PRODUCT CASE

制作事例

ミル打ちとハンマーテクスチャーがポイントになってるご結婚指輪を手作りしていただきました。

お二人が選んだデザインは、ご自身がハンマーでカンカン叩いていれた模様に、ポイントで両側にミル打ちが施されています。

それぞれお選びいただいたプラチナとイエローゴールドの棒の状態から輪っかになるまで、成形、溶接していただいたリングに、金槌を使ってカンカンと叩いていただくと指輪の表面に跡が残り模様となっていきます。無地の状態の表面に少しずつ模様がついていく様は初めて指輪を作る方にも楽しんで作業していただけるので、手作りの際はおススメです。

そのようにしてつけていただいた模様をしっかりと磨いていただき、ツヤを出したらひとまず完成です。
その後職人が指輪の縁取りをするよに、ミル打ちを行います。

この装飾方法は、古来より確立された技法で、renriでも昔ながらの手法で、一粒ずつ丁寧に玉を打ち込んで行きます。
そのようにして施された装飾の縁取りが、ハンマーテクスチャーにアンティークな雰囲気と、きりっと引き締まった印象を与えてくれます。

ハンマーテクスチャーの手作りのぬくもりと、ミル打ち装飾の引き締まったアンティークな印象が魅力のご結婚指輪となりました。

末永くお幸せに。

種類
結婚指輪
コース
手作りコース
素材
Pt900 K18イエローゴールド
タグ