fbpx

BLOG スタッフブブログ

デザイン様々、コンビカラーでおふたりらしさを叶える指輪づくり

 

 

「ふたりのためにつくる結婚指輪はやっぱり特別感が欲しいな」とお悩みではありませんか?

永く身に着けていく指輪は、せっかくならおふたりのこだわりを詰め込んだものにしたいですね。

 

そんな方にお勧めしたいのが、renriでも人気の高いデザインのひとつであるコンビカラーの指輪。

ふたつの金属の組み合わせて生まれるカラーコントラストが美しいコンビカラーは、おふたりのご希望次第でデザインのバリエーションも様々です。

 

今回は、素材やデザインと細部までおふたりのこだわりを存分に落とし込めるコンビカラーのデザイン事例を、

実際にrenriで指輪をお作りいただいたお客様のエピソードと共にご紹介いたします。

 

 

目次

 

 

 

コンビカラーデザインとは?

 

コンビカラーとは、2種類の素材を組み合わせて指輪を作ることです。

わかりやすく「コンビネーションリング」と言われることもあります。

 

renriでご用意している素材は全部で6種類もあるので、

素材の組み合わせやデザインでバリエーションもたっぷりと選べるところも嬉しいですね。

 

 

 

「この色合わせが素敵だよね」

「デザインはこれを合わせたらすてきかも」

おふたりで素材やデザインをじっくりと選んでいく過程の時間も楽しい、コンビカラーの指輪たち。

 

次章から、実際にrenriでお作りいただいたご制作事例を辿り、

ふたつの金属で作る、おふたりにぴったりの表情豊かな指輪を探してみましょう。

 

個性が光る、ハーフデザインコンビカラー

 

▼ご紹介した指輪の制作事例はこちらから

 

 

指輪を半分ずつで素材を分けたハーフデザインのコンビカラー。

個性的なデザインリングは、素材によってテクスチャーや仕上げを変えることで、よりお好みの印象な指輪にカスタマイズすることが出来ます。

 

こちらの素敵な指輪を手作りコースでお作りいただいたおふたりは、

「世界でひとつの指輪をふたりで手作りしたいね」とrenriにご来店くださいました。

 

プラチナとゴールドのコントラストが印象的な指輪は、おふたりとも全て同じに統一するのではなく、

ゴールドカラーをそれぞれお好みの素材で変えたり、デザインも少しだけ変化を付けることでよりおふたりらしく仕上げています。

 

 

 

「テクスチャーを全て入れた方が統一感があって格好いいかな?」

「いろんな表情を楽しみたいからこっちの仕上げは違うものにしようかな」

 

奥様の指輪にはさりげなく輝くワンポイントのダイヤモンドも。

 

一番の理解者であるおふたりが、お互いの指輪についてじっくりご相談を重ねることで、少し違うこだわりがあるところもより愛おしい。

指輪の並ぶ様子がまるでおふたりが並んでいるようですね。

ペア感はそのままに、こだわりのデザインと手作りのぬくもりがマッチした世界でひとつだけ。おふたりの指輪です。

 

 

アクセントカラーの縁取りでスタイリッシュな雰囲気に

 

「永く身に着ける指輪だからこそ、華美になり過ぎないように自分たちのこだわりをデザインに取り入れたい」

 

そんなご要望から、シンプルな雰囲気はそのままに、ぐるりとラインのようにコンビカラーを落とし込んだご夫婦の指輪。

 

▼ご紹介した指輪の制作事例はこちらから

 

プラチナを彩るように続く、優しいピンクゴールドの縁どり。

指輪の根元で少し指輪が回りやすいことが気になっていたおふたりにも、ストレスなく身に着けていただけるスタイリッシュなデザインリングはアクセントカラーの特別感が素敵です。

 

 

「指輪がくるくる回っても気にならないデザインがいいな」

「さりげなくコンビカラーを楽しみたいな」

そんな方におすすめしたい、縁取りのように端からゴールドがのぞくコンビカラーデザインです。

 

 

こっそりと忍ばせる、シークレットデザイン

 

▼ご紹介した指輪の制作事例はこちらから

 

