BLOG スタッフブブログ

「離れることのないふたり」をギメルリングで形にしてみませんか?

そもそも「ギメルリング」とは?

 

 

ギメルリングとは、複数のリングを重ね合わせることで、1本の指輪になるデザインのこと。

16~17世紀のヨーロッパで取り入れられ始めたデザインで、ラテン語で「双子」を意味する「ゲルメス」が語源となり、この名前がつけられました。

 

「離れることのないふたり」「結ばれたふたり」など、どんなときにも離れず永遠につながっている様子を表現していることからも、結婚指輪にぴったりのデザインと言われています。

 

ギメルリングの基本的な作り方

 

 

ギメルリングは指輪のもととなる2本の素材を重ねてねじり、1本の棒にするところから始まります。

ねじった部分が、指輪になったときに重なり合う部分になるんです。

 

その後、様々な複雑な工程を経て、指輪の形に成形されます。

デザインや素材によっても制作方法が変わるため、職人の経験と知識を持って作業を進める必要があります。

renriでは手作りのコースではご対応できないデザインですが、オーダーメイドですと制作可能です。

renriでつくられたギメルリングの指輪を紹介

 

 

2つの素材の両方とも、グリーンゴールドを使用したギメルリングです。

同じ素材を使用した指輪でも、片方につや消し加工を施すことで、グリーンゴールドをそのまま使用したのとでは異なる印象に。

指輪の内側にはシークレットストーンを埋め込んで仕上げています。

 

 

こちらも同じく、同じ素材を使用して制作したギメルリングです。

ホワイトゴールドの素材に鎚目模様を施すことで、どこかヴィンテージ感の漂う、おしゃれな指輪に仕上がりました。

 

 

ギメルリングならではの楽しみといえば、1つの指輪に2つの異なる素材を使用できるということ。

こちらは、プラチナ・ホワイトゴールドの組み合わせで制作された指輪です。

同じシルバー系のカラーでも明暗のコントラストが美しく、プラチナの輝きと、ホワイトゴールドのマットな質感が両方とも楽しめる素敵な指輪になりました。

 

 

オーダーメイドコースでご依頼いただいた指輪です。

シルバー系の素材と、カラー系の素材の2種を組み合わせることで、コントラストのはっきりとしたデザインに。

表面にはダイヤモンドを敷き詰めることで、より華やかな印象に仕上がりました。

 

 

renriで人気のオーダーメイドデザイン、「ギメルリング」のご紹介でした。

他では見られない特殊なデザインですので、一味違うデザインをご希望の場合は是非ご覧下さいませ。