BLOG スタッフブブログ

ダイヤモンド選びで知っておきたい「4C」という基準について

 

 

ダイヤモンドを選ぶときの4つの基準

 

 

結婚指輪・婚約指輪に上品な輝きを加えてくれるダイヤモンド。

そんなダイヤモンドですが、いざ指輪につけるものを選ぶとなると、どれを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

ダイヤモンドの価値は、国際的な基準である「4C」という基準をもとに決められます。

 

・カラット(Carat)

・カラー(Color)

・クラリティ(Clarity)

・カット(Cut)

 

今回はこの4つの基準について、それぞれ詳しく紹介していきます。

 

カラット

カラットは、宝石の重さを表す単位(ct)のことです。

1カラットは0.2gで計算され、大粒になるほど稀少性が高くなり、ダイヤモンドの価値・値段も倍数以上に高くなります。

表面積の大きさを表すものではありませんが、見た目からも判断できる基準の1つです。

 

カラー

ダイヤモンドはもともと窒素を含んだ鉱物のため、少し黄色みを帯びたものが数多く見られます。

そのため、無色透明のダイヤモンドほど価値が高く、値段も高額です。

色の評価は最高ランクのDを筆頭に、E・F・Gとアルファベット順にランクづけされます。

 

クラリティ

クラリティは、ダイヤモンドの透明度のことです。

10倍率の拡大鏡を用いて確認が行われ、内包物(インクルージョン)の大きさ・数、ダイヤモンド表面の汚れ・傷などによってランクが決定されます。

 

カット

ダイヤモンドの全体的なバランス・研磨仕上げの状態の良さの基準です。

形・研磨・シンメトリー(対称性)の3つの要素から、5段階評価に分けられます。

 

renriのダイヤモンドへのこだわり

 

 

renriでは、ハイジュエリーも手掛けてきた熟練のデザイナーが選定した、高品質なダイヤモンドをご用意しております。

また、ダイヤモンドのセッティングは、一級技能士検定をクリアした専属の職人が丁寧に仕上げています。

お客様のご予算に応じてダイヤモンドを新たに仕入れることも可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

 

renriの手作り指輪についてはこちら

renriのオーダーメイド結婚指輪についてはこちら

renriの婚約指輪についてはこちら