PRODUCT CASE

制作事例

ご結婚指輪を手作りコースでご制作いただきました。

ミル打ち加工がシックなご結婚指輪のご紹介です。

プラチナで甲丸の指輪をお作りいただき、指輪の中央に一列、ミル打ち加工を施しました。ミル打ちは英語で“milgrain"と書きますが、語源はラテン語の「千の粒」から来ているそうです。フランス菓子のミルフィーユと同じ「ミル」なのですが、千=たくさんの粒が並んだ様子を喩えているんですね。1900年代初頭のヨーロッパジュエリーで使われている技法なので、アンティークな雰囲気がお好きな方におすすめです。

仕上げはそれぞれお好みで変えています。旦那様は輝きを抑えて手に馴染みやすいつや消し仕上げ、奥様は華やかな輝きのつや仕上げです。

ワンポイントとして指輪の外側に、「永遠」を表すダイヤモンドを一粒留めました。内側にはメッセージと、誕生石のペリドット。ぴったりお揃いのデザインが、おふたりの絆を表していますね。

この度はrenriでご制作いただき、ありがとうございました。
末永く、お幸せに。

種類
結婚指輪
コース
手作りコース
素材
Pt900 ダイヤモンド ペリドット
タグ