大切なご結婚指輪はペア感も大切ですよね。

 

こちらの指輪をご制作いただいたご夫婦も、ふたりともシンプルなデザインが好き。

だけど素材のお好みは、旦那様は渋みのある色合いが特徴のホワイトゴールド。

奥様は柔和な印象のピンクゴールド。

異なる素材をお好みでいらっしゃいました。

 

「素材の印象が違うとお揃い感からかけ離れてしまいそう」

「やっぱりどちらかの素材で合わせた方がいいのかな」

 

ふたりの結婚指輪はやっぱりお揃いが嬉しいけど、好きな色はふたりともちょっと違う。

そんなおふたりにご提案したのが、こっそりと内側にお相手の色を忍ばせたシークレットデザインのコンビカラーです。

 

 

内側と外側で表裏一体に仕上げられた指輪。

ふたつの素材が支え合い、お互いの一部を分かち合っているようなコンビカラーは、おふたりを繋ぐご結婚指輪にもふさわしいペア感のあるデザインです。

装着しているときはおふたりそれぞれがお好みの色を楽しめるようになっているけれど、いつも内側にお互いを感じることのできるシークレットデザイン。

 

おふたりだけが知る「 秘密のおそろい 」がなんだか嬉しいですね。

 

 

ポイントでお洒落に魅せる

 

「コンビカラーって興味はあるけど、ちょっとだけ色を変えたりできないかな?」

気にはなるけれどあまり華美にならないワンポイントくらいがいいなとお考えの方も多いのではないでしょうか。

 

▼ご紹介した指輪の制作事例はこちらから

 

renriではポイントでのコンビカラーデザインも可能です。

ダイヤモンドのような煌びやかな輝きとはまた違った、ワンポイントのデザインをご希望のおふたりの指輪。

センターにさりげなく打ち込まれたテクスチャーのワンポイントのみ素材を変えることで、シンプルながらも個性の光る指輪となっています。

 

 

オーダーメイドで叶える、より特別なふたりの指輪

 

さて、ここまでも様々なコンビカラーのご制作事例をご紹介してまいりましたが、最後にもうひとつだけ、素敵なコンビカラーの指輪をご紹介させてください。

 

 

ふたりのための指輪はやっぱり他にはない、自由に自分たちのこだわりを詰め込んだ指輪にしたい!とお考えの方におすすめしたいrenriのオーダーメイドコース。

素材やデザインの選択でバリエーションも豊富なコンビカラーデザインは、オーダーメイドでお仕立てすることでより特別なおふたりの指輪を叶えることが出来ます。

 

▼ご紹介した指輪の制作事例はこちらから

 

オーダーメイドにて「 どの角度から見てもふたつの色が寄り添いあっているような指輪 」とご希望いただいたおふたりの指輪。

ゆるやかに曲線を描くシルエットのなかで、プラチナとゴールドがお互いを抱きあうように配置されたデザインとなっています。

華奢になり過ぎないよう、職人が造形のバランスを確認しながら仕立て上げるデザインリングは、存在感はしっかりと残しながらもまるで翻ったリボンのように軽やかな印象に。

 

オリジナリティとデザイン性を兼ね備えたコンビカラーリングです。

 

 

手作りコースでも充分にデザインの選択肢が多いコンビカラーですが、オーダーメイドコースでは細部に至るところまでより美しく。

オーダーメイドだからこそ叶えられる、おふたりだけの特別な指輪をお仕立ていたします。

 

 

まとめ

 

 

おふたりの気になるデザインは見つかったでしょうか。

個性的なものからさりげないものまで、おふたりのお好み次第で十人十色なコンビカラーデザイン。

永く身に着けていくものだからこそ、おふたりらしいぴったりの指輪を探してみてください。

 

書いた人

デザイナー 田村

 


 

renri レンリ |結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイド
住所:〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2-28 大黒ビル2B
電話番号:045‐264‐8310
メールアドレス:info@renri.jp
URL:https://renri.jp/
営業時間:月・木:12:00~19:00
土・日・祝:11:00~18:00
定休日:火・水・金