BLOG スタッフブブログ

renri横浜でお選びいただける表面仕上げについて

renriでお作りする指輪には「表面仕上げ」と呼ばれる加工があります。その名の通り指輪の表面に施す加工なのですが、さまざまな表情の違いがあり、指輪の雰囲気を決める重要なポイントになります。今回の記事では、表面仕上げについて実際の制作例を元に、詳しくご説明してまいります。

 

目次

 

表面仕上げとは?

ベースとなる指輪の表面に施す加工を指します。renriでは大きく分けて3つの仕上げ方法をご用意しています。

・つや仕上げ
・マット(つや消し)仕上げ
・ハンマーテクスチャー

鏡のようにぴかぴかに磨き上げるつや仕上げ(鏡面仕上げ)が、指輪の基本的な仕上げ方法になります。そして、さまざまなテクスチャーを入れることで指輪の表面に風合いを与え、雰囲気を変えることができます。指輪の質感を左右する、デザインの要素としても重要な部分になります。

 

仕上げ1・つや

renriでお作りする指輪の仕上げ方法で、基本となるのが「つや仕上げ(鏡面仕上げ)」になります。その名の通り、鏡のように顔が映るような仕上げです。磨き上げることで、金属本来の美しさを引き出します。最もベーシックな仕上げのためフォーマルな印象があり、どのような場面にも合わせやすく、renriでも人気の仕上げです。デザインで迷ったらまずはつや仕上げをお選びいただくと安心です。つや仕上げは金属の色合いがはっきりしているものに合わせると、良さが引き立ちます。どんな金属とも相性が良い、オールマイティな仕上げになりますが「プラチナ」「イエローゴールド」「ピンクゴールド」「グリーンゴールド」と組み合わせるのが特におすすめです。

 

仕上げ2・マット(つや消し)

先ほどのつや仕上げとは対照的に、指輪がキラキラと光るのを抑えたつや消しの仕上げ方法です。マット仕上げにすることで、落ち着いた大人の雰囲気な印象になります。また、後ほどご紹介するハンマーテクスチャーと組み合わせることで、手作りの温かみのある印象に仕上がります。金属の面積が多い、リング幅の太いデザインや手作りの温かみを表現するのにおすすめの仕上げ方法です。また、マット仕上げは金属の色をはっきりと見せるため、繊細な色合いの「グレーゴールド」「ホワイトゴールド」に合わせると引き立ちます。

マット仕上げで最も基本になるのは上の画像の「ヘアライン加工」という、細かな筋で表面を荒らす方法になります。それ以外にも「サンドブラスト」など、質感の違う様々なマット仕上げをご用意しています。

 

仕上げ3・ハンマーテクスチャー

表面の石留め

ハンマーテクスチャーは槌目(つちめ)模様とも呼ばれます。renriの手作りコースで最も人気のある仕上げ方法です。金槌で金属の表面を叩き、模様を入れることで表情を生み出します。打ち込んだ模様は力加減などによって変わるため、世界にひとつだけの指輪になります。手作りで作る指輪の仕上げにぴったりの仕上げ方法です。

 

renriでは4種類のハンマーテクスチャーをご用意しています。左から「楔(くさび)模様」「石目模様」「槌目模様」「布目模様」になります。

「楔(くさび)模様」は和の雰囲気があり、テクスチャーの中でも大きな刻みが特徴的。ダイナミックな模様なので、ワンポイントで入れるのもおすすめです。「石目模様」はその名の通り、石のような風合いの質感です。指輪の表面にランダムな凹凸をつけていきます。マット仕上げと組み合わせると和紙のような繊細で柔らかな仕上がりになります。「槌目模様」はrenriで最も基本となるハンマーテクスチャーです。。指輪の表面を金槌で叩き、叩いた跡をそのまま生かします。打ち込み方によって模様の細かさや凹凸が変わってくるため、同じ模様は二つとしてない、手作りで作る結婚指輪におすすめの仕上げ方法です。つや仕上げにすると、光が乱反射して水面のようにキラキラと輝く華やかな仕上がりになります。マット仕上げは模様をはっきりと見せ、落ち着いた雰囲気に仕上がります。「布目模様」は布の表面のような細かな模様を打ち込むことで、柔らかな印象に仕上げるテクスチャーです。マット仕上げと組み合わせると、よりテクスチャーの良さが引き立ちます。

ハンマーテクスチャーは指輪全体に入れるのが基本のデザインになりますが、指輪の半周ずつ模様を変えることもできます。半分をハンマーテクスチャーにして、半分はプレーンに仕上げると指輪を着ける向きで全く違ったデザインを楽しめます。また、ハンマーテクスチャーの表面はつやとマット仕上げからお選びいただけます。つや仕上げは、テクスチャーの出っ張った部分だけを磨くため、マットな部分ときらきらとした部分が混在する雰囲気になります。マット仕上げは全体がつや消しになるため、テクスチャーの形状がはっきりと際立ちます。

 

仕上げ4・ヘアライン


マット仕上げの一つであり、またマット仕上げの基本はこの「ヘアライン」になります。指輪の表面をスポンジ状のやすりでこすることで生まれる仕上げ方法です。ヘアライン=髪の毛のような細かな筋、という意味のテクスチャーです。

 

仕上げ5・サンドブラスト

「サンドブラスト」もマット仕上げの一つになります。マット仕上げで基本となる「ヘアライン」との違いは、小さな砂粒のようなものを強く当てることで、金属の表面に細かな凹凸を作り、艶消しの風合いを生み出しています。凹凸が光を乱反射させるため、マットなだけではなくつや感も混ざった仕上がりになります。

 

おすすめの使い方

いかがでしたか?
仕上げ方法で迷ったら、こんな感じで選んでいただくのがおすすめです!

・使うシーンを選ばない指輪にしたい→つや仕上げ
・大人の落ち着いた雰囲気が好き→マット仕上げ
・手作りの風合いを生かした仕上げにしたい→ハンマーテクスチャー

renriのアトリエでは、仕上げのサンプルをご用意しております。画像だけではわかりにくいニュアンスも、実際に手にとって確認していただけるので最終的な仕上がりが想像しやすく、安心していただけるよう工夫しております。専属のデザイナーが豊富な制作例を元に、おふたりにぴったりのデザインを探すお手伝いをいたします。ご相談料は無料ですので、とりあえず話を聞いてみたい、といった感じでも大丈夫です!ぜひお気軽にいらしてくださいね。

 

手作りのご予約はこちら>>
ご相談・打ち合わせはこちら>>
WEB見積もりはこちら>>

 

各素材や加工の価格はこちらのページでご案内しています。

価格について>>

 

遠方の方など、すぐにアトリエに来られない方のために、オンライン相談も承っております。

>>レンリのオンライン相談【おうちでデザイン相談】のご案内(別ページが開きます)

 


renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金