BLOG スタッフブブログ

指輪の仕上げ方法と装飾加工について

renriでおつくりいただいた指輪の仕上げ方法についてご紹介します。

指輪には様々な仕上げ方法や装飾の加工があります。ベースとなるデザインをどのように仕上げていくかで最終的な指輪の雰囲気を左右する重要な選択項目でもあります。

ピカピカに輝くように仕上げる鏡面仕上げ(つや仕上げ)が一般的な指輪の仕上げですが、あえてつやと落としたマット加工や、表面に金槌で叩いた槌目(つちめ)模様を刻むハンマーテクスチャーのフィニッシュ方法などもあります。

またミル打ち加工や手彫り加工などの装飾を施すことで、他にはない個性を演出することもできます。

項目に設定されている仕上げ方法や装飾加工についてご紹介していくので、ご参考になさってください。

 

目次

鏡面 (無料)

結婚指輪の仕上げ方法の中でも最もポピュラーなのが、この鏡面仕上げです。
書いて字の如く、顔が映るくらいまでピカピカに磨き上げることで、金属光沢の美しさを引き出すことができる仕上げ方法です。
フォーマルな印象もあるので、どのような場面でも対応可能な不動の人気仕上げ方法といえるでしょう。
素材としてプラチナやイエローやピンクなどのカラーゴールドと相性が良いかと思います。

 

つや消し(マット)

結婚指輪がキラキラと光る主張のある感じを抑えたい方にはおススメです。
つやをあえて落とすことで、落ち着いた上品な印象にもなりますし、テクスチャーデザインなどをつや消しにするとぬくもりのあるやわらかな印象に仕上がります。
幅広のリングやハンドメイドのぬくもりを残したいときにもぴったりの仕上げ方法です。
通常はヘアライン加工といって細かな筋で表面を荒らす方法でつやを落としますが、それ以外にも砂粒を当てて梨地にするサンドブラスト加工、ダイヤモンドを高速で突き当ててキラキラと光りつつもつや消しの表情となるダイヤモンド仕上げなど様々な加工方法がございます。
※サンドブラストやダイヤモンド仕上げは有料です。

 

槌目

槌目(つちめ)仕上げは手作りコースで最も人気のある仕上げ方法です。
金槌で金属の表面を叩くことで、模様が刻まれていきます。同じような模様に見えてもわずかな力加減や叩く回数などで違いが生まれるので、同じ模様は二度と再現できないことから、まさに世界でひとつの結婚指輪を作っていただけます。
またrenriでは4種類のハンマーテクスチャーを用意しているので、お好みで選んだり、半周ずつで模様を変えたりすることも可能です。
鏡面仕上げとつや消し仕上げも選べるので、好みの仕上がりの印象を選んでいただけます。

左より、くさび模様、石目模様、槌目模様、布目模様となります。

くさび模様は荒々しい印象で仕上がります。楔型のスタンプを何度も打ち込みようなイメージで仕上げるので凹凸も大きくダイナミックな模様となります。

石目模様は石のザラザラとした質感を表現しており、指輪の表面に細かな凹凸を刻んでいくイメージです。つや消しにすると和紙のような質感も表現できます。

槌目模様は最も一般的なハンマーテクスチャーで、指輪の表面に大きな凸凹を作って仕上げます。鏡面仕上げにすると、光が乱反射してキラキラを輝きます。つや消しにすると優しい表情に仕上がります。

布目模様は麻の繊維のような細かな筋模様を打ち込みことで、柔らかな印象に指輪の表面を仕上げていきます。つや消し仕上げと相性の良いテクスチャーです。

 

ミル打ち

ミル打ち加工は小さな粒を一つずつ打ち込こんでいく装飾技法で、「永遠・長寿・子孫繁栄」などの意味が込められています。

全体的にクラシカルな印象を与えてくれるので、アンティーク調なものが好みの方やデザインにひねりを加えたい方におススメです。

一般的には指輪の両サイドに施しますが、renriでは片側のみや、中央へのミル打ち加工もポピュラーです。

またアレンジとしてメビウスリングへのミル打ち加工なども行えるので、デザインのポイントとしても人気が高いです。

※両サイドミル打ちは2mm幅には行えません。

 

手彫り

手彫り加工は、金属に施す伝統的な装飾技法です。

renriでは鏨(タガネ)という金属用の小さな彫刻刀のような道具で、一つずつ模様を彫り込みます。

熟練度の高い技術が必要なので、この加工を行えないブランドなどもよくあります。

(近年ではレーザー加工などで模様を彫り込むことも多々あります。)

renriで人気がある彫り模様として唐草模様と月桂樹模様があります。

(写真1つ目が唐草、2つ目が月桂樹)

唐草模様は、ツル系植物をデザインしたモチーフで、途切れることなく成長していく植物の力強さが子孫繁栄や長寿の象徴とされ、結婚指輪などでも多様されるデザインです。

月桂樹模様も想いがこもった模様です。月桂樹は常緑樹であることから『栄光』『永遠』『平和』の象徴とされており、葉っぱには 「私の想いは変わりません」 という意味の花言葉があります。古代ギリシャや古代ローマでは『幸福の木』として結婚指輪のモチーフに使われてきました。

全周への彫りり込みだけではなく、ワンポイントや半周彫り、またお好みのモチーフもオリジナルで彫り込むことができるので、想いをこめた模様をご希望の際はぜひご相談下さいませ。

 

オリジナル刻印

renriでは指輪の内側にメッセージを刻印する方法として大きく分けて2種類ございます。

無料の通常印字では、指定のフォントから選んでいただきます。

また筆記体や漢字などを選べる有料のレーザー印字も人気です。

中でも二人の個性が出るのが、手描きで書いたマークや文字、オリジナルで作成したロゴマークなどをそのまま活かして刻印するオリジナル刻印です。

二人の思い出や、共通の趣味、またはサプライズでプロポーズする際の手描きのメッセージなど、想いがこもる人気の刻印方法です。

指輪の内側に刻むことがほとんどなので、二人だけの秘密感もあります。

(指輪の内側以外にも刻むことも可能です。)

 

オリジナル刻印は二人の想いをメッセージとして込めたい方におススメです。

 

・まとめ

指輪の完成までの道のりの最後の締めくくりとなるのが仕上げの方法や装飾方法です。

選択肢がいっぱいあると、あれこれ悩んでちょっと疲れてしまうかもしれませんが、そうやって想像する時間も結婚指輪にとっては大切な時間です。

お揃いにするのも、それぞれお好みで選ぶのも、二人にとって想いのこもった結婚指輪となることでしょう。

上記以外にもrenriでは様々な仕上げ方をお選びいただけるので、是非ご検討くださいませ。

 

renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:http://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00 土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金