合計3種類の地金を使用。

女性のリングには、センターにダイヤモンドをセッティングしています。

 

素材・リング幅 価格
男性 プラチナ900&K18イエローゴールド・2.5mm幅 223,000円
女性 プラチナ900&K18ピンクゴールド・2.5mm幅 258,000円

 

◆ひとくせ加えたハーフエタニティ

シンプルなストレートではなく、中央をギュッと絞った形のハーフエタニティです。

エタニティとは、「永遠」を意味し、リングを取り囲むようにダイヤモンドを並べたデザインのことです。

 

ハーフエタニティは半周だけの加工により、エタニティよりもリーズナブルになります。

また、手のひら側は地金のため引っかかりのリスクがなく、日常使いしやすいため人気です。

 

小粒なダイヤモンドがキラキラと光を反射するので、華やかな手元になります。

 

素材・リング幅 価格
女性 プラチナ900・2.5mm幅 157,000円

 

4.オーダーメイドの結婚指輪の値段が既製品やセミオーダーよりも高くなる理由

フルオーダーが高額になる大きな理由は、大量生産できないことです。

お客さまの為だけにデザイナーがデザインを練り、熟練クラフトマンによって制作されます。

 

当然、同じデザインをほかのお客さまにお作りすることはありません。

高額な結婚指輪になる理由は、他にデザイン面で3つあります。

 

1.ダイヤモンドを複数セッティング

2.地金の重量や複数の地金を使用

3.あらゆる装飾の追加

 

高額になる箇所を把握しておけば、デザインや装飾の優先順位が立てやすくなります。

 

◆ダイヤモンド複数セッティング

オーダーメイドのお客さまは、ダイヤモンドを複数セッティングしたデザインを好まれる方も。

「こだわりのデザインを実現したい!」と考えてらっしゃる方が多く、ダイヤモンドの大きさやセッティング方法にも気を遣われます。

 

なかには「プロポーズされた8月にちなんで、8つのダイヤモンドをセッティングしたい」と意味を込めてデザインを考えている方もいるでしょう。

ただ、複数の石を留めると、個数に比例して費用も嵩むので注意が必要です。  

 

ダイヤモンドは印象を大きく左右するパーツでもあるので、地金の素材費などを工夫してセッティングするのも1つの方法といえます。

 

◆地金の重量や複数の地金を使用

地金はグラムによって値段が変わるため、使用量が増えると必然的に素材費も増加します。

たとえば、幅が広く厚みのあるリングにする場合、細身のリングよりも使用する地金の量が多くなるのは避けられません。

 

また、ゴールドとプラチナなど異なる地金を組み合わせて使う場合、1つの素材で仕上げるデザインよりも重量が増えて高額になりやすいです

値段の高いグレーゴールドとホワイトゴールドを組み合わせると、高額にならざるを得ません。

 

地金の素材費は結婚指輪の値段を決める大きな要素のため、気になる場合は厚みや幅、組み合わせを工夫しましょう。

 

◆あらゆる装飾の追加

フルオーダーだとお好きなだけ装飾の追加ができるため、高額になりがちです。

装飾ごとに加工費がかかるので、高額になりやすいポイントといえるでしょう。

 

たとえば、半周ごとに違う装飾を取り入れると高額になります。

 

値段を抑えるなら、無料で装飾できるハンマーテクスチャーがおすすめ。 

renriだと、ハンマーテクスチャーのレパートリーは4種類です。

 

1.味わいのあるザラっとした質感の石目

2.ハンマーで叩いた跡が乱反射する鎚目

3.麻布のような線のある模様

4.ワイルドな楔(くさび)模様

 

ハンマーテクスチャーを上手に取り入れると、値段を抑えつつも凝った結婚指輪になるでしょう。

打ち付ける鎚目によって、全く異なる印象になるのでおすすめです。

 

5.オーダーメイドと高級ブランドの結婚指輪なら値段は変わらない?

