BLOG スタッフブブログ

個性的な指輪を作るなら「コンビカラー」がおすすめです

コンビカラーとは?

 

 

突然ですが、「コンビカラー」と呼ばれる指輪のデザインをご存知ですか。

コンビカラーとは、2種類の素材を組み合わせて指輪を作ることです。

わかりやすく「コンビネーションリング」と言われることもあります。

 

色・素材の組み合わせは自由なので、ご自身の好みがギュッと詰まった指輪に。

刻印・宝石などの装飾を施さずとも、パッと華やかな雰囲気を演出できることも、コンビカラーの魅力的なポイントです。

 

コンビカラーにするメリット・デメリットとは?

 

 

そんなコンビカラーの最大のメリットは、デザイン性の高さです。

ひとことでコンビカラーと言っても、ベースリングの上に別のカラーの金属を合わせたり、異なる素材を半分ずつ組み合わせたりと表現の幅は様々。

いつまでもオシャレと遊び心を忘れたくない方に、ぴったりのデザインと言えるでしょう。

 

そんな素敵なコンビカラーですが、複数の素材を使用することで値段が高額になってしまう可能性があるというデメリットがあります。

具体的な値段の上下に関しては使用する素材によっても異なるので、詳しくはrenriのお問い合わせページからご相談ください。

 

renriで作られたコンビカラーの指輪を紹介

 

 

指輪の内側にゴールドのコンビカラーをさりげなく。

普段は隠れてしまうところにも、お2人のこだわりが感じられる素敵な指輪に仕上がりました。

 

 

手作りコースで制作いただいた結婚指輪です。

プラチナの上下からゴールドカラーをのぞかせることで、遊び心のあるかわいらしい指輪に。

鎚目模様のアクセントも素敵ですね。

 

 

まるで2つのリングを重ね合わせたような、おしゃれなコンビカラーリングです。

太幅のアーム・鎚目模様も相まって、重厚感のある仕上がりになりました。

 

 

ゴールドとプラチナを半々ずつ取り入れたコンビカラーリングです。

同じ色合いでも、仕上がり方法を変えるだけで印象が大きく変化しますね。

夫婦でありながらもお互いを尊重するような、お2人の想いが感じられる素敵な指輪です。

 

 

フルオーダーメイドでご依頼いただいた結婚指輪です。

2本を重ね合わせることで1本の指輪になる、ギメルリングの構造を活かしたコンビカラーがとてもおしゃれですね。