BLOG スタッフブブログ

9月の誕生石「サファイア」で一途な愛を

 

今回は9月の誕生石である「サファイア」のお話です。

別名「青玉」「蒼玉」と呼ばれており、一般的に透明・半透明のブルーの宝石として知られているサファイア。

「成功・誠実・慈愛・徳望」という意味があるだけでなく、一途な心の象徴とされていることもあり、婚約・結婚指輪に使用する宝石としてもとても人気があります。

 

サファイアの性質・特徴

 

サファイアはダイヤモンドに次ぐ硬度・希少性を持つ鉱物です。

カラーとしては透明・半透明のブルーが定番ですが、それ以外のカラーのサファイアも存在することをご存知でしたか?

 

「イエローサファイヤ」「ホワイトサファイヤ」「グリーンサファイア」など、実はサファイアと呼ばれる宝石には、様々なカラーのものがあるんです。

なかでも、光を当てたときに「星芒」と呼ばれる6方向への放射状の光の線が見えるサファイアは「スター・サファイア」と呼ばれ、特に価値が高いものとされています。

 

サファイアの由来・伝統

 

サファイアは、ラテン語で「青」を意味する「サフィルス(sapphirus)」という単語が語源です。

神秘的な輝きから、古くから宗教のシンボルとして親しまれてきたサファイアですが、特に古代ギリシャでは天の力が宿るとされ、枢機卿や司教の指輪にも使用されていました。

 

また、カトリックでは神の王国の輝かしい力を表しているとされていることから、聖母マリア象徴するものだと考えられています。

 

結婚式とサファイアの関係

 

ヨーロッパを中心とした海外で有名なジンクスとして、花嫁が身につけると幸せになれるといわれる「サムシングフォー(4つのアイテム)」というものがあります。

その「サムシングフォー」の中の1つにあたるのが、「サムシングブルー(何か青いもの)」。

幸せを呼ぶ色、花嫁の純潔・清らかさを表す色としても知られている色が青色なんです。

 

renriでは、サファイアをはじめとした宝石の石留め加工を承っております。

手作り指輪制作をご希望の方は、ぜひご検討ください。