既製品とフルオーダーの価格差はそこまで大きくありませんが、外資の高級ブランドと比較した場合も気になりますよね。

ブランドにもよりますが、同じデザインなら多くの高級ブランドが以下の構図に当てはまります。

 

高級ブランド>フルオーダー

 

というのも、高級ブランドにとってブランドイメージは重要です。

シンプルなリングでも、リーズナブルな値段で売り出すことはできません。

 

また、運営費のコストも莫大なため、広告費や質感の高いショップ袋、高級感のある店内の内装費なども結婚指輪の値段に含まれています。

小さな工房で営むrenriの場合、余分なコストを上乗せしていない値段でお買い求めいただけますよ。

 

6.オーダーメイドの結婚指輪を予算内の値段に抑えるコツ

オーダーメイドで予算内に抑えるコツをチェックして、値段もデザインも思い通りの結婚指輪を作りましょう。

 

1.打ち合わせ前に予算を決めておく

2.装飾を工夫する

 

ちょっとした工夫で予算内に収まります。

 

◆打ち合わせ前に予算を決めておく

デザインの打ち合わせ前に予算を決めておきましょう。

上限価格をデザイナーと共有しておくことで、予算オーバーを避けられるからです。

 

renriでは、打ち合わせ時に予算をお伺いしています。

デザインと値段のバランスを上手く調整いたしますので、想定した予算を超えることはありません。

 

安心してご来店ください。

 

◆華を求めるなら装飾を工夫する

装飾を工夫するだけで、予算内でも華やかな結婚指輪になります。

求める輝きによって施す加工を変えれば、金属の新たな表情を楽しめるでしょう。

 

たとえば、以下の装飾があります。

 

梨地のようにしっとりとした表情…サンドブラスト加工

手仕事による繊細表情…和彫り

 

実際にサンプルを見て、装飾による地金の光り方の違いを確かめながら選ぶのもおすすめです。

 

renriでは、装飾を施したときのイメージがしやすいように常時100種類以上のサンプルをご用意しております。

「素敵だな」と感じるサンプルが見つかるでしょう。

 

悩んだときは、デザイナーがお好みに合わせてアドバイスいたしますのでご安心くださいね。

 

まとめ

結婚指輪をオーダーメイドしたときの平均の値段は、調べてみると既製品と大きな差はありませんでした。

 

ご自身の指にぴったりのサイズや唯一無二のデザインで制作することを考えると、不当に高いわけではありません。

むしろ、お客さまのご要望に柔軟にお応えいたしますので、満足度の高い結婚指輪になるでしょう。

 

オプションでデザインサンプルリングをお作りできますので、本制作へ入る前に着け心地やデザインの細かな変更などを確認できます。

価格決定のポイントを把握して、オーダーメイドで永く愛せる結婚指輪を制作しましょう。

 

 

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

 

オーダーメイドしたいこだわり派におすすめの婚約指輪|印象を左右するパーツも紹介

婚約指輪をオーダーメイドするときに、おすすめのデザインや装飾が気になっていませんか。

オーダーメイドなら、どんなデザインでも実際にカタチにすることができます。

 

しかし、デザインの自由度が高いので悩む時間も増えるでしょう。

今回は、おすすめのデザインや印象を左右するポイントをご紹介します。

 

オーダーメイドで、生涯愛せる婚約指輪を作りましょう。

 

目次

 

1.一生ものにふさわしい婚約指輪を手に入れるならオーダーメイドがおすすめ

一生ものにふさわしい婚約指輪を手に入れるなら、オーダーメイドをおすすめします。

なぜなら、お客さまのためだけに似合う婚約指輪を作れるからです。

 

男性の希望だけでなく女性のこだわりも取り入れられるので、お二人の気持ちを婚約指輪としてカタチにできます。

以下の項目に当てはまるのなら、オーダーメイドを検討してみてはいかがでしょうか。

 

・具体的なデザインが決まっている

・デザインは決まってないが好きな雰囲気がある

・何も決まっていないけど人とは違うデザインにしたい

 

具体的なデザインが決まっているなら、既製品で探すよりも忠実に再現できます。

専属のデザイナーが女性の雰囲気や生活環境を加味しながらデザインを構築していくので、理想とするデザインが特になくても問題ありません。

 

また、職人ともコミュニケーションをとりながら、着け心地や装飾の大きさといった詳細を決めていきます。

「こだわりの婚約指輪を」と考えるのなら、オーダーメイドがおすすめです。

 

