VOICE

お客様の声

instagramでレンリをご覧いただいていたお二人は大切な記念の日にご来店されて、指輪を手作りされていきました。

一度、制作日のまえにもご来店され、サンプルなどを見てデザインをご決定に。

手作りにするか、オーダーメイドにするかは特に決めてなかったようですが、デザインが手作りコースで可能なこともあり、手作りをおススメいたしまた。

作業中、お二人のトークの掛け合いがとても楽しく、和気あいあいと制作を進めていただきました。

レンリの夫婦と猫好きなことで盛り上がり、色々とアドバイスもいただけました♪

ありがとうございました。

末永くお幸せに

金属の棒からスタートです!!

それぞれ金属の棒状の材料から指輪を制作していただきます。

制作前に記念撮影を!!

プラチナの地金素材。

それぞれお好みのリング幅でプラチナの材料をご用意いたしました。
一つの塊のプラチナを職人が専門の工具で寸法通りに加工します。
その様子もアトリエ内で行うのでご覧いただけます。

ガスバーナーで加熱処理。

プラチナは真っ赤な状態(1500度以上!!)にすることで柔らかく加工しやすくなります。
真っ赤に熱されて金属を水につけて急冷する処理もけっこう見ものですよ。

おにぎりみたいなかたち。

柔らかくなったプラチナをペンチで曲げて加工していきます。
輪っかを目指すのでですが、きれいな丸は難しいので、とりあえずは端っこがぴったりの状態に。

自然とおにぎりのようなかわいい形に。

この段階だとまだ指輪には見えませんね。

溶接作業

ぴったり合った端っこを溶接して完全に隙間をなくしていきます。
溶接はロウ付けをよばれる技法で、昔からあるジュエリー制作の基本技術です。

初めての方には難しいですが、職人がサポートしながら進行するので、安心です。

金槌で模様づけを

溶接して隙間がなくなったら、成形と模様付け、サイズ調整をいくつかの種類のハンマーを使って作業します。

金槌で模様付けの際に、奥様の思い切りの良いハンマー捌きが、見ていて楽しそうで、旦那様とニヤニヤしてました。

仕上げ 内側磨き

形が出来あがったら、機械でピカピカに仕上げます。
普通に磨いていると摩擦で熱くなってくるので、特殊な工具で指輪を挟んで磨きます。
どんどんピカピカになっていく様子を楽しんでいただけました。

仕上げ全体磨き

今度は機械を使って、表面や側面を磨いていきます。

回転工具は最初はちょっと怖いですが、細かな傷がとれてピカピカになっていく様子は感動です。

完成です!!

ついに完成です!!

模様付けしたハンマーを使用して記念撮影を。

ありがとうございました!!

お二人が手作りされたご結婚指輪がこちらです。

プラチナのご結婚指輪を手作りコースでご制作いただきました。
ハンマーのテクスチャーを活かした落ち着いた印象のデザインです。

使っていくほどの味がでていってくれそうですね★