PRODUCT CASE

制作事例

お好みの素材でハーフデザインのご結婚指輪を手作りコースでご制作いただきました。

旦那さまは、爽やかな印象のグリーンゴールド、奥さまは、シャンパンカラーのホワイトゴールドをそれぞれ選んでいただきました。

色感は異なりますが、定番のすっきりとした鏡面仕上げと鎚目模様のツヤ有り仕上げのハーフデザインに。
デザインを合わせることでしっかりとお揃い感のある指輪に仕上がりました。

内側には、可愛らしい手書き風のフォントで、ご入籍日、おふたりのお名前も刻ませていただきました。

結婚指輪に入れる刻印というと、『ご入籍日 旦那さま 記号(&やto) 奥さま』を刻む方が多いのではないでしょうか。
やっぱり、アクセサリーの指輪と違い、誰かにとても大切にされている証として印が刻まれてることも素敵ですよね。

近年は、間の記号を共に、一緒になどの想いを込めて『&』されるご夫婦様も多いのですが、お互いのために手作りする結婚指輪への刻印は『to』の記号が多く選ばれています。『to』は贈るという意味合いで使われています。
旦那さまの為に。奥さまの為に。

そこに大切に想い合う気持ちが込められていて、刻印ひとつでも心がじんわり温まりますね。

種類
結婚指輪
コース
手作りコース
素材
K18グリーンゴールド K18ホワイトゴールド
タグ