2.婚約指輪のオーダーメイドでおすすめのデザインとは|renriの制作事例

「婚約指輪といえば、よくある一粒ダイヤじゃないの?」や「どんな部分で既製品と差別化できるの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

「王道のプラチナに一粒ダイヤ」の婚約指輪以外にも多くの種類があります。

オーダーメイドだとさまざまなアイディアを取り入れることができるため、お客さまの個性を表現することが可能です。

 

1.サイドにもダイヤモンドを敷き詰めて

2.ピンクゴールドで愛らしく

3.希少なピンクダイヤで唯一無二に

4.日常づかいしやすいイエローゴールド

5.2本のリングでさり気ない個性を

 

「こんな婚約指輪もあるんだ!」という新たな発見をしながら、ぜひデザインのご参考にしてくださいね。

 

◆サイドにもダイヤモンドを敷き詰めて

 0.35ctの最高級グレードのダイヤモンドをセッティングし、サイドに0.1ct以下のダイヤモンド(メレダイヤ)を施しゴージャスにした婚約指輪です。

 

renriでは、ハイブランドでダイヤモンドの仕入れ業務に携わっていた経験のある者が、仕入れをしております。

そのため、質感の高いダイヤモンドをお選びいただけますよ。

もちろん最高グレードだけでなく、価格と品質のバランスのとれたダイヤモンドもご用意しております。

 

また、ファンシーカットといって直方体やしずく型といった変わった形のダイヤモンドもご予算に応じて仕入れできますので、遠慮なさらずにご相談ください。

 

◆ピンクゴールドで愛らしく

指輪のアーム部分をピンクゴールドにした可憐な婚約指輪です。

ピンクゴールドにするだけで愛らしい印象になりますが、やわらかな曲線を描いた形状にすれば、一層女性らしくなります。

 

アームはピンクゴールドですが、ダイヤモンドをセッティングする石座はプラチナでお作りしました。

石座をプラチナにした理由は、白い輝きを放つプラチナにすることでダイヤモンドを一回り大きく見せられるからです。

 

プラチナの石座だとダイヤモンドと同化して見えるので、アームのピンクゴールドとダイヤモンドの色味のコントラストを生かせます。

ダイヤモンドの輝きを生かすなら、石座とアームの素材を変えるのがおすすめです。

 

◆希少なピンクダイヤで唯一無二に

7つのダイヤモンドを斜めに配し、希少なピンクゴールドをセッティングした婚約指輪です。

婚約指輪といえば、真っ白なダイヤモンドを思い浮かべる方も多いでしょう。

 

今回は、お相手がお好きだというピンクダイヤをセンターから3つセッティングしました。

ピンクダイヤの年間生産量は、わずか「0.1%未満」と希少価値の高いものです。

希少価値の高いピンクダイヤを留めることで、オンリーワンな婚約指輪となりました。

 

◆日常づかいしやすいイエローゴールド

結婚した後も日常的に使いやすいデザインの婚約指輪です。

めらかな曲線のシルエットが優美なウェーブデザインにあわせて、7つのダイヤモンドを敷き詰めています。

 

シルエットにこだわったねじれの動きをさらに強調して、ダイヤモンドが際立つように削り加工を施しました。

ヘルシーな印象のあるイエローゴールドでも女性らしく上品なのは、柔らかいウェーブデザインだからこそ。

 

イエローゴールドでダイヤモンドを敷き詰めれば、カジュアルな日常使いから、友人の結婚式などの華やかなシーンまで身に着けられる婚約指輪になります。

 

◆2本のリングでさり気ない個性を

2本のリングで1本の指輪となるギメルリングの婚約指輪です。

ギメルリングとは、知恵の輪のように離れることのない2本のリングを重ね合わせたデザインです。

それぞれの地金を変更することで、パズルのように組み合わせている構造を明確にしています。

 

「華美ではないけど一味違うデザインがいい」や「特別感は欲しいけど普段から使いたい」という方にピッタリです。

ここまで見てきておわかりのように、オーダーメイドならデザイン性の高い婚約指輪になります。

 

3.おすすめのオーダーメイドの婚約指輪|印象を左右する細かなポイントとは

「具体的なイメージはつかめたけど、実際にオーダーメイドするときにはどうすれば良いの?」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

婚約指輪の印象を左右するポイントは、以下の4つです。

 

