PRODUCT CASE

制作事例

ご婚約指輪を手作りコースでご制作いただきました。

ハーフエタニティのご婚約指輪のご紹介です。
プラチナで平打ちの指輪をお作りいただき、お預かりして職人が加工し、仕上げました。

たくさんのダイヤモンドを指輪の半周に並べたものを「ハーフエタニティ」と呼びますが、こちらは中央に誕生石であるサファイアを留めているところが、旦那様の想いが感じられるデザインになっています。

婚約指輪、エンゲージリングというとダイヤモンドが一粒留まったものを想像する方も多いと思いますが、ハーフエタニティは日常使いしやすく、また年齢を重ねても合わせやすいデザインです。

ダイヤモンドが留まっていない部分には、唐草模様を手彫りで入れました。唐草は古来から伝わる図案ですが、植物がどこまでも成長していく様子をデザインしたもので「永遠」を表しています。ブライダルにぴったりの模様です。半分ずつ表情が違うので、オケージョンに合わせて着ける向きを変えて楽しめます。

旦那様のたくさんのこだわりと想いが詰まったご婚約指輪が完成しました。
オリジナリティあるご婚約指輪を探している方は、手作りをご検討されてはいかがでしょうか。

この度はrenriでご制作いただき、ありがとうございました。
末永く、お幸せに。

種類
結婚指輪
コース
婚約指輪
素材
Pt900 ダイヤモンド サファイア
タグ