PRODUCT CASE

制作事例

ゆるやかなカーブを描いたご結婚指輪を手作りしていただきました。

お二人が選んだのはプラチナの素材です。
プラチナは独特な青白い印象の色味としっかりとした強度が特徴で、結婚指輪の定番の金属素材です。
手作りならではの雰囲気を残したいとのことで、ハンマーで叩いて模様をつけるデザインを選んでいただきました。

プラチナの棒をガスバーナーで熱して、軟らかくなったところで曲げていき、溶接を行ってから真円整形にします。
それぞれお好みの加減で、ハンマーでカンカン叩いて模様を刻んでいただきました。

それから今回は、もうひとつのアクセントとして、ゆるやかなカーブをつくっていただきました。
どうやってカーブをつくるか、みなさま最初は驚かれますが、専門的な工具でもって力づくで曲げていきます。

お二人自身にも、カーブをつくる作業を行っていただき、お好みの曲がり具合にして完成です。

最終的な仕上げは、奥様がキラキラと乱反射するつや仕上げに。
旦那様は、マットな質感で落ち着いた印象に。

内側にもこだわりのレーザー刻印をいれていただきました。

ゆるやかなカーブとハンマーのテクスチャーが、お二人で手作りしたぬくもりを感じさせてくれるご結婚指輪となりました。

末永くお幸せに。

種類
結婚指輪
コース
手作りコース
素材
Pt900
タグ