1.地金の種類

2.アームの形状

3.セッティング方法

4.石座の形

 

ポイントを押さえてオーダーすれば、理想の婚約指輪ができあがります。

具体的に見ていきましょう。

 

◆地金の種類

先ほどの制作事例で見てきたとおり、地金を変更するだけで印象が大きく変わります。

地金は婚約指輪のイメージを左右する大きな要素です。

 

renriで用意している地金とそれぞれのイメージを以下の表で確認しましょう。

素材 イメージ
プラチナ ・凛とした美しさ
・上品
ホワイトゴールド ・穏やかな輝きの美しさ

・ぬくもり

グレーゴールド ・深みのある輝きの美しさ
・力強い
イエローゴールド ・華やかな美しさ
・カジュアル
ピンクゴールド ・落ち着いた美しさ
・可愛らしい
グリーンゴールド ・初夏のような爽やかな美しさ
・軽やか

 

プラチナ・ホワイトゴールド・グレーゴールドは、どれも白い輝きの地金ですが、同じ白でも与える印象は全く違います。

もちろん、王道のプラチナも素敵です。

 

しかし、身に着ける方の雰囲気に近い印象の地金を使うと、よりこなれた印象になるので他の地金を使うことも検討してみましょう。

 

◆アームの形状

アームの形状で婚約指輪の印象がガラリと変わります。

代表的な形と特徴を以下の表にまとめたので、どのような印象になるのか見てみましょう。

 

形状 特徴
ストレート ・最もベーシック
・重ねづけしやすい
ストレート(センターに向かって細くなる) ・ダイヤモンドが大きく見える
・メリハリがある
ウェーブ ・女性らしい
・金属なのに柔らかく見える
V字 ・指を細く長く見せる
・Vの深さでモードっぽくなる

 

どのデザインもアームの太さ、絞りの形や角度の深さで全く別物の婚約指輪になります。

 

お好みの形状でピンとこなくても、太さや角度を変えるだけで身体の一部のように馴染むことも多々あるので、試着をしながら決めていきましょう。

 

◆セッティング方法

続いて、ソリテールの代表的なセッティング方法を見ていきましょう。

ソリテールとは、リング中央に1粒のダイヤモンドをセッティングしたデザインのことです。

 

伝統的かつエレガントなデザインであるものの、セッティング方法で一味違う婚約指輪にできます。

 

セッティング方法 特徴
爪あり(立て爪) ・複数の爪で留める
・爪の間からも光を反射できるので輝く
爪なし ・高低差がないので洋服に引っかかりづらい
・爪ありと比べると輝きは減る
・個性的になる

 

セッティング方法によって雰囲気が大きく変わるため、ライフスタイルや好みに合わせて選びましょう。

 

◆石座(シャトン)

立て爪にするなら、石座(シャトン)にもこだわると理想通りの婚約指輪になります。

石座にも種類があり、クラシカルになったり可憐になったりするので、確認しましょう。

 

石座の種類 特徴
立爪型シャトン ・一般的な婚約指輪
・エレガントでクラシカル
・ダイヤモンドを強調できる
・高さがあるのでサイドからの光も取り込む
カップ型シャトン ・コロンとして可愛い
・石座の直径が大きく包み込む形
・石座がダイヤモンドと同化するので一回り大きく見える

 

エレガントに魅せたいなら立て爪型シャトン、可憐にしたいならカップ型シャトンがおすすめです。

 

4.オーダーメイドの婚約指輪ならダイヤモンドにもこだわるのがおすすめ

オーダーメイドの婚約指輪なら、メインともいえるダイヤモンドにもこだわりましょう。

renriではご希望のダイヤモンドを仕入れることも可能なので、理想通りのダイヤモンドを見つけられます。

 

ダイヤモンドでこだわるべきポイントは、以下の2つです。

 

1.納得のいく4C基準

2.カラーダイヤでオリジナリティ

 

それぞれ見ていきましょう。

 

◆納得のいく4C基準を定めて最高の1粒を

納得のいく4C基準を定めて、ご希望にピッタリのダイヤモンドを手に入れましょう。

4Cとは、世界的なダイヤモンドの評価基準のことです。

 

世界的な評価基準の項目なので、ブランドのダイヤモンドも同じ基準で評価されています。

4Cの評価項目の内容を確認しましょう。

 

4Cの項目 特徴
カラット ・ダイヤモンドの重さ
・重くなるほど見た目も大きくなる
カット ・カットの美しさ
・カットが丁寧だと光の反射率も上昇する
カラー ・ダイヤモンドの色
・無色透明が良いとされている
クラリティ ・内包物や痂の有無
・内包物や痂が無いと綺麗に輝く

 

renriならブランド料を上乗せすることなく、基準の高いダイヤモンドを婚約指輪にセットできます。

 

◆カラーストーンでオリジナリティを

オリジナリティを出すなら、カラーストーンで色を足すのも素敵です。

婚約指輪といえば「真っ白な輝き」が定番ですが、宝石で色を足せばアクセントになりますよ。

 

カラーダイヤだと、ピンクダイヤやイエローダイヤ、ブラックダイヤなどがあります。

一般的に無色透明が質の良いダイヤモンドだとされていますが、カラーダイヤは希少性の高さから人気です。

 

お好みの色味がなければ、ダイヤモンド以外の天然石で色を足す方法もあります。

ルビーやサファイヤなどは、婚約指輪にも人気のある天然石です。

希少性の高いカラーダイヤをアクセントにすれば、目を引く婚約指輪となるでしょう。

 

5.婚約指輪をオーダーメイドする前に|決めておきたいこと

「婚約指輪をオーダーメイドしよう」と決めたのであれば、実際にお店へ行く前に決めておきたい点を確認しておきましょう。

 

決めておきたい点は、以下の3つです。

 

1.カップルで工房に行くかどうか

2.余裕のある納期

3.結婚指輪も含めた予算

 

事前に決めておけば、スムーズに婚約指輪をオーダーメイドできます。

ひとつずつ確認して決めておきましょう。

 

◆カップルで工房に行くかどうか

婚約指輪をオーダーメイドする際に、工房へカップルで行くか決めましょう。

男性から女性へ贈るジュエリーですが、最近はお二人で選ぶカップルも増えてきています。

 

男性・女性双方の意見を取り入れられるのは、お二人でいらっしゃるメリットです。

とはいえ、サプライズプレゼントを考えているのなら、男性おひとりで選びたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

おひとりでいらっしゃる場合、以下の2つの方法があります。

 

1.完全サプライズ

2.お相手にザックリとした希望を聞く

 

renriでは、完全サプライズも大歓迎です。

サイズ変更のしやすい形かつ、お相手の印象に合ったデザインをご提案いたします。

 

また、お相手の女性に「婚約指輪をオーダーメイドで作るよ!」と宣言しておくのもアリです。

お相手のサイズと譲れないポイントだけ聞いて、あとは男性にお任せという方法になります。

 

最低限のデザインは外さずに、「どんなデザインかな?」というワクワク感をお相手の女性に持ってもらえるのでお二人とも楽しめるでしょう。

どのような方法でいらっしゃるにしても、デザイナーが丁寧にヒアリングしていきますのでご安心ください。

 

◆余裕のある納期

オーダーメイドは既製品やセミオーダーと比べて、時間がかかります。

デザインのお打ち合わせの他に、制作に取り組む前の職人による最終確認もあるので、納期は長くなりがちです。

 

こだわりの婚約指輪を作るなら、余裕をもって3ヶ月の納期を見ておきましょう。

お急ぎの場合は柔軟に対応いたしますので、まずはご相談ください。

 

◆結婚指輪も含めた予算

結婚指輪代も含めた予算を決めておきましょう。

なぜなら、結婚指輪も決して少なくない出費になるからです。

 

婚約指輪をフルオーダーで制作するときは、ご予算を超える提案をすることはございません。

そのため、結婚指輪も含めた予算を立てておけば、「婚約指輪にお金をかけすぎて好きなデザインの結婚指輪を選べない」なんてことにはならないでしょう。

 

結婚指輪も大きな出費となるので、婚約指輪をオーダーメイドする前に結婚指輪も含めた予算を決めておくと安心です。

 

まとめ

婚約指輪をオーダーメイドすれば、思い描いたカタチになるのでおすすめです。

クラシカルな1粒ダイヤのデザインでも、素材やセッティングをこだわると印象の違う婚約指になります。

 

また、日常的に使うならエタニティリングもおすすめです。

お相手の好みや使い方に合った婚約指輪をオーダーメイドして、一生もののジュエリーを作りましょう。

 

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金

 

フルオーダーの結婚指輪で知っておきたいポイントとは|制作事例をご紹介

「結婚指輪のフルオーダーって憧れるけど、どうやってオーダーするんだろう?」と気になっていませんか。

 

フルオーダーはデザインの全てを自分で決められるので自由度が高く、こだわりを込めた結婚指輪が出来上がります。

その反面、どのようにオーダーをすべきか悩まれる方が多いのも事実です。

 

そこで今回は、フルオーダーをするときのポイントや参考になるデザイン例をご紹介していきます。

気になる価格についても説明しているので、ぜひご参考にしてください。

 

思い通りの結婚指輪をフルオーダーして、生涯を共にするジュエリーを作りましょう。

 

目次

 

1.フルオーダーの結婚指輪の魅力とは

フルオーダーの魅力は、自由な発想でオリジナリティ溢れる結婚指輪を作れることです。

そもそもオーダーメイドには、フルオーダーとセミオーダーの2つの方法があります。

 

フルオーダーとは、デザイナーと相談しながら完全オリジナルのデザインを作り上げる方法です。

その分、手間や時間も必要となりますが、思い描いた通りの結婚指輪を手に入れられます。

 

一方、セミオーダーは決められた選択肢の中から好みのパーツを組み合わせて作る方法です。

そのため、デザインにこだわりを詰め込みたいのならフルオーダーがおすすめです。

 

フルオーダーにすれば、満足度の高い結婚指輪が出来上がるでしょう。

フルオーダーの結婚指輪の魅力は、3つあります。

 

1.趣向を凝らしたデザイン

2.お二人のためだけに制作するスペシャル感

3.違和感のない着け心地の良さ

 

魅力を知れば、きっと「フルオーダーで結婚指輪を作りたい!」と思っていただけるでしょう。

 

◆趣向を凝らしたデザイン

フルオーダーにすれば、誰とも被ることのない結婚指輪が出来上がります。

なぜなら、デザイナーと相談しながらゼロベースでデザインを決めていくからです。

 

お一人おひとりの好みに合わせて決めるので、必ずしもご夫婦で同じデザインにする必要はありません。

お好みの雰囲気が違うなら全く違うデザインにすることもできますし、さりげない部分でお揃い感を演出することも可能です。

 

お二人のご要望やライフスタイルに合わせてデザインを決めていくので、日常に馴染むお二人らしい結婚指輪を作れます。

 

◆お二人のためだけに制作するスペシャル感

フルオーダーの魅力といえば、お客さまのためだけに結婚指輪を制作するスペシャル感です。

お二人の結婚指輪のためにプロのデザイナーや熟練の職人が腕を振るいます。

 

打ち合わせ中に実寸大のデッサンを描きますので、真っ白な紙からお二人の結婚指輪が描かれていく様子を楽しめるでしょう。

rernriでは1日にご対応するお客様の数を制限しておりますので、時間を気にせずに過ごしていただけます。

 

◆違和感のない着け心地の良さ

普段ジュエリーを身に着けない方でも、納得の着け心地になるのがフルオーダーのいいところです。

日常的に指輪を着ける機会のない方だと、指と金属の当たりが気になってしまって落ち着かないということもあり得ます。

 

renriではご希望であれば、本制作前にオプションでデザインサンプルリングをお作りすることも可能です。

着けたときの指あたりの調整やデザインの微調整を打ち合わせできるので、ご満足いただける結婚指輪が出来上がるでしょう。

 

お客さまのお手元に合わせた結婚指輪ができあがるので、着け心地の良さを実感していただけるはずです。

 

2.人生を共にする結婚指輪|満足できるフルオーダーのヒント

せっかくフルオーダーで作るのであれば、オリジナリティのある結婚指輪にしたいですよね。

満足度の高いフルオーダーをするには、以下の5つのヒントをご参考にしてください。

 

1.ワンポイントでオリジナリティ

2.目を惹くダイヤモンド

3.お互いの個性を生かして

4.地金の表情を楽しむ

5.和彫りで華やかな模様

 

過去にrenriでお作りいただいた実際の作品例と一緒に確認していきましょう。

 

◆ワンポイントでオリジナリティ|ご自身で描いた文字や絵を刻印する

シンプルな結婚指輪で独自性を出すなら、お二人で考えた模様をレーザー刻印するのがおすすめです。

レーザー刻印なら、オリジナルデザインの模様を刻印できます。

 

手描きの絵や文字はスキャンで、パソコンやタブレットでデザインしたものであればデータを取り込んで、微調整すれば刻印可能です。

 

以下のような刻印だと、オリジナル感が高まります。

 

思い入れのあるモノをデフォルメしたワンポイント

・手描きの似顔絵

・イニシャルを組み合わせたロゴ

 

◆目を惹くダイヤモンド|ファンシーカットのダイヤモンド

モード感のある結婚指輪にするなら、目を惹く形のダイヤモンドをセッティングすることをおすすめします。

 

一般的な丸い形のラウンドブリリアントカットではなく、直方体のステップカットや楕円形のオーバルカットをセッティングするだけで、少し変わった結婚指輪になります。

 

renriのダイヤモンドは仕入れ経験のあるスタッフがしっかり目利きをしておりますので、高品質なものばかりです。

工房にご希望の形のダイヤモンドのご用意がなくても、仕入れできますのでお気軽にご相談ください。

 

また、経験豊富なデザイナーがダイヤモンドの個性を生かした留め方を提案いたします。

ダイヤモンドの形や留め方にこだわるだけで、存在感を放つ結婚指輪になるので検討してみてください。

 

◆お互いの個性を生かして|異なるデザインで自立した美しさ

自由にデザインできるフルオーダーの特徴を生かして、お互いの「好き」を尊重するのも素敵です。

 

印象の異なるデザインでも、フルオーダーならどこか統一感のある結婚指輪になります。

というのも、さりげないポイントをお揃いにしているからです。

 

たとえば、リングのフチをお揃いの装飾にするだけで、お二人の結婚指輪に統一感が生まれます。

好みの異なるお二人なら、必ずしも同じデザインにする必要はありません。

フルオーダーならぱっと見全然違うデザインでも、統一感のある結婚指輪にすることができます。

 

◆地金の表情を楽しむ|加工を3つの面で変化

落ち着いたこだわりを取り入れるなら、地金の質感の違いを生かしましょう。

質感の違いごとに意味を込めると、いっそう思い入れのある結婚指輪になります。

 

たとえば、上品に輝く鏡面仕上げには「お二人の未来」を。

砂粒を当てたようなマットな仕上げには「平穏で落ち着いた生活」の願いを込めています。

 

鏨(たがね)で表面を削り、あらゆる角度の光を反射する仕上げは「華やかで楽しい日常」をイメージ。

同じ素材でも仕上げによって見せる表情は全く違います。

 

地金のそのものの美しさを引き出すなら、異なる仕上げを組み合わせてみましょう。

 

◆和彫りで華やかな模様|手作業の温かみを

貴重な和彫りを施せば、手作りの温かみを感じさせる結婚指輪になります。

和彫りとは、伝統工芸技法のひとつです。

 

手作業で鏨(たがね)と小槌(こづち)で丁寧に彫っていくため、力強さと繊細さだけでなく躍動感も兼ね備えています。

そのため、和彫りだけでも存在感のある結婚指輪になることでしょう。

 

また、月桂樹のような本来一定方向に向かって彫る装飾だとしても、リングの形によってセンターから左右に向かうデザインへ変更するなど臨機応変に全体的なバランスをとれます。

 

リングの形に合わせて和彫りを施せるのは、経験を積んだ職人だからこそ。

高度な職人技を感じられる和彫りで、唯一無二の結婚指輪になります。

 

3.フルオーダー結婚指輪の価格が決まる3つのポイント

「フルオーダーだと、料金がいくらになるのかわからなくて怖い」と感じていませんか。

たしかに、フルオーダーで最終的な価格が決定するのはデザイン完成後です。

 

しかし、全く料金の見当がつかないわけではありません。

価格を決定づけるポイントは、以下の3つです。

 

1.制作費

2.貴金属などの素材費

3.装飾加工費

 

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

 

◆制作費

フルオーダーする際に必ずかかる費用が、制作費になります。

制作費とは、結婚指輪のリングなどの土台を作るための基本的な費用です。

 

renriの制作費は、1本あたり一律で22,000円になります。

お二人分だと、合計で44,000円が制作費として必要です。

この制作費をベースに、素材費や加工賃が加算されます。

 

◆貴金属などの素材費

プラチナやゴールドといったリングの基礎となる貴金属(地金)の費用がかかります。

時期によって上下しますが、各貴金属の値段の目安は以下の通りです。

 

素材名 1gあたりの値段
プラチナ 13,200円/g
カラーゴールド
(イエロー・ピンク・グリーン)
14,300円/g
ホワイトゴールド 16,500円/g
グレーゴールド 19,800円/g

 

1gあたりの値段ですので、サイズやリングの厚み・幅の大きさによって価格が変動します。

また、ダイヤモンドや誕生石を留める場合、それぞれの石代(素材費)が必要です。

 

種類 1個あたりの値段
ダイヤモンド 3,300円~
その他天然石(誕生石) 2,200円~

 

素材費は、サイズやリング幅や厚み・セッティングする石の個数によって大きく変動します。

 

◆装飾加工費

装飾を施すと、装飾加工費がかかります。 

代表的な装飾の加工費を以下の表でチェックしましょう。

 

加工名 料金目安
ハンマーテクスチャー 無料
メビウスリング 5,500円
カーブ 5,500円
レーザー刻印 5,500円~
手彫り 5,500円~
石留め 5,500円~
ミル打ち 8,800円~
コンビカラー 16,500円~

 

コンビカラーだと、使用する2種類の地金の素材費用にプラスして、加工費が別途必要となります。

 

4.結婚指輪をフルオーダーするときに気をつけたいこと

フルオーダーにすれば、理想の結婚指輪が仕上がります。

しかし、事前に知っておきたいこともあるので確認しましょう。

 

1.気に入ったデザインを1つに絞るのが難しい

2.既製品ブランドより納期が長い 

 

あらかじめ把握しておけば、「既製品の方が良かったかも」と後悔することなくフルオーダーできます。

 

◆気に入ったデザインを1つに絞るのが難しい

自由度の高いフルオーダーだと、デザインを絞り込むのが難しいです。

renriでは完成イメージを想像しやすいように、100種類以上のサンプルや制作事例集をご用意しております。

 

そのため、アイディアが浮かんでいなくても、気に入るデザインを何個か見つけられるでしょう。

しかし、気に入ったデザインが数個ある場合、目移りしてしまって1つに絞るのが難しいかもしれません。

 

デザインで悩まれたときは、デザイナーが普段の生活の様子やお仕事・ファッションなどを加味してお客さまに喜んでいただけるデザインを提案いたします。

 

「悩みすぎてわからなくなってしまった」と疲れてしまう前に、お客さまの好みやライフスタイルを把握してデザインを組み立てていきますのでご安心ください。

 

◆既製品ブランドより納期が長い

既製品ブランドよりもフルオーダーメイドにかかる納期は長いです。

納期の目安としては、余裕をもって3ヶ月程度を見ておくと安心でしょう。

 

デザインの打ち合わせの他に職人との最終打ち合わせがあるので、少なくとも2回は工房へ足を運んでいただかなくてはなりません。

 

何度か足を運んでいただきますが、少しずつ完成に向かっていく様子を見ていただけるので、みなさん楽しみながら通っていただいております。

もし、お急ぎでご入用の場合は事前にご相談ください。できる限り柔軟に対応いたします。

 

まとめ

結婚指輪をフルオーダーするなら、経験豊かなスタッフのいるrenriへお越しください。

サンプルなど既存のデザインだけでなく、お二人の思い出といった抽象的なご要望にも丁寧にお応えいたします。

 

また、スタイリッシュなデザインをご希望される場合もお気軽にご相談ください。

デザインだけでなく、着け心地やダイヤモンドの品質の良さにもこだわれるので、相棒とも言える結婚指輪になります。

 

一生に一度の結婚指輪作りだからこそ、妥協することのないrenriでフルオーダーしましょう。

 

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金